今年注意すべきサイバー脅威: アドウェア、ブラウザ・ハイジャッカー、およびランサムウェア・ウィルス

2016 年の第一四半期には、既に世界中のユーザーに様々な新しい PC の脅威がもたらされ、 その端末の安定性に危険をもたらしています。実際、サイバー・セキュリティの専門家は、この比較的短期間の内に、ウィルスはかつてないほどに積極的になってきたと指摘しています。今の所最も突出しているのはアドェアやブラウザ・ハイジャッカー、そしてランサムウェア・ウィルスであることが分かっています。最初の 2 つのカテゴリは大変煩わしく、システムに若干の誤作動を起こさせるものですが、感染した PC にさほどのダメージを与えることはなく、わりと簡単に取り除くことができます。一方、ランサムウェアは比較にならないほどより破壊的なものである場合が多く、システムのパフォーマンスにマイナスの影響を与えるだけでなく、ファイルを盗みます。アンチ・ウィルス・ソフトの作成者や PC のプロがそういったウィルスへの対抗手段を作る努力をしていますが、この分野においても大きなブレークスルーがなされるケースも出てきました。

Infected computer

今年最も多く現れたアドェア・プログラムの話をすれば、今日最も広まっている広告ベースのウィルスの中でも、DNS Unlocker が間違いなくスポットを浴びるでしょう。この猜疑的なプログラムは、スポンサー付きの広告や怪しいリンクを世界中の何千という感染した PC に差し向けてきました。yoursites123piesearch.com のようなブラウザ・ハイジャッカーも引けを取りません。これらのしつこい偽の検索エンジンは、いくら削除しようとしても、迷惑がっているユーザーの PC を離れようとはしません。とは言え、ブラウザ・ハイジャッカーやアドウェアの除去プロセスは、ランサムウェアに対応した後では、お茶の子さいさいに思えます。このような悪意のあるプログラムが日々その数を増やし、身代金を支払わないとファイルを永久にロックすると脅すのです。TeslaCryptCryptoWall、および CryptoLocker はランサムウェアのランキングにおいては「リーダー」として特筆すべきものであり、世界中の被害者から数百万ドルとは言わないものの何百ドル、何千ドルものお金を巻き上げました。ランサムウェアは PC に侵入するための利益目的の理由を直接開示していますが、上述のあらゆるウィルスは、疑いを知らないユーザーを利用して簡単にお金を稼ごうとします。そこで、新しく危険なウィルスが現れるのに関連して、今年は PC に最強のアンチ・ウィルス・ソフトを装備し、システムの安定性を保持することに注意を向けるべきです。

サイバー・セキュリティのアナリストは、ウィルスに対する PC の脆弱性はシステムの安定性に大いに依存していると主張しています。そこで、PC を安全に保つには、不要なプログラムやファイルを PC に保持していないことを確かめることが重要です。ugetfix.com のような危険なファイルを詳しく分析することに特化しているウェブサイトは、PC 上でそのようなコンポーネントを見つけ、検出し、取り除くのに大変便利です。最後に、評判の良いウィルス対策ユーティリティを手に入れることも、将来のデータや財務のセキュリティ、および個人情報の保護への必要不可欠な投資と言えるでしょう。

出典:http://www.2-spyware.com/7230

別の言語で読む


ファイル
ソフト
比較
Facebookのいいね!