重大度:  
  (13/100)

Chromium ウィルス. 除去するには? (アンインストール・ガイド)

記入者 ライナス・キグオイス - -   Chromium browser virus | タイプ: ブラウザ・ハイジャッカー

Chromium ウィルスはオープンソースのウェブブロジェクトを使用して作られた危険なブラウザ

Chromium virus

Chromium ウィルスという用語は、合法的な Chromium のコードを使用するようにデザインされた有害なウェブブラウザを表すために使われます。ここ数年の間に現れた有害なブラウザのバージョンを並べると長いリストになりますが、例えば Chroomium ブラウザウィルス や eFast ブラウザ  などがその例です。インストールされると、合法的な Chrome ブラウザのショートカットを上書きし、偽ものと置換えてしまいます。Chromium マルウェアは特にスペインやイタリア、ポルトガル、アメリカ、その他の国々で活発に活動していますのでご注意ください。

名前 Chromium ウィルス
タイプ ブラウザハイジャッカー
危険度 中。システムには害を及ぼさないものの、Windows のレジストリやブラウザの設定を改ざんします
主なファイル Chromium.exe
症状 高い CPU 使用率、ブラウザのホームページの置換え、怪しいツールバーのインストール
Chromium ブラウザ eFast Browser、Chroomium Browser、Tortuga Browser、Olcinium Browser、Qword Browser、Chedot Browser、BrowserAir Browser、Fusion Browser、BeagleBrowser、MyBrowser、Super Browser
配布方法 ソフトウェアバンドリング、フリーウェアまたはシェアウェアのダウンロードサイトおよびネットワーク、広告
主な危険性 有害サイトへのリダイレクト、感染性の広告、ID 窃盗
アンインスールの方法 Chromium のアンインストールには Reimage を使用するか、以下のガイドをお読みください

Chromium ブラウザウィルスは Chrome や Chromium オープンソースウェブプロジェクトとは無関係です。後者のプロジェクト 自体は完全に合法的であり、有害なコードは含まれていないことに注意してください。カスタマイズされたブラウザを作りたい人なら誰でもオープンに使えますが、他のあらゆるオープンソースツールと同様に、悪意のある人々に悪用される場合があります。ご使用のブラウザの動きが怪しいと気付かれた場合は、偽のバージョンに置き換わっていないか調べてみてください。

Chromium project

一般に、Chromium ウィルスに感染したユーザーは何も怪しいものに気が付かないのですが、それはこの怪しいアドオンの目的が、人々を騙してブラウザの純正版を使用していると思わせることにあるためです。しかし、怪しいリダイレクト や迷惑なポップアップ広告により、すぐにブラウザに何か起きているということが明らかになり、ユーザーがシステム上に何か怪しいプログラムやブラウザ拡張機能がないか探し始めるのです。

残念ながら、ウィルスはプロセスまでも偽装しているため、何も見つからないことでしょう。一方で、タスクマネージャのプロセスをチェックすると、Chromium.exe プロセスが見つかります。大量の CPU メモリリソースを消費していることから、かなり目立つのです。Mac や Windows オペレーティングシステムから Chromium マルウェアを検出して除去するには、たとえば ReimagePlumbytes Anti-MalwareMalwarebytes Malwarebytes のようなアンチマルウェアソフトを使用する必要があるでしょう。手動によるガイドを末尾にご用意しましたので、どうぞご利用ください。

上述のプログラムは、ユーザーが使用している全時間について、そのオンラインアクティビティを追跡します。つまり、Chromium ウィルスはあなたの訪問先のウェブサイト、広告したクリック、入力した内容を観察するのです。そのような情報が信頼性の低いサードパーティの相手によって収集される上に、収集されたデータは通常ターゲット広告の表示に使用されることになり、つまりあなたにとって欺瞞的ながらも魅惑的なコンテンツを供給するために使われるということです。

