重大度:  
  (30/100)

削除 Apple wants to make changes (ウイルスリムーバルインストラクション) - 無料ガイド

記入者 オリビア・モレリ - - | タイプ: アドウェア

Apple wants to make changes – ログイン情報を掠め取ろうとするサイバー犯罪者による詐欺

Apple wants to make changes ウィルス

Apple wants to make changes は偽のポップアップメッセージで、ユーザーに「変更を実施」するためにログイン時の信用情報を入力するよう促してきます。このメッセージが極めて怪しいと思われた方は、大正解です。なぜなら、これは Mac コンピュータにインストールされているアドウェア が出しているものだからです。アドウェアは広告支援付きのアプリで、通常ポップアップやバーゲン情報、オファー、バナー、クーポン、その他の商用コンテンツを Google Chrome や Safari、Mozilla Firefox などのブラウザに表示させます。その目的はスポンサーである当事者の商品やサービスを宣伝して、その方法により収入を得ることにあります。しかし、一部のアドウェアは完全に有害で、Apple wants to make changes のようなポップアップを表示させ、そこから直接個人データの損失にも繋がる恐れがあります。

サマリー
名前 Apple wants to make changes
カテゴリ アドウェア
タイプ 詐欺
配布 ソフトウェアバンドリングまたは危険なウェブサイト
症状 怪しいポップアップが表示され、個人情報の詳細を求めてきたり、他の広告コンテンツを表示したりします
検出と駆除 評判の良いアンチマルウェアソフトを使用してください
システムの修復 Reimage Reimage Cleaner を使用してシステムの被ったダメージを修復してください

Apple wants to make changes ウィルスは、例えば Finder whats to make changes のようなログイン詳細の入力を求める合法的なポップアップを模倣しています。そのために、ユーザーにそのポップアップが合法的なものであり、情報が必要なのだと信じ込ませるのです。しかし、何が変更されるのか、またその理由は何かについて、具体的な説明が全く書かれていません。さらに、Apple ではそのような通知で自社の名前を使うことは決してありません。そこで、ユーザーはそのような偽のウィンドウに詳細情報を入力してはならず、直ちに Apple wants to make changes を駆除すべきです。

他にもアドウェアによってトリガされる類似の詐欺がいくつかあり、例として Immediately Call Apple Support (今すぐ Apple サポートに電話を掛けてください ) 詐欺Updates were released for your version of Chrome (ご使用の Chrome の更新プログラムがリリースされました) 詐欺AppleCare And Warranty (AppleCare および保証について) など数多くあげられます。これらの詐欺の作成者は一般にユーザーに無用なソフトウェアの代金を支払わせますが、Apple wants to make changes は Mac の認証情報を使用して遠隔からアクセスし、キーロガーやランサムウェア 、また通貨マイニングマルウェアなどの有害なソフトウェアをインストールさせようとします。

そのような感染は拡散性が高くて危険ですが、それは例えばお金や ID の窃盗など、重大なプライバシーの危険性があるためです。そこで、Apple wants to make changes のメッセージを見ても一切情報を入力せず、ただそのページをクローズしてください。ただし、このような偽のアラートがマシンに存在するということは、潜在的に迷惑なプログラムへの感染を示しているのです。Apple wants to make changes ウィルスを取り除くには、アンチマルウェアソフトを使用して PC をスキャンしてください。

怪しいアプリを全てアンインストールしたら、直ちに PUP が何か痕跡を残していないかチェックすべきです。弊社ではそのようなプロセスには Reimage Reimage Cleaner のような自動ツールのご使用をお勧めしています。

欺瞞的なポップアップと併せて、ユーザーはほとんどの場合広告が増えたことに気づくでしょう。クリックすると、有害なサイトにリダイレクトさせられて、他の怪しいソフトのインストールを勧められます。さらに、常に転送されるという悩みが増え、偽の検索結果も表示されます。そこで、システムに Apple wants to make changes ウィルスが存在している間に遭遇したリンクには、決して近寄らないことが重要です。

