「Superfish」「Delta Homes」と「JollyWallet」は2014年の最も人気な広告インジェクタ

2014年度のグーグル調査によると5.5%のユーザーはブラウザ中に疑わしい広告に影響されました。これは何万人のユーザーがデータ窃盗やウィルスのダウンロードされたり、パソコンをハイジャックされたということです。

その上、カリフォルニア大学バークレー校とサンタバーバラ校によると5万以上のChromeエクステンションと3万4千のソフトウェアアプリは広告インジェクタとして活動をしていたということです。これは表示されている広告を疑わしい広告と入れ替えたということです。このような不審なプログラムは増加するため、パソコンを守るには信頼できるスパイウェア対策プログラムが必要です。

2014年に広告を表示するために最も使用されていたアドウェアは「Superfish [Superfish]」と「Jollywallet [Jollywallet]」でした。このプログラムは2.4~3.9%のブラウザに表示されていました。また、フリーウェアをパソコンにダウンロードしていたならもう一つの不審なプログラムは「Delta Homes [Delta Homes]」です。このプログラムはユーザーのブラウザに迷惑な広告を表示していました。このアプリはWindowsとMacユーザーを影響していました。

なぜこのようなスパムを広げる人は広告インジェクタを使用するのか?まず、広告にクリックを他のサイトへリダイレクトして、お金を稼ぎます。ほとんどの場合はショッピング用のサイトや広告を使用しますが、全てはそうでありません。その上、このような広告を使用することによって個人情報を集めて第三者へ送ります。これによって疑わしいプログラムやマルウェアを宣伝します。

パソコンを守るには信頼できるセキュリティーソフトウェアが必要です。Windows OSを使用の場合は「Reimage」をダウンロードしてください。広告をブロックしたりシステムから取り除いてくれます。Macの場合「Webroot SecureAnywhere AntiVirus」をお勧めします。

「Superfish」「Delta Homes」と「JollyWallet」は2014年の最も人気な広告インジェクタのスクリーンキャプチャ
「Superfish」「Delta Homes」と「JollyWallet」は2014年の最も人気な広告インジェクタのスクリーンキャプチャ
出典:http://www.2-spyware.com/news/superfish-delta-homes-and-jollywallet-were-the-most-popular-ad-injectors-in-2014

Read in other languages



ソフト
ファイル
Facebookのいいね!