そうなると、信じられないようなバーゲンをオファーする目を引くような広告やアダルト専用のサイトを見るように提案する広告、また「必要」だとは思ってもみなかったソフトウェアの更新プログラムのインストールなどを、いくつも見ることになるでしょう。

ブラウザを起動するたびに特定のウェブサイトにリダイレクトされるようになったと気づいたら注意してください。偽の Chromium ブラウザは強制的に特定の検索エンジンを使わせて、本来の検索結果の横に山程のスポンサー付きの検索結果を並べ、それらをクリックさせようとします。 

さらに、そこにいる間、ハイジャッカーは常時リダイレクトさせたり、類似の問題を引き起こして邪魔をしてくるでしょう。このような現象のため、ブラウザがユーザーを潜在的に危険なドメインに誘導したり 、個人情報を開示させたり します。このようなサイトでの長居は避け、代わりに怪しい Chromium ウィルスの除去に専念しましょう。 

怪しい Chromium ウィルスブラウザのリスト 2018 年版

eFast Browser ウィルス  eFast ウィルスは欺瞞的なウェブブラウザで、こっそりと Google Chrome に置き換わり、絶え間ないポップアップ広告やバナーを生成し、ユーザーがカーソルを上にかざしたとたんに広告を表示するウェブサイトにリンクを挿入するようになります。このウェブブラウザはなかなか除去が難しいため、専門家は専用のアンチマルウェアプログラムを使用して eFast のコンポーネントを検出し、除去するよう勧めています。Chrome の動きが怪しく感じられたら、eFast ウィルスかもしれません。問題をそのままにせず、今すぐにこのブラウザを置き換えるマルウェアがいないかシステムを調べてください。

Chroomium Browser ウィルス  Chroomium ブラウザは Chromium プロジェクトを悪用した新たなウィルスです。この甚だ迷惑なウィルスは元の Chrome ブラウザに置き換わり、閲覧セッションのたびに商用オファーを表示するようになります。Chroomium マルウェアによるハイジャックが最初に疑われる兆候は、ブラウザのパフォーマンスの低下です。さらに、予期せぬリダイレクトや閲覧セッション中に検索結果に広告が上書きされるなどの印が見られると、よくあるブラウザの乗っ取りに気づくでしょう。

Tortuga Browser ウィルス  Tortuga ウィルスも Chromium をベースにして作られています。しかし、その怪しいアクティビティによりサイバーセキュリティの専門家がすぐにこれを「潜在的に迷惑なプログラム」および「スパイウェア」のリストに加えることとなりました。このウェブブラウザは自らについて、安全で高速、かつ最適化されたウェブブラウザであると推奨し、中断されることのない閲覧エクスペリエンスを提供すると約束していますが、実際には数々の迷惑物 (広告) を作り出し、それらを毎日 PC ユーザーに押し付けているのです。このような問題は Tortuga Browser をすぐに除去すれば解決します。

Chromium virus fake browsers

Olcinium Browser ウィルス  Olcinium ウィルスは潜在的に迷惑なプログラム (PUP) で、これも Chromium をベースにしています。ほとんど Google Chrome と同じ見た目の、通常のウェブブラウザの振りをしています。インストールされると、元の Chrome ショートカットを置き換え、被害者に自らのウェブ閲覧サービスを提供するようになります。残念ながら、これらのサービスは無料ではありません – それらを使うためには、被害者は毎日サードパーティの何百という広告を見なければならず、控えめに言っても甚だ迷惑です。

さらに、Olcinium による広告には危険なウェブページを指すリンクが隠されていたり、瞬間的にスパイウェアやマルウェアが PC にインストールされる場合があります。PC を安全に保ちたければ、できるだけ速やかに Olcinium を除去してくだだい。

