スパム・ツール の正体とその除去方法

記入者 ライナス・キグオイス - - 更新 | タイプ: スパム・ツール
12

スパム・ツールはスパマー (スパムの発信者) がそのメッセージを何百という個別の受信者に送りつけるために使う、非合法的なプログラムです。そのようなジャンク・メールの大半はドラッグストア関連のトピックやレプリカ品を宣伝するもの、およびフィッシングです。フィッシングには通常悪意のあるリンクや感染性の添付ファイル、また似たようなコンテンツが含まれていることから、最も危険なトピックであるとみなされています。さらに、悪意のあるメール・メッセージは被害者を危険なウェブサイトや安全ではないとみなされている他のドメインにリダイレクトさせようとします。ここで主に問題となるのが、対峙している相手の正体が分からないという点であることから、信頼のおけるスパム・ブロッカー (またはメール・メッセージ・フィルタ) やアンチスパイウェア・ソフトをインストールされることをお勧めします。

一般に、スパム・ツールは大量のメール・アドレスを扱う能力を持っています。このようなプログラムは予め用意されているテキストをメッセージに差し込み、ヘッダーやフッター、その他のコンポーネントを付け加えて、別々のメール・サーバーを経由して配布するために使われています。ほとんどの国では、そのようなソフトウェアは違法であるとみなされ、これらのツールを経由して拡散される未承諾のメール・メッセージは悪意のあるメッセージと呼ばれています。しかし、マルウェア を侵入させることができるのは、そのうちの約半分ほどに留まります。後の半分には商用コンテンツが詰まっているのが一般的で、中身はカジノやダイエット・プログラム、ドラッグストア商品、その他「奇跡の」商品です。

ここで例外とすべきものに「リファーラル・スパム」があります。このニセの手口は既に多くのウェブサイト・オーナーやウェブ・マスター、また管理者の方々にとって頭の痛い問題となっています。その理由は、このウィルスが Google Analytics のデータを改ざんし、相手を騙して怪しいドメインにアクセスさせようとしているからなのです。リファーラル・スパム (またはリファーラー・スパム) 手法は参照 URL を用いて作成される反復サイト要求に基いています。正しく使われている場合、被害者の分析内で特定のドメインが目立つようにし、相手を誘導してそのドメインにアクセスさせることができます。このような戦術を使い、スパマーは目的のウェブサイトのトラフィック数を高くしようとしています。そのようなアクティビティが危険であるとは思えなくても、偽のリファレンスにより Google Analytics のデータや統計が壊されるだけでなく、ロード・タイムが長くなったり、直帰率が高くなったりする一方で、ランキングは下がることになるのです。その上、リファーラル・スパムがマルウェアの詰まったウェブサイトへの招待券ともなり得るのですから、近寄らないに越したことはありません!

スパム・ツールの主なカテゴリ:

その機能性により、スパム・ツールは一般に次のカテゴリに分類されています:

  • Eメール抽出ソフトウェア。 このタイプのスパム・ツールは、ほとんどの場合様々なウェブサイトやドキュメント、その他のリソースから Eメール・アドレスを収集するために使われます。そういった情報が集まると、メール・リストに付加して使えるようにします。
  • マス・メーリング・プログラム。 このカテゴリのスパム・ツールは通常 Eメール・メッセージを拡散するために使われます。スパマーはこれをつかって Eメールを何千という個別の受信者に送付します。
  • Eメール管理プログラム。 このタイプのソフトウェアは、メール受信者リストから不要なメール・アドレスを識別して除去するために利用されています。対象のアドレスには一般にスパム・ツールのオーナーを識別できる能力を持つ特定の組織のメールが含まれています。
  • リファーラル・スパム。 この手法はウェブサイトのリファーラーを悪用し、その URL を目的のウェブ・ページに改ざんするものです。これを使うことで、スパマーはウェブサイトのオーナーが自分の Google Analytics でこのリンクを見て、このサイトは重要なのではと思ってくれることを期待しているのです。リファーラー・スパムを利用しているウェブサイトのほとんどは危険なものであり、そのような所にアクセスするとマルウェアに感染するため、ご注意ください!

スパムの歴史:

スパムは 1978 年に、Digital Equipment Corporation (DEC: デジタル・イクイップメント・コーポレーション) という企業の新しい広告モデルとして導入されました。自らを宣伝するために初めてメール・スパムを使用した人物はゲイリー・サーク氏。彼とアシスタントのカール・ガートレイは約 400 人の相手に自身のスパム・メッセージを送信することに成功しました。彼らはそれまで使われたことのなかった単独のマス・メールを利用して行ったのです。

初めて表立ってスパムが使われた日は 1994 年に 2 人の弁護士が入管手続き代行サービスの宣伝をマス・メールを通じて開始した時だと言われています。どうやら、後に「グリーン・カード・スパム」と呼ばれるようになったこれらのメールは、これらの弁護士の名声を高めることに一役買ったようです。というのも、数年後に彼らは『How to Make a Fortune on the Information Superhighway』 (参考訳:インターネットで 10 万ドル稼ぐ方法) という書籍を発行したからです。

