今年の脅威:Cryptolocker

ハロルド・ダルマ - -

今年の脅威を発表する時間です。どのウィルスフォーラムにいっても、最も語られている脅威はCryptolockerです。FBIのIC3のデータによると、14ヶ月にわたって、Cryptolockerに関する不平が1,000を超えました。影響されたユーザーはおよそ100万ドルの影響を受けたそうです。CryptowallCTB Lockerなど、似たウィルスも同じようなダメージを起こしています。

なぜこんなに被害を受けているか?Cryptolockerのウィルスにかかった後の身代金を要求しているからです。ユーザーのファイルを暗号化し、この暗号はAESアルゴリズムの使用するため、解読するのが非常に難しいです。またこのウィルスは絶えずにアップデートされるためファイル復旧ツールを使用しても無駄です。ファイルを復旧したいなら、要求された身代金を払わないとファイルが消されます。この身代金は2万ドルから10万ドルまで要求します。

また会社がCryptolockerウィルスにかかると、被害が最も大きいです。ITサービスからスパイウェア対策までの損を埋め合わせなければなりません。

ここで、このようなウィルスにかからないようにマルウェア対策が必要です。Cryptolockerウィルスはメール添付ファイルからパソコンに進入します。なので、送信者が知らない場合はメールを開けないでください。また広告にもクリックしないほうがいいです。またアダルトサイトを訪問しないことを勧めます。最後のアドバイスは身代金を要求しているメッセージを目にしたらすぐにインターネットから接続を切ってください。

出典:http://www.2-spyware.com/news/post5177.html

Read in other languages


ファイル
ソフト
比較
Facebookのいいね!