Qword Browser ウィルス  この潜在的に迷惑なプログラムがシステムにインストールされると、すぐに被疑者は、例えばブラウザホームページの予期せぬ変更 (偽のブラウザは Qword.com をスタートページとして読み込みます) やひっきりなしに URL がリダイレクトされる、ポップアップ広告が表示される、またその他の不便なアクティビティに見舞われるようになります。これらの問題によりブラウザがスローダウンし、被害者は自由に閲覧できなくなります。

Chedot Browser ウィルス  Chedot ウィルスは大変欺瞞的なウェブブラウザで、スタートアップページとして search.chedot.com を読み込みます。このページはそのまますぐに被害者を改ざんされた Google にリダイレクトさせます。そのようにリダイレクトさせることにより、本物の Chrome を使っていると思い込ませるためです (大半の Chrome ユーザーがホームページを Google にしているためです)。しかし、このブラウザハイジャッカーにより起動される他のアクティビティは快適なものではなく、そのままにしてはいけません。

この怪しいブラウザには広告支援が付いており、あらゆる手を尽くしてスポンサーのオファーを提示し、被害者に広告を押し付けることを意味します。Chedot Browser のユーザーは検索結果の中で広告に出くわすのですが、それらはポップアップやポップアンダー広告、バナー、また全画面広告の形で表示されます。このような広告には何ら価値のあるオファーも期待できず、ただ被害者にとって迷惑なだけであるため、Chedot は駆除すべきでしょう。

Chromium fake browsers

BrowserAir Browser ウィルス  これも Chrome の 1 つのバージョンの振りをする潜在的に迷惑なプログラムです。この Chromium ベースのウェブブラウザプロジェクトはとても使えたものではなく、PC ユーザーは使うべきではないでしょう。「無料で高速、かつ軽量」なウェブブラウザであると主張しているものの、典型的なアドウェアプログラムとして機能し、URL のリダイレクトによりポップアップ広告をトリガする他、閲覧エクスペリエンスを台無しにします。PC のパフォーマンスを上げて閲覧セッションを安全にするためには、BrowserAir ウィルスの駆除を強くお勧めします。

Fusion Browser ウィルス  Fusion ウィルスは単なる広告支援付きプログラムで、元の Chrome ブラウザに置き換わろうとします。しかし、このウィルスはサービスでお金を稼ぐことに固執しすぎるあまり、ユーザーはあまり便利だとは感じないでしょう。閲覧中にやたらと広告を表示し、手っ取り早くペイパークリック収入を得ようと URL リダイレクトさせようとします。残念ながら、その怪しい機能により、サイバーセキュリティの専門家はこれをスパイウェアに区分し、潜在的に迷惑なプログラムと位置づけています。

BeagleBrowser ウィルス  BeagleBrowser は Lollipop Network, S.L. による潜在的に迷惑なプログラム (PUP) で、被害者の PC を乗っ取って被害者に迷惑な広告を表示するようになります。このソフトウェアの開発者はこれを「ウェブサーフィンのためのクリーンで安全な環境を生み出す」便利な閲覧ツールであると主張していますが、これもまたアドウェアタイプのウェブブラウザであり、毎日ユーザーに有料コンテンツを押し付けようとしてきます。多くのユーザーが、BeagleBrowser をインストールした直後に除去しようとするのも頷けます。

Chromium fake browser examples

MyBrowser ウィルス  MyBrowser アドウェアは怪しいプログラムで、PC ユーザーに元の Google Chrome ブラウザの代わりに使わせようとします。残念ながら、便利な機能もなく、またひっきりなしに URL のリダイレクトの問題が発生することから、このブラウザには悪い評判が立っています。この偽の閲覧ツールが PC に見つかったら、直ちに MyBrowser を駆除しましょう。

Super Browser ウィルス  Super Browser 広告は PC ユーザーが遭遇する中でも最も迷惑なたぐいのものでしょう。ウェブ閲覧セッション中のひっきりなしのリダイレクトやポップアップ広告は誰もが避けたいものですが、SuperBrowser に感染した PC はそうせざるを得ないのです。そこで、セキュリティの専門家はできるだけ速やかにこの潜在的に迷惑なプログラムを除去するよう勧めています。そのコンポーネントを手っ取り早く全て見つける方法は、Reimage のようなセキュリティソフトを実行することです。

