重大度:  
  (98/100)

.Adobe ウィルスを除去する (ウイルスリムーバルガイド) - 2020年Mar月更新

記入者 ジュリー・スプリンターズ - - | タイプ: ランサムウェア

.Adobe ランサムウェア – Dharma ランサムウェアファミリーに関連するファイルロック型驚異

.Adobe ファイルウィルス

.Adobe ランサムウェアは暗号化型ウィルス で、Dharma ランサムウェア ファミリーに関連しています。この盗人のようなサイバー感染は何の前触れもなく PC に現れます。インストールされると、.adobe ファイルウィルスは暗号化されたファイルに以下の拡張子のどれかを付加します: [stopencrypt@qq.com].adobe、[btcdecripter@qq.com].adobe、[backtonormal@foxmail.com].adobe。とはいえ、このサイバー詐欺師がこのような有害なプログラムを使用して行う悪質な行為はこれだけではありません。さらに、彼らは被害者に “FILES ENCRYPTED.txt” という名前の身代金要求メモを提示し、そこでは復号ツールを入手するために Bitcoin を要求しています。ただし、このような要求金額を支払うことはお勧めできませんし、その理由については以下の記事でご説明します。もう 1 つ、.Adobe ファイルウィルスは、タスクマネージャ セクション内で “BulkFileChanger (32bit)” プロセスが実行されているかどうかで見分けることができることをお知らせしておきましょう。

名前 .Adobe
タイプ ランサムウェア
関連 Dharma ウィルス
危険度 高。このウィルスは感染した PC 上の重要なファイルをロックします
拡張子
  • [stopencrypt@qq.com].adobe
  • [btcdecripter@qq.com].adobe
  • [backtonormal@foxmail.com].adobe
身代金メモ FILES ENCRYPTED.txt
身代金の金額 身代金の金額については特に記述がないものの、犯罪者は仮想通貨の BTC を要求することが知られています
プロセス名 BulkFileChanger (32bit)
配布プロセス メール本文に付けられている怪しい添付ファイル
駆除  Reimage Reimage Cleaner Intego を使用すればしっかり除去できます

.Adobe ランサムウェアの身代金メモは次のようになっています:

All your files have been encrypted!
All your files have been encrypted due to a security problem with your PC. If you want to restore them, write us to the e-mail stopencrypt@qq.com
Write this ID in the title of your message 1E857D00
In case of no answer in 24 hours write us to theese e-mails:stopencrypt@qq.com
You have to pay for decryption in Bitcoins. The price depends on how fast you write to us. After payment we will send you the decryption tool that will decrypt all your files. 
Free decryption as guarantee
Before paying you can send us up to 1 file for free decryption. The total size of files must be less than 1Mb (non archived), and files should not contain valuable information. (databases,backups, large excel sheets, etc.) 
How to obtain Bitcoins
The easiest way to buy bitcoins is LocalBitcoins site. You have to register, click ‘Buy bitcoins’, and select the seller by payment method and price. 
https://localbitcoins.com/buy_bitcoins 
Also you can find other places to buy Bitcoins and beginners guide here: 
http://www.coindesk.com/information/how-can-i-buy-bitcoins/ 
Attention!
Do not rename encrypted files. 
Do not try to decrypt your data using third party software, it may cause permanent data loss. 
Decryption of your files with the help of third parties may cause increased price (they add their fee to our) or you can become a victim of a scam.

Virusai.It ウェブサイト のサイバーセキュリティの専門家は、要求された身代金を支払うべきか否かについては注意深く考えるようにと警告しています。.Adobe ランサムウェアを拡散しているサイバー犯罪者は、ユーザーを説得してお金を支払わせようとします。しかし、支払ったとしてもこのような相手が約束をすべて実行するとは思えません。詐欺師を相手にする際には注意し、できればそのような相手にはコンタクトを取るべきではありません。

さらに、このランサムウェアウィルスが Windows PC に現れると、怪しいレジストリエントリを追加して Windows レジストリを改ざんします。.Adobe ランサムウェアの除去プロセスを実行する場合、ウィルスに関連のあるすべてのコンポーネントも駆除する必要があります。怪しいコンテンツを検出するには、Reimage Reimage Cleaner IntegoSpyHunter 5Combo Cleaner のような PC セキュリティソフトをダウンロードしてインストールすると良いでしょう。

復号プロセスを実行する前に、.Adobe ファイルウィルスを駆除することがとても重要であることに注意してください。そうしないと、ランサムウェアウィルスがまた暗号化アクティビティを更新し、すべてのファイルがもう一度ロックされることも考えられるためです。ファイルロック型ウィルスを駆除した後で、テキストをスクロールダウンして、提示されているデータ復元方法をお読みください。そのうちの一部はガイドに従って行えば、たいへん便利にお使いいただけるでしょう。