Apple wants to make changes アドウェア
Apple wants to make changes は偽のアラートで、アドウェアが起動します

一部のアドウェアは重大な危険性を持っている – インストールは絶対に避けること

一部の攻撃的なアドウェアはマルウェアとしても扱われることがありますが、これはその目的が個人情報やお金を盗むこと、あるいは PC にウィルスを感染させることにあるためです。そこで、そのような脅威をまず避ければ、不快さを軽減できるでしょう。bedynet.ru のセキュリティの専門家は、以下の予防措置を取ることを勧めています:

  • 怪しいウェブサイトには近寄らない (トレント、ファイル共有、ポルノ、ギャンブル、他)
  • ソフトウェアを何かダウンロードする前に、必ずオンラインのレビューを確認する
  • アプリをインストールする際に、必ず利用規約や個人情報保護方針を読む
  • 「次へ」ボタンを何度も押してステップを飛ばさない
  • バンドルされたソフトウェア (別名潜在的に迷惑なプログラム) を入れないために、「推奨」ではなく「拡張」インストール設定を選択する
  • ブラウザの拡張機能、システム最適化ツール、ダウンロードマネージャ、アドオン、ツールバー、その他類似の無用ソフトウェアに付けられたチェックマークをすべて外す
  • インストールされたプログラムが怪しいポップアップや、危険なサイトへのリダイレクトを行わないことを確認する。インストールしようと思っているメインの怪しいアプリがアドウェア本体であることもあります
  • PC をアンチマルウェアソフトでスキャンして、最新版に更新しておく

Apple wants to make changes を発生させる潜在的に迷惑なプログラムを駆除する

Apple の公式フォーラムでは、多くのユーザーがこのメッセージについて質問していました。回答は簡単です: このポップアップは偽物であり、Apple wants to make changes の駆除のみがそれを停止させる手段である、ということです。そうするためには、Mac 上のアドウェアや他の PUP をすべて駆除する必要があります。

Apple wants to make changes ウィルスを手動で駆除することも可能ですが、それはお勧めできません。怪しいアプリを駆除した後で、PUP の足跡がまだマシンに残っている可能性があるためです。そこで、信頼できるアンチウィルスソフトを使用すれば有害なポップアップが戻ってくる心配もないわけです。リアルタイム保護機能があれば、アドウェアの侵入を防いでくれるでしょう。

ウィルスによる破損は Reimage Reimage Cleaner を利用して取り除くことができます。 潜在的に迷惑なプログラムおよびウィルスと、関連の全てのファイルおよびレジストリエントリの検出には SpyHunter 5Combo Cleaner および Malwarebytes をお勧めします。

オファー
今すぐ!
ダウンロードする
Reimage 満足度
保障
ダウンロードする
Reimage Cleaner 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 Supported versions OS Xに対応 Supported versions
うまくいかない場合は?
Reimage Reimage Cleaner を使用してもウィルスによるダメージを取り除けなかった場合は、弊社のサポートチームに 質問を送信 し、できるだけ詳しい情報をお送りください。
Reimage Reimage Cleaner には無料の限定スキャナがあります。 Reimage Reimage Cleaner の完全版を購入されると、スキャンを通じてその他の機能もご利用いただけます。無料スキャナで問題が検出されたら、手動による無料修復ツールを使用して修復するか、自動的にそれらを修復するために完全版をご購入いただくこともできます。
代替ソフト
それぞれのソフトウェアには各々の目的があります。Reimage では感染したファイルを修復できなかった場合は、SpyHunter 5 をお試しください。
代替ソフト
それぞれのソフトウェアには各々の目的があります。Reimage Cleaner では感染したファイルを修復できなかった場合は、Combo Cleaner をお試しください。

手動 Apple wants to make changes削除方法:

削除するApple wants to make changes からMac OS X system

必ず以下のステップを注意して行い、Apple wants to make changes ウィルスを駆除してください:

