重大度:  
  (99/100)

.Cerber2 ファイル拡張子ウィルス. 除去するには? (アンインストール・ガイド)

記入者 ライナス・キグオイス - - | タイプ: ランサムウェア
12

なぜ .Cerber2 ウィルスに用心する必要があるの?

ランサムウェア・ウィルスは進化を止めず、より複雑になって危険性が増しましたが、.Cerber2 ウィルスもこの展開を裏付ける新たな例と言えるでしょう。しばらく前のこと、元となる Cerber ランサムウェア がリリースされ、被害者のファイルや銀行口座を狙いました。しかし最近、セキュリティの専門家たちの所には、このウィルスの新しいバージョンについて報告が来るようになりました。暗号化されたファイルを示すために違うファイル拡張子を使っている事とは別に、元の Cerber とは異なる点がいくつかあります。そして、このような機能に含まれるのは、相当な量が該当するとは言え、プログラムの内部コードの改ざんだけではありません。このような変化にはウィルスの被害者も気付くことでしょう。Cerber の初期のバージョンに感染したことのあるユーザーでも、Cerber 2 に感染しても、同じウィルスに対峙しているということに気づかない可能性があります。一部の専門家がこのウィルスを参照するにあたり、その新しいファイル拡張子の名前、すなわち .Cerber2 という名前で呼ぶのはそのためです。すでにご想像のとおり、このバージョンはオリジナルのランサムウェアに比べて(より一層とは言わないものの)さほど危険性が低いわけではありません。ですから、感染してソリューションをお探しの方は、本記事において、これ以上のダメージに感染することなく PC から .Cerber2 拡張子ウィルスを除去する方法のヒントが書かれているいますので、ラッキーと言えるでしょう。SpyHunter のような信頼のおけるアンチウィルス・ユーティリティを使えば、いつでも緊急措置を受けられることに留意してください。

An illustration of the .Cerber2 virus

.Cerber2 ウィルスは子供向けのゲームである Anka から漫画スタイルのアイコンを使用していますが、犯罪者たちはどんどんウィルスの開発を続けているため、このアイコンも変わる可能性があります。当然ながら、.Cerber 拡張子はもはや過去のものであり、暗号化されたドキュメントの新しい印は「.Cerber2」です。このファイル拡張子は PC 上でウィルスに感染している 1 つひとつのファイルに付けられ、見えるようになっているため、初めてランサムウェア・ウィルスに対峙されるという方は、これにはややショックを受けられるかもしれません。しかし、それこそがサイバー犯罪者たちの待っていることなのです。彼らは PC の壁紙をピクセル・イメージの身代金メモの書かれた壁紙に置き換え、そこには PC に何が起きたかについての説明が書かれていると同時に、すべて元通りにするための方法について「シンプルな」解決策が記されています。ファイルの暗号解除キーがあれば良いわけです。問題は、それを入手するために、そのウィルスの作成者に相当な金額のお金を支払わねばならないということです。ファイルを買い戻そうとしないでください。金銭的な損失に繋がるだけでなく、データの復元の保証もないからです。最後に、このウィルスの最初のバージョンを除染するためにリリースされた Cerber Decryptor は、最新版には効果がなさそうだということもお知らせしなければなりません。つまり、ファイルを復元する代わりに、単純に .Cerber2 の除去を実行すべきだということになるでしょう。

このランサムウェアからデータを護るには?

悪意のあるランサムウェア・ウィルに対する保護を提供するプログラムやアプリケーション、またユーティリティは数々あるでしょう。問題は、.Cerber2 から完全に 100% 保護してくれるソフトウェアがないことです。そこで、個人データを安全に保管するためには、ちょっとした作業を投入する必要があるわけです。この追加の保護策は、ファイルのバックアップ・コピーを作成すれば達成されます。このコピーを外部ストレージのドライブや USB 端末などに保存すれば良いのです。大事なのは、使用していない時には、このストレージ・デバイスが PC やネットワークから切り離されていることです。覚えておかねばならないこととして、PC にウィルスが存在したままの状態で、これらのドライブからデータを復元しようとしてはいけないということです。先に .Cerber2 を削除してから、後でファイルを復元するのです。バックアップ・コピーを作る時間がなかった場合は、ファイルを復元するために、PhotoRec や R-Studio、また Kaspersky ウィルス対策ユーティリティ を使ってみてもよいでしょう。

PC から安全に .Cerber2 を除去するには?

