クラック の正体とその除去方法

記入者 ライナス・キグオイス - - 更新 | タイプ: クラック
12

クラックはソフトウェアの制約を取り除き、完全版と同じものにするために作られた違法なプログラムです。タイプによって、そのようなツールやソフトウェアは登録コードの作成、ソフトウェアの特定のパーツの変更 (レジストリ値やファイル、その他同様のコンポーネントの追加) が可能であり、他にもプロブラムのコードの改ざんの原因となることがあります。このようなアクティビティのどれもが、プロブラムの制約を取り除き、ユーザーがライセンス版と交換に支払うべきお金を支払わずにいられるようにしてしまうのです。そのようなソフトウェアは多くの場合「クラックされている」と認識されます。ほとんどの国では、そのようなプロブラムを使うことが禁じられています。そのようなアクティビティは違法であり、倫理に反しているとみなされています。

セキュリティの専門家はクラックされたソフトウェアに関する問題を数多く発見しています。そのうち最も重要なものは、その開発者がそれらに PC ウィルスやマルウェアを入れ込むことができるということです。プロブラムの海賊版をインストールし、騙されてそのライセンスにお金を支払うと、ユーザーは機密情報 (ログイン、パスワードなど) を初め他のものを失うことになり、また PC をビットコインの埋込みや DDOS 攻撃などの違法なアクティビティに使用する許可を与えてしまいかねません。

クラッキングに使われるツール

クラッキングに使われるツールのうちもっとも良くあるものは次のとおりです: Keygen、Patch および Loader 。いずれのツールも以下のアクティビティに使われることがあります:

  • Keygen (別名 Key Generator) はソフトウェアの使用に必要なシリアル番号や登録コードを生成する PC プロブラムです。そういったツールにはライセンス版と海賊版の 2 つのバージョンがあります。承認されていないバージョンでは違法なライセンス・コードを生成し、ユーザーがソフトウェアに支払いを行わなくてよいようにしてしまいます。しかし、生成されたコードがうまく動作するかどうかについては保証もありません。また、そのようなコードのほとんどに、被害者を PC 関連の問題に遭遇させるような悪意のあるコンポーネントが含まれています。
  • Patch はソフトウェアの更新やシステム改善機能のダウンロードに使われるプロブラムです。違法なパッチは通常サード・パーティの開発者によって作成され、無料でプロブラムを更新するために利用されます。必要な実行ファイルや、そのソフトウェアの標準的な機能性のために必要なその他のコンポーネントを追加することで、プロブラムのコードを改ざんすることができます。違法な更新プロブラムが原因でパフォーマンスの問題や安定性の低下、また同様の問題が発生する場合があります。
  • ローダー は、プログラムの起動フローを改ざんするために使われるプロブラムです。保護を除去するのではなく、ローダーの違法版があらゆる手を尽くして保護をすり抜けます。ズルをするために、そのようなツールが積極的に使われています。

クラックされたソフトを使う主な危険性

インターネットにはいろいろなソフトウェアのクラッックされたバージョンが数多く存在していることは、驚くべきことではありません。人はこれを使うことでお金も労力も節約できると思い込んでいます。しかし残念なことに、そのような海賊版を使うことに関しては、本来それを避けるべきものがたいへん多いものです。クラックされたソフトを使うと次にような問題につながる恐れがあります:

  • 著作権の侵害。 ほとんどの国では、クラックのおよびクラックされたソフトウェアの使用は違法であると考えられています。ご使用の PC の所在地によっては、投獄されたり罰金の支払いが必要な場合があります。極く稀ですが、クラックされたソフトウェアがの使用が合法的な場合もあります。
  • 重大な情報の損失。 クラックされたソフトウェアは、ハード・ドライブ上に保管されているあらゆる情報へのアクセスを取得することができます。何の許可も求めずに、それを消去あるいは暗号化することもできます。ほとんどの場合、被害者はデータを取り戻すことができないままになります。
  • マルウェアによる感染。 クラックされたソフトウェアのほとんどが、ウィルスやマルウェアに汚染されています。バンドル形式でシステムにインストールされる可能性のあるウィルスには様々なタイプのものがあります。その一部は単に広告やスパムの拡散目的で使われることもありますが、中にはクレジット・カードにアクセスしたり他の機密情報を盗もうとしたりするものもあります。
  • 危険なサイトへのリダイレクト。 クラックや海賊版のソフトウェアは、危険と見なされているリソース経由で宣伝されている場合がよくあります。商用コンテンツや押し付けがましい広告、また被害者をマルウェアの埋め込まれているウェブサイトに誘導するような悪意のあるリンクが満載されています。
  • パフォーマンス関連の問題と不安定さの問題。 改ざんされたプログラムのほとんどを使う際に、パフォーマンス関連の問題を考えないわけにはいきません。そのようなプロブラムを使う時にはクラッシュやスローダウン、その他の問題の発生が予測されます。さらに、クラックされたソフトウェアのプログラミングが悪いと、システム・パフォーマンス関連の問題も予測されます。
  • 自動更新ができない。 海賊版のソフトウェアには適時現れる自動アップデートの機能が含まれていません。そのため、そのようなプロブラムのユーザーは、古くなるとまた非ライセンス版のプロブラムを求めて違法なウェブサイトに引き続きアクセスする必要が出てきます。そうやってアクセスすると、端末をさらにマルウェアの危険性にさらすことになります。

