アンチウィルス

記入者 ジュリー・スプリンターズ - - 更新 | タイプ: アンチウィルス
12

アンチウィルスは PC ソフトウェアであり、サイバー感染の検出、示唆、除去および防御を行うようにデザインされています。このカテゴリに属するプログラムはここ数年発展を遂げ、新しい課題に適応すべく継続的に学習しています。80 年代後半に入った頃、このようなプログラムが世界中の数百万台の PC にとって不可欠なパーツとなりました。今日においてもなお、最も洗練されたウィルス対策ユーティリティの作成者たちは絶えることのないマルウェアのリリースや既存のウィルスの新バージョンに即時の対応を求められています。

より具体的な数字にしますと、約 390,000 の潜在的に危険性のあるプログラムが日々ウェブに登場しています。もちろん、アンチウィルスの専門家による骨折りがそのまま没になることはなく、PC ユーザーはその端末のセキュリティやファイルの安全性、またそのプライバシーについてより安心感を得られるでしょう。そうは言っても、やはりアンチウィルスの成功によりウィルスの作成者に防御壁を迂回する他の方法を常に探し回る動機を与えることになっています。アンチウィルス・ソフトウェアが私たちの PC の安全性を保証しようと戦っているサイバー戦争は、事実上終わることはありません。私たちはこのようなプログラムと毎日取り組んでいるため、実際にはどのように動くのか、アンチウィルスにはどのようなタイプがあるのか、何に対して守っているのか、そしてその脆弱性とは、などそれらについてより詳しく知っておくと良いでしょう。

アンチウィルスの主な機能は?

前述のように、あらゆるウィルス対策ユーティリティの主要なフォーカスは以下のとおりです:

  1. マルウェアの検出
  2. ウィルスの除去
  3. システムの防御

悪意のあるファイルやプログラムを検出できるようにするために、ソフトウェアには特定のディレクトリやファイルにおいて潜在的に危険となる可能性を検出できる強力なスキャン・システムが備わっている必要があります。当然ながら、いかに優れたアンチウィルス・スキャナでも適切なウィルス・データベースがなければ無意味です。アンチウィルスがその能力をフルに発揮するためには、定期的にウィルス記述を更新することが極めて重要です。幸いなことに、ほとんどのアンチウィルス・ユーティリティでは更新をスケジュールすることができるため、これについても覚えておく必要もありません。システム・スキャンもスケジュール可能です。ニーズに合わせてこれらのスキャンの頻度やスキャン範囲をカスタマイズできます。つまり、システム全体をスキャンするか、特定のドライブやファイル、外部ストレージ・ドライブなどに範囲を限定することができるということになります。

既に検出されたウィルスを除去する点について言えば、ほとんどのプログラムが全体の状況に自動的に対応するようになっています。また除去したいかしたくないかを判断する前にファイルを隔離できるユーティリティもあります。いずれにせよ、ほとんどのプログラムがスキャン結果を表示して、PC の現在の状態に関する一般的な統計情報を示してくれますので、現状をより詳しく評価することができるでしょう。

ウィルスの検出および除去は評判の良いアンチウィルス・ユーティリティの必要不可欠な局面ですが、そうは言ってもウィルス防御ソフトを入手しようと決める際にユーザーが注目する第一の着目点の 1 つは、マルウェア防御の成功率でしょう。PC ユーザーによると、専用のアンチウィルス・ソフトウェアならオンラインでの閲覧中にリアルタイムでの保護を提供でき、危険なページにアクセスしそうな時や PC に悪意のあるソフトウェアをダウンロードしそうな時に止めてくれるはずです。ほとんどのプログラムは正しくその通りに動作しますが、防御壁が迂回されるケースも多々あることを念頭に置いておくことが重要です。この後は、アンチウィルス・ソフトウェアの脆弱性について詳しく述べることにしましょう。

アンチウィルスのタイプ

アンチウィルスというのは、様々な専用ソフトウェアを含め、恐らく現在使われているウィルス対策ソフトウェアを定義する最も汎用的な用語であり、次のものがあげられます:

通常、これらのプログラムは「アンチウィルス」という総称で呼ばれ、実際に、いわゆる「アンチウィルス・スイート」と呼ばれるものに統合されます。しかし、いかにそれらのコラボレーションが単独で極めて強力なツールを構成するとしても、そういったスイートの場合、古いことわざにあるように「船頭多くして船山に上る」となるのが関の山と言えましょう。なんでもかんでも合わせているものの、恐らく何かしら重要な機能が抜けているような 1 つのユーティリティよりは、特定の目的のためにデザインされた信頼できるソフトウェアを複数持つ方が信頼性が高まるのが一般的です。

ウィルス防御の他に、アンチウィルスの開発者がそのユーザーに提供するオプションがまだ 2 つほどあります:

  • クラウド・アンチウィルス

この新しいアンチウィルス・テクノロジーはユーザーの PC にインストールされる仮想ソフトウェアに基づくものであり、ネットワーク接続が利用できる場合に限りアクセスできます。そのようなソフトウェアの主な利点は、通常 PC には一切のスペースをほとんど必要とせず、スキャンを実施する際にパフォーマンスが低下することもないということです。というのも、ほとんどの分析はリモートのアンチウィルス・プロバイダのサーバー上で行われるからです。さらに、このテクノロジーなら複数のアンチウィルスやマルウェア検出エンジンを同時に使用してデータを調査することができ、ウィルスの検出率および除去率が向上します。

  • オンライン・スキャニング

オンライン・スキャニングはアンチウィルス・クラウド・サービスに似ていますが、どちらかと言えば通常のアンチウィルス・ユーティリティと同じような動きをします。この場合、一時点で特定の領域あるいは端末全体を選択することにより、より低い実行能力で PC をスキャンすることができます。しかし、PC のスキャンを提供すると見せかけて、代わりに他のマルウェアをインストールするような偽物のアンチウィルス・ユーティリティも数多くあるため、注意が必要です。

アンチウィルスの弱点と将来の展望

本記事でもすでに述べたように、アンチウィルス・ソフトウェアは万能ではなく、より洗練された保護を提供するためにはバックアップ・プログラムが必要となることもよくあります。どのようなアンチウィルス・ソフトウェアでも PC を 100% 完全に保護することはできないため、無条件にこれらのツールに頼るのは賢明とは言えないことに留意してください。これらのユーティリティのもう 1 つの欠点は、システムのパフォーマンスが低下することです。処理される情報が大量であるため、スキャン中はシステムおよびネットワークのパフォーマンスが著しく低下するのが一般的です。最後に、アンチウィルス・ユーティリティは大容量のメモリおよびディスク・スペースを食い、そういったツールを端末にインストールした後に PC の動作が遅くなるもう 1 つの原因になる場合があります。

結果的に、必ずしもアンチウィルスが最もスムーズでもっとも効果的な防御メカニズムにはならないものの、その欠点や脆弱性にも関わらず、私たちが手にすることができる最善の防御策であることには代わりありません。ウィルス対策テクノロジーが将来改良され、より高速で効率性の高いウィルス対策ユーティリティを利用できるようになることを願うしかないでしょう。

最新のソフトウェア・レビュー

情報の更新日 2017-11-10

出典:https://www.2-spyware.com/antiviruses-software

別の言語で読む

ファイル
ソフト
比較
Facebookのいいね!