今日、ほとんどの人が攻撃的なスパム・キャンペーンやリファーラル・スパムに対処せざるを得なくなりました。そのようなスパム手法は一般に特定のウェブサイトを宣伝し、アクセス・トラフィック数を伸ばすために使われています。リファーラル・スパムの中でも最大のものは WordPress ウェブサイトで捕獲されています。

スパム・メッセージによくみられる共通の特長:

  • メッセージ送信者の紛らわしいアドレス。 スパマーは、メールの受信者が、本人のよく知っている相手からのメールを受け取ったと勘違いさせようとします。
  • 目を引くようなテーマの件名。
  • コンテンツ。 スパム・ツールは、広告コンテンツ満載のメールを拡散するように設定されているのが一般的です。そのようなメッセージには、サード・パーティ (合法、非合法あり) のウェブサイトへのリンクの宣伝が載っていたり、悪意のある添付ファイルも付いていたりする場合があります。
  • No Reply (返信無用) アドレス。
  • 購読中止ボタン。 このボタンはマルウェアの拡散に積極的に使われているため、「絶対にクリックしない」でください。

スパム・ツールとスパムの例:

1st Mass Mailer はスパム・ツールの 1 つであり、Mass Mailer という名前でも知られています。個別化されたメール・メッセージの拡散に特化した効果的なソフトウェアとして提示されています。しかし、これがスパマーの手に渡ると、これを悪用して悪意のあるメッセージの配布に使われる場合があるのです。このプログラムでは内部データベースを作成し、そこに購読者のリストをインポートします。 

‘You are cordially invited to celebrate our wedding’ (どうぞ私たちの結婚式のお祝いにご参加ください)。 これは最新のスパム・キャンペーンで、スパム・ツールを利用して始められたものです。このキャンペーンは Kuluoz と呼ばれるワームの拡散に使われたことが知られていますが、これは個人情報を盗む能力を持つ、たいへん重大なサイバー脅威とみなされているものです。セキュリティの専門家は、この誤解を招くようなメール・メッセージに騙された人びとが何千にもいると考えています。もし自分もそうかも知れないと思われる方は、今すぐに信頼のおけるセキュリティ・ツールで PC をスキャンすべきです。その場合、最もお勧めなのは、アンチスパイウェアを利用することです。

Copyrightclaims.org は Google Analytics に現れて、そのデータを改ざんするリファーラー・スパムです。これは訪問者のトラフィック数を集め、ユーザーを他のドメインにリダイレクトさせるために使われるニセモノのサイトであるため、このようなドメインにアクセスするのは止めておいた方がいいでしょう。Copyrightclaims.org リファーラー・スパムはスパム・ボット経由で拡散される場合がほとんどです。このリンクは何の著作権クレームにも抵触しませんが、ユーザーのウェブサイトのロード・タイムが長くなり、直帰率が上がる一方でランキングが下がることになります。 

スパム・ツールから身を護るには:

結局のところ、私たちは誰もがインターネット上に自分のメール・アドレスを載せているのですから、1 人としてそのようなメールを回避することができる者はいないのです。セキュリティの専門家は、ユーザーの PC にマルウェアを感染させようと目論む悪意のあるメールを受け取るリスクは誰にでもあると予測しています。同じことがウェブサイトのオーナーやリファーラー・スパムにも言えるのです。だからこそ、専門家は信頼のおけるアンチスパイウェアのインストールを強く勧めているわけです。アンチスパイウェアなら悪意のあるファイルを見つけ出し、それらについてユーザーに警告を発することができます。PC を保護するには、ReimagePlumbytes Anti-MalwareWebroot SecureAnywhere AntiVirus のいずれのツールもご利用いただけます。これらのプログラムはスパム・ツールと共に拡散されたウィルスの除去にも利用できます。ほとんどの場合、スパマーは次のような脅威を推進しています:

データベースに追加された最新のウィルス

Reimage Expressの削除

Reimage Express はウィルスなの?. Reimage Express は「ウィルスではありません」ので、信頼できます。PC 最適化ツールとして提示されており、PC のスピードの改善や機能の向上目的で使用できます。きっとこのツールの先祖、Reimage または Reimage Plus のことはお聞きになっていると思います。Reimage Express はこれら 2 つの新しくリリースされたバージョンですので、PC を正常な状態に保ちたいなら、このプログラムや他のバージョンの Reimage 最適化ツールを選択することができます。そうはいいつつも、このプログラムについては様々なご意見をお寄せいただいています。以下に、このプログラムについて、またこのプログラムに何が期待できるかについてご説明します。 Reimage... もっと見る
ウイルス システムツール   December 08, 2017

Reimageウィルスとは

Reimageって何?本当にウィルスなの?. Reimage は「ウィルスではありません」。これは公式ウェブサイトやサード・パーティのサイトから、また様々なアプリと共にインストールできる PC 最適化ツールです。一部は有名なプログラムですが、あまり知られていないものもあります。ですので、多くのユーザーが Reimage PC Repair はウィルスのように PC に感染する悪意のあるアプリであると思ってきました。一般に「Reimage ウィルス」と呼ばれています。あなたがそういったユーザーの 1 人なら、それは誤りであることを知っておいてください。 何と言っても、このプログラムは、PC システムの修復やその機能性の向上という約束を果たしています。さらに、このアプリは長らく「スケアウェア」であると誤って分類されて来たのですが、そ... もっと見る
ウイルス システムツール   December 08, 2017