Chromium superbrowser

偽の Chromium ウェブブラウザをインストールする方法

新しいプログラムを「標準」あるいは「既定」モードでインストールする傾向のある方は、偶発的に Chromium ウィルスのハイジャックを許してしまうことになりかねません。潜在的に迷惑なプログラムの侵入を防ぐには、インストール設定を変更することがとても重要です。

そのためには、インストール設定を見つけて正しく構成するだけで良いのです – つまり、「カスタム」または「拡張」インストール設定を選び、その隣に怪しい説明書きの書かれているチェックボックスを探してください。

不明なプログラムやブラウザのツールバー、また類似のソフトウェアなどのインストールを許可するような記述を見つけたら、正しく構成するまでインストールを先に進めてはいけません。そのようなチェックボックスのマークを外してから先に進みましょう。最後に、偽の Chromium ブラウザは “Urgent Chrome Update” という広告経由で配布されることをご忠告しておきましょう。

ただし、一部のウェブブラウザの偽バージョンは、違法なソフトウェアとともにインストールされて PC にやってくる場合があります。トレントサイトや他の怪しいウェブソースからダウンロードできるそのような無料のライセンス版には近づかないことを強くお勧めします。そのようなものをシステムに置いておくと、危険なファイルも入れてしまうことになります。

Windows や MacOS から Chromium ウィルスを駆除する方法

ご使用の Chrome ブラウザの動きに何か異変を感じたら、できるだけ速やかに Chromium ウィルス Windows 10 を駆除しましょう。ブラウザの設定から Chrome のバージョンをチェックしてください。ただし、インターネットブラウザの合法的なバージョンを使用していると思わせるために、偽のブラウザに真実とは異なる Chrome のバージョンを表示させることもできるということを覚えておく必要があるでしょう。そこで Chrome の「Chrome について」のセクションの情報は信じない方が良いでしょう。

真実を確かめて Chromium を正常に除去するには、アンチマルウェアプログラムを使用してシステムをチェックされることをお勧めします。この PUP ではノルウェイのユーザーが最もターゲットになりやすいようです 。そこで、該当者はよく気をつけましょう。また、以下のガイドに従って Chromium をアンインストールすることもできます。

以下のいずれかのプログラムを使用すると、自動的にウィルスのダメージを修復することができます: s 潜在的に迷惑なプログラムやウィルスを、それに関連するあらゆるファイルやレジストリのエントリとともに検出できることから、弊社ではこれらのアプリケーションをお勧めしています。

オファー
今すぐ!
ダウンロードする
Reimage (リムーバ) 満足度
保障
ダウンロードする
Reimage (リムーバ) 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 Supported versions OS Xに対応 Supported versions
うまくいかない場合は?
Reimage を使用してもウィルスによるダメージを取り除けなかった場合は、弊社のサポートチームに 質問を送信 し、できるだけ詳しい情報をお送りください。
ウィルスのダメージを取り除くには Reimage をお勧めします。 無料のスキャナで、あなたの PC が感染しているかどうかをチェックできます。マルウェアを除去する必要がある場合は、Reimage マルウェア除去ツールのライセンス版を購入する必要があります。

重要: 手動での補助が必要です。 これは手動で解決しない限り1つもしくはすべてのパラサイトを除去できないことを意味します下記の手動で除去する場合の指示を読んでください。

Chromium ウィルス 手動による除去

プロセスの停止
chromium.exe

ファイルの削除
chromium.exe

手動 Chromiumウイルス削除方法:

著者について

Linas Kiguolis
Linas Kiguolis

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

Linas Kiguolis に連絡する
Esolutions について

出典:https://www.2-spyware.com/remove-chromium-virus.html

他言語による除去ガイド