Aleta ランサムウェア・ウィルス. 除去するには? (アンインストール・ガイド)

記入者 ルシア・デーンズ - -   Aleta ransomware | タイプ: ランサムウェア
12

Aleta ランサムウェアが 2017 年 7 月初頭に PC ユーザーへの攻撃を開始

Aleta ransomware

Aleta ウィルスは、ターゲットの PC にあるデータ・ファイルを暗号化する典型的なランサムウェアです。これは BTCWare ランサムウェア・グループ  に属しており、この悪名高いウィルスのバージョンであることから、「BTCWare Aleta ランサムウェア」という別名もあります。このウィルスはトロイとしてシステムに侵入し、暗号化アルゴリズムを用いて全てのファイルを暗号化すると、!#_READ_ME_#!.inf という名前の身代金メモを投下します。

このプロセスの間、ウィルスは暗号化されたファイルごとに email .[black.mirror@qq.com].aleta というファイル拡張子を付加して印を付けます。これらの拡張子には被害者がサイバー犯罪者に連絡を取るために使用しなければならないメール・アドレスが含まれています。 

被害者からの報告によると、このランサムウェアの作成者は、暗号化されたファイルの復号を 2 ビットコイン ではどうかと提示していますが、これは 5000 US ドル近くになります。言うまでもなく、そのような金額はとてつもなく大きいため、身代金を支払う気のある被害者でさえ、簡単には用意できない金額です。 

被害者のデータを全て破壊し終えると、ランサムウェアは犯罪者からの簡単なメッセージを作成して !#_READ_ME_#!.inf というファイルに保存しますが、これは「身代金メモ」として知られているものです。メッセージでは被害者に対し、ファイルの復号はサイバー犯罪者が持っている復号ツールによってのみできるのだと告げています。このツールの価格は「いかに速く」被害者が犯罪者にメールを送るかにかかっているということです。

攻撃主は、被害者に BTCWare Aleta のデクリプタを試すチャンスを提示していますが、それはメール経由で犯罪者にファイルを 3 つ送るというもので、合計サイズが 1Mb を超えないという内容です。犯罪者は実際にファイルを復号できることを証明するために、復号されたバージョンを送り返すと約束しています。

ファイルが暗号化されたら、Reimage のような適切なアンチマルウェア・ソフトを使用して、できるだけ速やかに Aleta を除去されるようお勧めします。ランサムウェア・タイプのウィルスを削除しようとすると、PC のスキルがないために失敗に終わることもよくあるため、あまり PC には慣れていないという方は、手動でウィルスを除去しようなどとは思わない方がよいでしょう。

本記事のすぐ下に、データを復元するための情報が書かれたガイドをご用意しました。ポーランド語やドイツ語など、別の言語でのランサムウェア除去ガイドをお探しの場合は、UsunWirusa や DieViren の各サイトをお読みください。

Aleta ランサムウェアの配布

Aleta の除去によりシステムからマルウェアをクリーン・アップすれば、また PC を使えるようになります。しかし、将来的に悪意のあるネットワーク感染を防ぐために、ランサムウェアの配布方法を知っておいた方が良いでしょう。

前述のウィルスは通常 RDP 攻撃を使用してシステムに侵入します。サイバー犯罪者は組織のネットワークを遠隔から制御する権限を持つ管理者アカウントへの感染を試みて、うまく感染すると、ターゲットのシステムを簡単に乗っ取って、全端末にランサムウェアを感染させるのです。

どれほど最強なアンチマルウェア・プログラムであっても脆弱な管理者パスワードを使用していたのでは無意味だということに留意してください。そのような場合、詐欺師ならそういったパスワードを総当り方式で1日で見つけ出し、ターゲットのコンピュータを遠隔から完全に制御できてしまいます。

ランサムウェアと闘う方法は数多くあります。しかし、ランサムウェアの攻撃から身を守るための一般的なルールは以下のとおりです:

  1. アンチマルウェア・プログラムをインストールし、最新版に更新しておきましょう。
  2. 定期的にデータのバックアップを作成しましょう。データのバックアップの仕方に関するガイドはこちら をお読みください。
  3. 特にリモート・システムにアクセスするソフトウェアでは、アカウントに脆弱なパスワードを決して使用しないでください。
  4. ウェブの閲覧中に怪しいリンクをクリックしたり、見知らぬ相手から送られてきたメールを開いたりしてはいけません。

BTCWare Aleta ランサムウェアを今すぐ取り除く

以下にご紹介するガイドを使用して Aleta ランサムウェアを除去し、引き続き PC を安全にお使いください。ランサムウェアは他のタイプのマルウェアと抱き合せで拡散されることが多いことに留意して、PC を自動的にクリーン・アップされることをお勧めします。お勧めのセキュリティ・プログラムのリストを下記に記載してあります。

Aleta の除去を手動で行おうとするのは止めた方がよいでしょう。なぜならそのような努力もしばしば失敗に終わり、システムが不安定になるなど別の問題の引き金になりかねないからです。マルウェアをシステムから完全に消し去るには、以下のステップに従ってください。