.Adobe ランサムウェア
.Adobe ウィルス - 暗号化されたファイルに特定の拡張子を付加し、FILES ENCRYPTED.txt という身代金メッセージを表示するランサムウェアです。

ランサムウェアウィルスについてもう 1 つ知っておくべきことは、このようなサイバー脅威には被害者の PC に別のマルウェアを挿入する能力も隠れていることがある点です。.Adobe ランサムウェアがそうするという情報は現在ありませんが、それでもなお、そのような潜在的な危険性を避けた方が良いでしょう。そうすれば、以下のような兆候が出た場合に暗号化型マルウェアを駆除できます:

  • ファイルが特定の拡張子を付けてロックされている
  • 身代金メモが表示され、BTC を要求されている
  • タスクマネージャで BulkFileChanger (32bit) プロセスが実行中である
  • Windows レジストリに怪しいエントリがある

スパムメールはしばしばランサムウェアの配布に利用されている

PC システムにランサムウェアウィルスが現れたら、このサイバー脅威は、怪しいメール本文を開いた後 か、それに添付されていたファイルによりこっそりとインストールされた可能性が大きいでしょう。弊社のお勧めは、受信したメールを開く際に注意することです。サイバー犯罪者は、ニセのメールに怪しい添付ファイルを付けて手当たり次第ユーザーのメールに送りつけていると考えられます。危険なメッセージが受信トレイや迷惑メールフォルダに入ってくる可能性があります。

さらに、一部の犯罪者は偽のハイパーリンクにランサムウェアウィルスを挿入して隠していることがあります。あまり知られていないウェブサイトにアクセスする際には注意して、特にサードパーティのサイトには気を付けましょう。危険な潜在的ランサムウェアのインストールに関係している場合もあるためです。さらに防護を高めるためには、本当に信頼のできるアンチマルウェアツールに投資することもお勧めします。これらは自動的に PC システムを防護し、PC アクティビティを実行中に発生する可能性のある様々なウィルスから守ってくれます。

.Adobe ファイル拡張子の除去

.Adobe ランサムウェアの除去を手動で実施することは不可能です。というのも、このウィルスはプロのマルウェアスペシャリストでも駆除がかなり難しいと思われるからです。これを駆除するには、評判の良い PC セキュリティツールをダウンロードしてインストールすべきでしょう。そうすればプロセス全体をやってくれて、ランサムウェアのコンポーネントをすべて完全に駆除し、システムを再びクリーンにしてくれるからです。

Reimage Reimage Cleaner IntegoSpyHunter 5Combo Cleaner、または Malwarebytes などのアンチマルウェアプログラムを使えば、PC システムから .Adobe ウィルスを除去する前に、怪しいコンポーネントをすべて見つけてくれます。除去が完了したら、必ず PC 全体をリフレッシュしてください。さらに、この記事で読んだランサムウェアを回避するためのステップを覚えておいてください。また、ファイルを USB ドライブやクラウドサービスに保存しておけば、不意に暗号化されてもフィアルの安全を保つことができます。

オファー
今すぐ!
ダウンロードする
Reimage 満足度
保障
ダウンロードする
Intego 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 Supported versions OS Xに対応 Supported versions
うまくいかない場合は?
Reimage Intego を使用してもウィルスによるダメージを取り除けなかった場合は、弊社のサポートチームに 質問を送信 し、できるだけ詳しい情報をお送りください。
Reimage Intego には無料の限定スキャナがあります。 Reimage Intego の完全版を購入されると、スキャンを通じてその他の機能もご利用いただけます。無料スキャナで問題が検出されたら、手動による無料修復ツールを使用して修復するか、自動的にそれらを修復するために完全版をご購入いただくこともできます。
代替ソフト
それぞれのソフトウェアには各々の目的があります。Reimage では感染したファイルを修復できなかった場合は、SpyHunter 5 をお試しください。
代替ソフト
それぞれのソフトウェアには各々の目的があります。Intego では感染したファイルを修復できなかった場合は、Combo Cleaner をお試しください。
.Adobe ランサムウェアのスクリーンキャプチャ
.Adobe ランサムウェアのスクリーンキャプチャ

手動 .Adobeウイルス削除方法:

Safe Mode with Networking を使用して .Adobe を削除

Safe Mode with Networking 機能をアクティブにして、PC 上のランサムウェアウィルスを無効化してください:

  • 手順 1: Safe Mode with Networking へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Safe Mode with Networking を選択 'Safe Mode with Networking' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Networking を選択します。 'Enable Safe Mode with Networking' を選択
  • 手順 2: 削除 .Adobe