スパム・ツール データベース

December 08, 2017

ByteFence リダイレクト

Byte Technologies の ByteFence は「ウィルスではありません」。合法的なアンチ・マルウェアであり、トロイやワーム、スパイウェア、クラップウェアなどの重大な PC の脅威の侵入を防ぐことになっています。もっと見る
December 06, 2017

TAP Provider V9 for Private Tunnel 広告

TAP Provider V9 for Private Tunnel ウィルスとその危険性 TAP Provider V9 for Private Tunnel ウィルスは、ユーザーの PC を乗っ取ってその作成者に収益をもたらすアドウェア・プログラムです。もっと見る
December 06, 2017

Comcast.net

Comcast.net に関連する危険性 Comcast.net ウィルスとは、疑うことを知らない Comcast Xfinity のユーザーを感染性のウェブサイトにおびき寄せるために使われるマルウェアを定義する用語です。もっと見る
December 06, 2017

Newtab.today ウィルス

Newtab.today ウィルスはブラウザをこっそりとハイジャックする Newtab.today は偽の検索エンジンで、ユーザーのオンライン・エクスペリエンスを台無しにします。もっと見る
December 05, 2017

Chromesearch.win ウィルス

Chromesearch.win — また貧弱な Goggle Chrome のニセモノがいつものブラウザを乗っ取ろうとしている Chromesearch.win は Google Chrome になりすますもので、ブラウザ・ハイジャッカーに分類されています。もっと見る
December 04, 2017

Baidu.com

Baidu.com 使用時に現れるリスクを知っておく Baidu.com は合法的な中国の検索エンジンで、最大規模の検索プロバイダの 1 つに成長しました。悪意のある人びとはさっさと手早く収益を上げたいと思うわけで、検証済みの検索エンジンの名前を騙って極めて信頼性の低いブラウザ拡張プログラムやプラグイン、その他のプログラムを開発しました。Wubingdu.cn のアナリストは、このウェブサイト上のすべてのサービスが必ずしも安全だとは言えないと警告しています。 もっと見る
December 04, 2017

Jav123

Jav123 ウィルスが表示するのは成人向けコンテンツのみ Jav123 は Google Chrome や Mozilla Firefox、またもっと見る
December 01, 2017

Driver Update ウィルス

Driver Update はインストールしないで- がっかりしますよ!. Driver Update は Slimware Utilities によって作成された怪しげなプログラムで、スパイウェアやアドウェアのカテゴリに分類されるものです。もっと見る
November 30, 2017

WinThruster ウィルス

WinThruster のインストールはよく考えて- きっとがっかりします WinThruster はセキュリティの専門家が信頼できないと言っている PC 最適化プログラムです。もっと見る
November 25, 2017

WebBar

Web Bar の概要: Web Bar はブラウザ・アドオンとして提示される潜在的に迷惑なプログラムです。インターネット上での検索を改善できると謳っています。 もっと見る
November 24, 2017

Moatads ウィルス

迷惑な Moatads の広告やリダイレクトがいつまでも邪魔をする原因を究明しましょう Moatads ウィルスは本当に迷惑なアプリで、ユーザーの既定のブラウザ経由で広告を開いて表示したり、Z.moatads.com、px.moatads.com、v4.moatads.com および js.moatads.com などのサブドメインへのリダイレクトの原因となったりします。もっと見る
November 06, 2017

New Tab Search

New Tab Search は信頼性が高く安全な検索サービスではないかもしれない New Tab Search は怪しいオンライン検索サービスです。もっと見る
November 06, 2017

NewTab による広告

New Tab 広告はまだサイバー世界に残っている New Tab 広告は怪しげなカスタム・ブラウザ拡張プログラムのインストールを提供します。もっと見る
November 03, 2017

Androidウイルス

Android ウィルス、2017 年も攻撃を継続中. Android ウィルスのグループに属する悪意のあるアプリのリストは、どんどん長くなっています。もっと見る
October 31, 2017

Facebookウイルス

FacebookウイルスはSNSを訪れる際にシステムに感染する危険なコンピューターパラサイトだ。システムに侵入するとサイバー犯罪者にFacebookのアカウントがハッキングされ同じウイルスが被害者の連絡先にばら撒かれる。もっと見る
October 30, 2017

Chrome アドウェア

Chrome アドウェアはブラウザに感染し、信頼性の低いスポンサー付きコンテンツを供給. Chrome アドウェアは Google Chrome のユーザーにポップアップやバナー、またテキスト内広告などを表示するようデザインされた欺瞞的なソフトウェアです。もっと見る

情報の更新日 2016-10-21

出典:https://www.2-spyware.com/spam-tools-removal

別の言語で読む

ファイル
ソフト
比較
Facebookのいいね!