このサイトで勧めているいかなる製品も私たちはアフィリエイトパートナーの場合があります。使用許諾に明記されています。 Aleta ランサムウェア・ウィルスのスパイウエアを除去するため、提供されるいかなるアンチスパイウエアをダウンロードする場合もプライーバシーポリシー及び使用許諾を承諾する。
今すぐ!
ダウンロードする
Reimage (リムーバ) 満足度
保障
ダウンロードする
Reimage (リムーバ) 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 OS Xに対応
うまくいかない場合は?
Reimage を使用しても感染を取り除けない場合は、弊社サポート・チームに 質問を送信 し、できるだけ詳しい内容をお知らせください。
Aleta ランサムウェア・ウィルス のアンインストールには Reimage をお勧めします。 無料のスキャナで、あなたの PC が感染しているかどうかをチェックできます。マルウェアを除去する必要がある場合は、Reimage マルウェア除去ツールのライセンス版を購入する必要があります。

このプログラムに関する詳しい情報は、Reimage のレビューをご覧ください。

このプログラムに関する詳しい情報は、Reimage のレビューをご覧ください。
の別記を押して下さいReimage
の別記を押して下さいReimage

手動 Aletaウイルス削除方法:

Safe Mode with Networking を使用して Aleta を削除

Reimageはマルウェアを探る道具です。
影響を全て無くさせて欲しい方は、プールバージュンを買って下さい。
Reimageについての詳しい情報.

以下のガイドをよく読み、それに従って実行すれば、何の問題もなくウィルスを除去できるでしょう。

  • 手順 1: Safe Mode with Networking へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Safe Mode with Networking を選択 'Safe Mode with Networking' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Networking を選択します。 'Enable Safe Mode with Networking' を選択
  • 手順 2: 削除 Aleta

    感染しているアカウントへログインし、ブラウザを起動します。Reimage または信頼できるアンチスパイウェアプログラムをダウンロードします。フルスキャンの前にアップデートを行い、感染したランサムウェアに属する悪意のあるファイルを削除し、 Aleta の削除を完了します。

ランサムウェアによってSafe Mode with Networking がブロックされている場合は、さらなる方法を試してください。

System Restore を使用して Aleta を削除

Reimageはマルウェアを探る道具です。
影響を全て無くさせて欲しい方は、プールバージュンを買って下さい。
Reimageについての詳しい情報.

  • 手順 1: Safe Mode with Command Prompt へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Command Prompt を選択 'Safe Mode with Command Prompt' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Command Prompt を選択します。 'Enable Safe Mode with Command Prompt' を選択
  • 手順 2: システムファイルと設定の復元
    1. Command Prompt ウィンドウが表示されたら、 cd restore を入力し Enter をクリックします。 引用符なしで 'cd restore' を入力し、 'Enter' を押下します
    2. ここで rstrui.exe を入力し、もう一度 Enter を押下します。. 引用符なしで 'rstrui.exe' を入力し、 'Enter' を押下します
    3. 新しいウィンドウが表示されたら、 Next をクリックし、Aleta が侵入する前の復元ポイントを選択します。選択後、 Next をクリックします。 'System Restore' ウィンドウが表示されたら、 'Next' を選択します 復元ポイントを選択し、 'Next' をクリックします
    4. ここで Yes をクリックし、システムの復元を開始します。 'Yes' をクリックし、システムの復 を開始します
    システムを前の日の日付に復元したら、Reimage をダウンロードして PC をスキャンし、Aleta の除去が正常に行われたことを確認してください。

おまけ: データの復元

上記のガイドは PC から Aleta を除去するために役立つはずです。暗号化されたファイルを復元するには、uirusu.jp のセキュリティ専門家が用意した詳しいガイドを使用されることをお勧めします。

Aleta 暗号化ランサムウェアは BTCWare ウィルスの改良版であるため、BTCWare デクリプタでは、少なくとも本稿執筆時点では、ファイルの復号はできません。データのバックアップや、以下にリストされている他のデータ復元ソリューションをご使用になり、ファイルを復元されることをお勧めします。

ファイルが Aleta によって暗号化された場合、それらを復元する方法はいくつかあります。

データ復元ツール

Data Recovery Pro はファイルに .aleta という拡張子が付けられている場合に便利です。このツールの使い方は以下のとおりです:

  • Data Recovery Pro をダウンロードします (http://uirusu.jp//download/data-recovery-pro-setup.exe)。
  • Data Recovery のセットップの手順に従い、プログラムを PC にインストールします。
  • 起動後、PC をスキャンして Aleta ランサムウェアにより暗号化されたファイルを探します。
  • それらを復元します。

Volume Shadow Copies からファイルを復元する

Volume Shadow Copies があればファイルの復元に役立ちますが、残念ながら、このランサムウェアは元のファイル・バージョンを暗号化した直後にこれらのコピーを削除する傾向があるため、これは使えないでしょう。

  • Shadow Explorer をダウンロードします (http://shadowexplorer.com/)。
  • Shadow Explorer セットアップ・ウィザードに従い、PC にこのアプリケーションをインストールします。
  • プログラムを起動し、左上コーナーのドロップダウン・メニューを開いて、暗号化されたデータのあるディスクを選択します。どのようなフォルダがあるか、チェックしてください。
  • 復元したいフォルダの上で右クリックし、“Export” を選択します。復元先の場所も選択することができます。

最後に、クリプト・ランサムウェアから身を守るよう、常に気をつけてください。Aleta やその他のランサムウェアからコンピュータを守るためには、 ReimagePlumbytes Anti-MalwareWebroot SecureAnywhere AntiVirusMalwarebytes Anti Malware などの評価が高いアンチスパイウェアを使用してください

著者について

Lucia Danes
Lucia Danes - ウィルス・リサーチャー

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

著者の詳細情報

出典:http://www.2-spyware.com/remove-aleta-ransomware-virus.html

他言語による除去ガイド