    感染しているアカウントへログインし、ブラウザを起動します。Reimage Reimage Cleaner Intego または信頼できるアンチスパイウェアプログラムをダウンロードします。フルスキャンの前にアップデートを行い、感染したランサムウェアに属する悪意のあるファイルを削除し、 .Adobe の削除を完了します。

ランサムウェアによってSafe Mode with Networking がブロックされている場合は、さらなる方法を試してください。

System Restore を使用して .Adobe を削除

以下のステップに従って System Restore 機能をオンにし、暗号化型ウィルスを無効化してください:

  • 手順 1: Safe Mode with Command Prompt へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Command Prompt を選択 'Safe Mode with Command Prompt' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Command Prompt を選択します。 'Enable Safe Mode with Command Prompt' を選択
  • 手順 2: システムファイルと設定の復元
    1. Command Prompt ウィンドウが表示されたら、 cd restore を入力し Enter をクリックします。 引用符なしで 'cd restore' を入力し、 'Enter' を押下します
    2. ここで rstrui.exe を入力し、もう一度 Enter を押下します。. 引用符なしで 'rstrui.exe' を入力し、 'Enter' を押下します
    3. 新しいウィンドウが表示されたら、 Next をクリックし、.Adobe が侵入する前の復元ポイントを選択します。選択後、 Next をクリックします。 'System Restore' ウィンドウが表示されたら、 'Next' を選択します 復元ポイントを選択し、 'Next' をクリックします
    4. ここで Yes をクリックし、システムの復元を開始します。 'Yes' をクリックし、システムの復 を開始します
    システムを前の日の日付に復元したら、Reimage Reimage Cleaner Intego をダウンロードして PC をスキャンし、.Adobe の除去が正常に行われたことを確認してください。

おまけ: データの復元

上記のガイドは PC から .Adobe を除去するために役立つはずです。暗号化されたファイルを復元するには、uirusu.jp のセキュリティ専門家が用意した詳しいガイドを使用されることをお勧めします。

.Adobe ランサムウェアに重要なファイルをロックされた場合は、要求された身代金を支払わずに、他の方法でデータを復元する方法を考えてください。以下のデータ復元方法を試して、ファイルのロックを解除してみましょう。

ファイルが .Adobe によって暗号化された場合、それらを復元する方法はいくつかあります。

Data Recovery Pro ならデータの復元に役立つ可能性があります:

以下に記載されているガイドに従ってすべてのステップを完了すると、このメソッドが役立つ可能性があります:

  • Data Recovery Pro をダウンロード;
  • Data Recovery のセットップの手順に従い、プログラムを PC にインストールします。
  • 起動後、PC をスキャンして .Adobe ランサムウェアにより暗号化されたファイルを探します。
  • それらを復元します。

Windows Previous Versions 機能を使えば、一部のファイルを復元できるかもしれません:

このツールを試せば、一部の重要な文書のロックを解除できる可能性があります。ただし、このメソッドは System Restore 機能がサイバー攻撃を受ける前にアクティブになっている場合にのみ使用できることに留意してください。

  • 復元の必要な暗号化されたファイルを見つけたら、その上で右クリックします。
  • “Properties” を選択し、“Previous versions” タブに移動します。
  • ここで、“Folder versions” 内のファイルのうち利用可能なコピーをそれぞれチェックします。復元したいバージョンを選択して、“Restore” をクリックします。

Shadow Explorer も、正しく使えばたいへん便利かもしれません:

ランサムウェアウィルスが暗号化された文書の Shadow Volume Copies を削除しなかった場合、一部のフィアルを復元できる可能性があります。

  • Shadow Explorer をダウンロードします (http://shadowexplorer.com/)。
  • Shadow Explorer セットアップ・ウィザードに従い、PC にこのアプリケーションをインストールします。
  • プログラムを起動し、左上コーナーのドロップダウン・メニューを開いて、暗号化されたデータのあるディスクを選択します。どのようなフォルダがあるか、チェックしてください。
  • 復元したいフォルダの上で右クリックし、“Export” を選択します。復元先の場所も選択することができます。

PC テクノロジーの専門家はまだ公式な .Adobe ランサムウェアのデクリプタを見つけていません。

最後に、クリプト・ランサムウェアから身を守るよう、常に気をつけてください。.Adobe やその他のランサムウェアからコンピュータを守るためには、 Reimage Reimage Cleaner IntegoSpyHunter 5Combo CleanerMalwarebytes などの評価が高いアンチスパイウェアを使用してください

著者について

Julie Splinters
Julie Splinters - マルウェア除去スペシャリスト

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

Julie Splinters に連絡する
Esolutions について

出典:https://www.2-spyware.com/remove-adobe-ransomware.html

他言語による除去ガイド


.Adobe ransomwareについてのあなたの意見