  1. OS Xを使用している場合は、画面左上のGoボタンをクリックしApplicationsを選択 'Go'をクリックし'Applications'を 択
  2. Applicationsフォルダが表示されたらApple wants to make changesもしくは他の不審なプログラムを探し、それぞれ右クリックしMove to Trashを選択する。 悪質なエントリー全て をクリックし'Move to Trash'を選択

削除するApple wants to make changes からInternet Explorer (IE)

  1. 危険なアドオン(拡張機能)の削除
    Internet Explorerを開きブラウザー右上のツール(IEメニューの歯車アイコン)をクリック、Manage Add-onsを選択。 メニューアイコンをク リックし'Manage add-ons'を選択
  2. Manage Add-onsウィンドウが開く。 Apple wants to make changesやその他の不審なプラグインを探し、Disableをクリックし無効にする: 悪質な各エントリーを 右クリックし'Disable'を 選択
  3. ウイルスの影響でホームページも改ざんされていれば変更する:
    ブラウザー右上のツール(メニューの歯車アイコン)をクリックしInternet Optionsを選択。タブはGeneralのままで。
  4. ここでは悪質なURLを削除し希望のドメイン名を入力。Applyで変更を保存。 悪質なURLを削除した後ユ ザー希望のドメインを入 し、'Apply'をクリックし 変更を保存
  5. Internet Explorerのリセット
    ツール(メニューの歯車アイコン)に再度行き、Internet optionsを選択。Advancedのタブを開く。
  6. Resetを選択。
  7. 新しいウィンドウが開いたら、Delete personal settingsをチェックの上Resetを選択しApple wants to make changesの削除を完了する。 'Advanced'のタブに行き'Reset' ボタンをクリックした後 'Delete personal settings'を選択し'Reset'ボタ を再度押す

削除するApple wants to make changes からMicrosoft Edge

Microsoft Edge の設定をリセット (メソッド 1):

  1. Microsoft Edge アプリを起動し、[More] (画面の右上コーナーにある 3 つのドット) をクリックします。
  2. [Settings] をクリックしてオプションの詳細を表示します。
  3. [Settings] ウィンドウが表示されたら、[Clear browsing data] オプションの下にある [Choose what to clear] ボタンをクリックします。 設定に移動して ['Choose what to clear'] を選択します
  4. ここで、除去したいものをすべて選択し、[Clear] をクリックします。 ['Clear'] ボタンを選択します
  5. 今度は [Start] ボタン (Windows ロゴ) を右クリックしてください。ここで、[Task Manager] を選択します。 [スタート] メニューを開き、['Task Manager'] を選択します
  6. [Processes] タブで、Microsoft Edge を探します。
  7. その上で右クリックし、[Go to details] オプションを選びます。[Go to details] オプションがない場合は、[More details] をクリックして前のステップを繰り返します。 ['Microsoft Edge'] を右クリックして、['G o to details'] を選択します ['Go to details'] オプションが表示され ない場合は ['More details'] を選択します
  8. [Details] タブが表示されたら、Microsoft Edge という名前が入っているエントリをすべで探します。それぞれの上で右クリックし、[End Task] を選択してこれらのエントリを終了します。 Microsoft Edge のエントリを見つけて ['End Task'] を選択します

[Microsoft Edge] ブラウザをリセットする (メソッド 2):

メソッド 1 がうまくいかなかった場合は、より詳細な Edge のリセット・メソッドを行う必要があります。

  1. メモ: このメソッドを使用する前に、データをバックアップする必要があります。
  2. PC でこのフォルダを見つけます。 C:\Users\%username%\AppData\Local\Packages\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe.
  3. そこに保存されている全てのエントリを選択し、マウスで右クリックします。次に、[Delete] オプションを選択します。 PC の Microsoft Edge フォルダに移動し、全 てのエントリで右クリ ックしてから ['Delete'] をクリックします
  4. [Start] ボタン (Windows ロゴ) をクリックし、[Search my stuff] の行に [window power] と入力します。
  5. [Windows PowerShell] エントリを右クリックし、[Run as administrator] を選択します。 [Windows PowerShell] を見つけたら、右クリ ックして ['Run as administrator'] を選択します
  6. [管理者: Windows PowerShell] ウィンドウが開いたら、次のコマンドラインを PS C:\WINDOWS\system32> の後ろに貼り付けて、 [Enter] を押します:
    Get-AppXPackage -AllUsers -Name Microsoft.MicrosoftEdge | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register $($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml -Verbose}
    必要なコマンドをコピ ー & ペーストし、['Enter'] を押します