クラックに関する最終的な考察

残念ながら、クラックやクラックされたソフトウェアを使う人は何百万人もいるのです。そのほとんどが、それを作ることも使うことも違法であることを知っています。ここで最大の問題となるのは、このようなユーザーは明らかに自分がこのような違法な実行ファイルを作成してインターネット上で宣伝しているハッカーに協力しているという事実を理解しているということです。しかし、その多くは、悪意のある実行ファイルを自分の PC にダウンロードすることにより、サイバー犯罪者が PC にアクセスして必要な情報を追加したり消去したりできるようにさせていることを 知りません。さらに、そのような犯罪者は PC にマルウェアをインストールさせてシステム内に保管されている機密情報を乗っ取ることもできるのです。

あらゆる潜在的危険性を排除するために、セキュリティの専門家は「クラックされたソフトウェアを使わない」ことを勧めています。すでに PC にダウンロードされている方は、必ず次のステップを実行してください:

  • PC からクラックされているソフトウェアをアンインストールする
  • 評判のよいアンチスパイウェアで PC をスキャンする 

海賊版のソフトウェアをアンインストールしても、PC が安全だと太鼓判を押すことはできません。クラックと一緒にインストールされた可能性のある怪しいコンポーネントが数多く存在し、手動では除去できません。さらに、マルウェアや他の迷惑なソフトウェアが、ユーザーの承認を得ずにオーナーによってインストールされる場合も有りえます。ご使用中の PC が安全かどうかを確かめられる最も簡単な方法は、評判のよいアンチスパイウェアで PC が完全に安全であることを確認することです。ここで PC をくまなくチェックできるプログラムをご紹介しましょう: ReimagePlumbytes Anti-MalwareWebroot SecureAnywhere AntiVirus です。

データベースに追加された最新のウィルス

クラック データベース

6月 14, 2017

Springserve ウィルス

Springserve ウィルスはどう動くの? Springserve ウィルスは、ブラウザを紛らわしい広告で溢れさせるようなアドウェア プログラムです。 もっと見る
6月 14, 2017

NM4 ランサムウェア・ウィルス

NM4 暗号化型マルウェアがデータの暗号化に乗り出す NM4 ウィルスは R ランサムウェア  の新しい亜種として発見されました。 その祖先と同じく、RSA-2048 および AES-256 の両データ暗号化手法を組み合せてフィアルを暗号化します。 もっと見る
6月 13, 2017

Crypt0L0cker ウィルス

Crypt0L0cker ウィルスのアクティビティ Crypt0L0cker ランサムウェアは悪名高い暗号化タイプのマルウェア で、多くのソースで Crypt0L0cker ウィルスと言及されているのが見られます。 もっと見る
6月 13, 2017

Russian 広告

訪問先のサイトに Russian 広告が現れる理由 迷惑な Russian 広告は、PC がアドウェア に感染した時に現れるようになるのが一般的です。 もっと見る
6月 13, 2017

「Windows Defender Alert: Zeus ウィルス」Tech Support Scam

「Windows Defender Alert: Zeus ウィルス」Tech Support Scam – 騙されたくなければ、見つけられるようにしましょう! 「Windows Defender Alert: Zeus ウィルス」Tech support scam ウィルスは悪意のある PC プログラムで、フィッシング・サイト へのリダイレクトの原因になり、また偽のセキュリティ警告を表示して被害者を脅そうとします 。 もっと見る
6月 13, 2017

Kazu Media 広告

Kazu Media 広告が信頼できないのはなぜ? セキュリティのニュースにあまり関心を持っていない方には、まだ Kazu Media ウィルスという名前は耳新しいものかもしれません。 もっと見る
6月 12, 2017

"This PC Has Been Blocked" ウィルス

“This PC Has Been Blocked” ウィルスについて知っておくべきこと “This PC Has Been Blocked” ウィルスは、知られずにシステム内に入り込んで、ユーザーに偽のテクニカル・サポートに電話を掛けさせようとする、こそこそしたトロイの木馬 です。 もっと見る
6月 12, 2017

Uc123.com ウィルス

Uc123.com ウィルスの特異性 Uc123.com ウィルスは hao123 と呼ばれるブラウザ・ハイジャッカーのファミリーに属しています。 もっと見る
6月 12, 2017

Vortex ランサムウェア・ウィルス

ポーランドの犯罪者が Vortex ランサムウェア・ウィルスをリリースしてデータを破壊 Vortex ウィルスはポーランド人のサイバー犯罪者によって開発されたと見られる、洗練されたランサムウェア ウィルスです。 もっと見る
6月 12, 2017

Master ランサムウェア・ウィルス

Master ランサムウェア・ウィルスは BTCWare ランサムウェアの作者による新しいウィルスです Master ランサムウェア・ウィルスは悪意のあるプログラムで、BTCware ランサムウェア の開発者 により作成されたものです。 もっと見る
6月 12, 2017

unTabs extension ウィルス

ブラウザから unTabs extension をアンインストールすべき理由 UnTabs extension は悪意のあるブラウザ・ヘルパー・オブジェクト で、特に Google Chrome ブラウザをターゲットにすると共に、同意を得ないままそこにインストールされます。 もっと見る
6月 12, 2017

"Microsoft Warning Alert" Tech support scam ウィルス

新たなフィッシング警告 – “Microsoft Warning Alert” メッセージを表示するサイトには近づかないでください! “Microsoft Warning Alert” ウィルスは、あちらこちらのフィッシング・サイトからやってくる詐欺メッセージです。 もっと見る
6月 12, 2017

BeethoveN ランサムウェア・ウィルス

BeethovenN ランサムウェアがユーザーのファイルで「シンフォニー」を奏でる 「BeethovenN ウィルス」とは、PC に感染し暗号化されたファイルに .beethoveN というファイル拡張子を付加するランサムウェアであると定義されています。 もっと見る

情報の更新日 2016-11-14

出典:http://www.2-spyware.com/cracks-removal

別の言語で読む

ファイル
ソフト
比較
Facebookのいいね!