既に明らかにしたように、ハッカーにお金を支払わずにロックされたファイルの暗号を解除する方法はなく、恐らく唯一残された選択肢は PC から .Cerber2 拡張子ウィルスを除去し、暗号解除キーが開発されるのを待つことでしょう。ですが、いの一番に除去に走らないでください。余計な結果を招かないためには、.Cerber2 を PC から安全に削除できる専用のツールが必要です。選択肢の中で最適なソフトウェア・オプションの一部を下にあげておきましょう。本記事の末尾に追記されている手動による .Cerber2 の除去ガイドは、アンチウィルス・ユーティリティが起動できない場合、およびウィルスを除染するために追加的ガイドが欲しい場合にのみ有効であることに注意してください。このガイドを使ってランサムウェアを完全に除去しようとしないでください。

このサイトで勧めているいかなる製品も私たちはアフィリエイトパートナーの場合があります。使用許諾に明記されています。 .Cerber2 ファイル拡張子ウィルスのスパイウエアを除去するため、提供されるいかなるアンチスパイウエアをダウンロードする場合もプライーバシーポリシー及び使用許諾を承諾する。
今すぐ!
ダウンロードする
Reimage (リムーバ) 満足度
保障
ダウンロードする
Reimage (リムーバ) 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 OS Xに対応
うまくいかない場合は?
Reimage を使用しても感染を取り除けない場合は、弊社サポート・チームに 質問を送信 し、できるだけ詳しい内容をお知らせください。
.Cerber2 ファイル拡張子ウィルス のアンインストールには Reimage をお勧めします。 無料のスキャナで、あなたの PC が感染しているかどうかをチェックできます。マルウェアを除去する必要がある場合は、Reimage マルウェア除去ツールのライセンス版を購入する必要があります。
このプログラムに関する詳しい情報は、Reimage のレビューをご覧ください。
の別記を押して下さいReimage

手動 .Cerber2ウイルス削除方法:

Safe Mode with Networking を使用して .Cerber2 を削除

  • 手順 1: Safe Mode with Networking へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Safe Mode with Networking を選択 'Safe Mode with Networking' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Networking を選択します。 'Enable Safe Mode with Networking' を選択
  • 手順 2: 削除 .Cerber2

    感染しているアカウントへログインし、ブラウザを起動します。Reimage または信頼できるアンチスパイウェアプログラムをダウンロードします。フルスキャンの前にアップデートを行い、感染したランサムウェアに属する悪意のあるファイルを削除し、 .Cerber2 の削除を完了します。

ランサムウェアによってSafe Mode with Networking がブロックされている場合は、さらなる方法を試してください。

System Restore を使用して .Cerber2 を削除

  • 手順 1: Safe Mode with Command Prompt へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Command Prompt を選択 'Safe Mode with Command Prompt' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Command Prompt を選択します。 'Enable Safe Mode with Command Prompt' を選択
  • 手順 2: システムファイルと設定の復元
    1. Command Prompt ウィンドウが表示されたら、 cd restore を入力し Enter をクリックします。 引用符なしで 'cd restore' を入力し、 'Enter' を押下します
    2. ここで rstrui.exe を入力し、もう一度 Enter を押下します。. 引用符なしで 'rstrui.exe' を入力し、 'Enter' を押下します
    3. 新しいウィンドウが表示されたら、 Next をクリックし、.Cerber2 が侵入する前の復元ポイントを選択します。選択後、 Next をクリックします。 'System Restore' ウィンドウが表示されたら、 'Next' を選択します 復元ポイントを選択し、 'Next' をクリックします
    4. ここで Yes をクリックし、システムの復元を開始します。 'Yes' をクリックし、システムの復 を開始します
    システムを前の日の日付に復元したら、Reimage をダウンロードして PC をスキャンし、.Cerber2 の除去が正常に行われたことを確認してください。

最後に、クリプト・ランサムウェアから身を守るよう、常に気をつけてください。.Cerber2 やその他のランサムウェアからコンピュータを守るためには、 ReimagePlumbytes Anti-MalwareWebroot SecureAnywhere AntiVirusMalwarebytes Anti Malware などの評価が高いアンチスパイウェアを使用してください

著者について

Linas Kiguolis
Linas Kiguolis

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

Linas Kiguolis に連絡する
Esolutions について

他言語による除去ガイド