これらのステップが終了すると、[Microsoft Edge] ブラウザから Apple wants to make changes が除去されるはずです。

削除するApple wants to make changes からMozilla Firefox (FF)

以下のアクションを行って、Mozilla Firefox をリセットしてください:

  1. 危険な拡張機能を削除
    Mozilla Firefoxを開き右上のメニューアイコンをクリック。Add-ons Extensionsを選択する。 メニューアイコン クリックし'Add-ons 'を選択
  2. Apple wants to make changesとその他の不審なプラグインを選ぶ。 Removeを選択し、エントリーを削除する。 'Extensions'を選び悪質なエ トリーを見つけ、'Remove' 削除
  3. Mozilla Firefoxのリセット
    左上のFirefoxメニューをからクエスチョン•マークをクリック。Troubleshooting Informationを選択する。 メニューのアイコンを クリックし、'?'で'Troub leshooting Information'を選択
  4. Reset FirefoxボタンのついたReset Firefox to its default stateが表示される。 このボタンを数回クリックし、Apple wants to make changesの削除を完了する。 'Reset Firefox'ボタンを数 押す

削除するApple wants to make changes からGoogle Chrome

  1. 悪質なプラグインの削除
    Google Chromeを開き右上のメニューアイコンをクリック。Tools Extensionsを選択する。 メニューのアイコ をクリックし、'T ools'と'Extensions'を 択
  2. ここでApple wants to make changesとその他の悪質なプラグインを選択し、ゴミ箱アイコンを選びこれらを削除する。 悪質なエントリーを探し ゴミ箱アイコンを押しそ ぞれ削除する
  3. 再度メニューアイコンをクリックし、Search欄からSettings Manage Search enginesを選択。 'Settings'上の'Manage search engines...'を選択
  4. Search Engines...が開いたら、悪質な検索サイトを削除する。Googleもしくはユーザー希望のドメイン名のみを残す。 'X'をクリックし悪質なURLを 除する
  5. Google Chromeのリセット
    Google Chromeの右上のメニューアイコンをクリックし、Settingsを選択。
  6. ページの一番下までスクロールしReset browser settingsをクリック。 'Settings'のページをス ロールダウンし'Reset browser settings'ボタンをクリッ ク
  7. Resetをクリックし変更を確認し、Apple wants to make changesの削除を完了する。 'Reset'ボタンを リックし削除 を完了させる

削除するApple wants to make changes からSafari

PUP を駆除したら、直ちに Safari ブラウザを以下の要領でクリーンアップしてください:

  1. 危険な拡張機能を削除
    Safariウェブブラウザーを開き、画面左上のメニューよりSafariをクリック。その後Preferencesを選択する。 'Safari'をクリックし'Preferen ces'を選択
  2. Extensionsを選択しApple wants to make changesもしくは他の不審なエントリーを見つけ、Uninstallボタンをクリックしそれぞれ削除する。 'Extensions'から悪質な拡 張機能をアンインスト ール
  3. Safariのリセット
    Safariブラウザーを開き画面左上のメニュー欄から Safariをクリックする。 'Safari'をクリックし'Reset Safari...'を選択
  4. 次の画面では詳細なリセットオプションが表示される。通常オプションは全てチェックされているが、リセット希望の項目を選択する事も可能である。 Resetボタンをクリックし Apple wants to make changesの削除を完了させる。 全てのオプションを選 択し'Reset'ボタンをク ック

著者について

Olivia Morelli
Olivia Morelli

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

Olivia Morelli に連絡する
Esolutions について

出典:https://www.2-spyware.com/remove-apple-wants-to-make-changes.html

他言語による除去ガイド