評価レート:  
  (1/100)

Chromium

記入者 ジェイク・ドウ - - | タイプ: ソフト

Chromium は Google が始めたオープンソースのウェブ・ブラウザ・プロジェクト

Chromium は 2008 年に Google によって開始されたプロジェクトです。このオープン・ソースのコード で、プログラマは様々なウェブ・ブラウザを作成することができます。しかし、このプロジェクト自体は悪名高い Google Chrome ウェブ・ブラウザを作成するために始められたのです。現在、開発者たちはこのコードを変更して改良することにより新しいツールをリリースして、ユーザーに先進の機能を提供するウェブを閲覧できる新しいツールをリリースできるようになっています。

Chromium ウェブ・ブラウザは Google Chrome と同様に安全に使うことができます。しかし、他の多くのオープンソースのプロジェクトと同様に、これも怪しい目的のために使われることがあるのです。そこで、ウェブ・ブラウザが合法的なものか、あるいは潜在的に危険なものであるかを識別することが重要です。

名前が似ていることから、多くの PC ユーザーが Chromium の正体が何なのか、また Google Chrome とどう違うのかについて理解していません。そこで、本記事では、この 2 つの製品の主要な相違点についてご説明し、悪意のあるブラウザと合法的な Chromium ブラウザとを識別する方法についてお話ししましょう。

Logo of Chromium browser

Chromium 対 Chrome: 定義を紐解く

公式サイトにおける Chromium の定義から、Google Chrome との主な違いが分かります – これはブラウザではないということです:

Chromium はオープンソースのブラウザ・プロジェクトであり、全てのユーザーにとってより安全で、より速く、またより安定的にウェブを経験してもらうことを目的としています。

冒頭で述べたように、Chromium Google プロジェクトは Google Chrome を構築するためのベース・コードです。このブラウザは世界中で広く使われているウェブ・ブラウザの 1 つです。そこで、Chromium はプログラミング・コードであり、Chrome は最終製品の 1 つだということになります。

以下はこれら 2 つの間にみられるオペレーション、デザイン、その他の違いを強調したテーブルです:

Google Chrome Chromium
多色ロゴ 青いロゴ
Chrome 開発者により監視 配布者により変更される
Chrome により自動更新 開発者に依存した更新
新しいリリースは入念にテストされる 新しいリリースのテストの深度は配布者が選ぶ 
セキュリティ・サンドボックスが規定で有効 サンドボックスは開発者に依存
クラッシュ・レポートが規定で有効 クラッシュ・レポートは利用できない
使用状況追跡機能  ユーザー・メトリックス機能は利用できない
他の動画フォーマットもサポート  

しかし、開発者たちはオープン・ソース・コードを利用していくつもの閲覧ツールを開発してきました。Chromium ブラウザは、表の右側に載っているものと同じ機能を共有しているのが一般的です。しかし、プログラムごとに、作成者が追加する独自の機能性や特長を持たせることができます。

Google Chrome および Chromium がほとんど同じような仕組みで動くからと言っても、Chrome の方がやはりより利便性が高く、効率が良いと考えられています。唯一 Google Chromium が優位な点は、ニーズに応じてカスタマイズできるチャンスがあるということでしょう。しかし、自分が何をしているのかを理解している必要があります。

Chromium ウェブ・ブラウザを選ぶ: 市場で最も代表的な例

既に述べたように、Chromium はユーザーが既知のブラウザに追加的な機能を加えられるようにするという意図でリリースされました。合法的な Chromium ベースのブラウザは数々存在していますが、それらは独自の機能性を持ち、セキュリティやプライバシーのレベル、またデザインも異なります。最も有名なものが Vivaldi、Comodo Dragon、そして Epic でしょう。 

Vivaldi は Opera から失われた機能を残そうとしている

Image of Vivaldi web browser

Vivaldi は Vivaldi Technologies から提示された、最新の Chromium ベースのブラケットの 1 つです。同社は Opera Software の前 CEO および共同設立者によって立ち上げられたものであることから、その開発者は明らかに新参者ではありません 。Vivaldi の目的は最近の更新により Opera から取り除かれた機能のほとんどを元に戻すことにあります。

この Chromium ウェブ・ブラウザの最も顕著な特長は、ユーザーに提供されているテーマやモードの多さです。背景のカラーやスタート・ページ、アドレス・バー、タブの位置、その他多くのオプションを変更できます。Vivaldi ではタブの「スタッキング」および「タイル化」ができ、ブックマークにメモを付けたり Google Chrome 用に開発された拡張プログラムをインストールすることもできます。

主な特長:

  • 自動カラー変更 
  • スケジュール付きのカスタム・テーマ
  • タブのスタッキング、タイル化
  • コンテンツ・ブロッカー、カラー・フィルター、CSS デバッガ
  • カスタム・キーボード・ショートカット
  • クイック・コマンド
  • その他

Epic ブラウザは先進のプライバシー保護を提供

Image of Epic Privacy web browser

Epic ブラウザの主要な機能はプライバシーです。Hidden Reflex によって開発されたこの Chromium ウェブ・ブラウザは、シークレット・モードまたは VPN を利用して閲覧する必要があることを気にしないで済むようにオンライン・セキュリティを改良できる能力を持たせることを目指しています。

Epic が動作する主な方法は、ブラウザをオフにした直後に閲覧データを全て削除するやり方です。次の情報を保存しないことに留意すれば、中には Chromium ベースのウェブ・ブラウザの選択を真剣に考えるユーザーもいるでしょう:

  • クッキー
  • キャッシュ
  • 履歴

さらに、Epic は SLL 接続を利用し、トラッキング・スクリプトをブロックし、ユーザーの物理的位置を隠す、あるいはブロック付きのウェブサイトへのアクセスを支援するためにデータを暗号化することもあります 。残念なことに、この Chromium ブラウザはパスワード・マネージャーに対応しておらず、一部のウェブサイトでは動作しない可能性があります。良い知らせとしては、Windows と Mac OS X のどちらにも対応していることがあげられます。

Comodo Dragon は安全な閲覧オプションを提供する

Image of Comodo Dragon web browser

Chromium のコードを使用して独自のウェブ・ブラウザを所有する別のソフトウェアに Comodo Group があります。この開発者はセキュリティ・ソフトや IT 管理プラットフォーム、また類似のソリューションなどの作成ですでに何年も前から知られた存在です。

彼らによると、ユーザーが Comodo Dragon ブラウザを選ぶべき理由は、セキュリティの提供にあるそうです。さらに、最速の検索エンジンと特に親しみやすいユーザー・インターフェイスを約束しています 。残念ながら、現時点ではこの Chromium ブラウザは Windows のみに対応しています。

この Chromium ブラウザはどのようにユーザーのオンライン・セキュリティを向上させるのでしょうか?最も重要な点は、Chrome のユーザー追跡機能や検索時のヒントの表示、その他この有名な検索ツールによって積極的に使用されている怪しい機能を有効化させないことが上げられます。さらに、ウェブサイトの SSL 認証を利用して、自身の信頼性の度合いを測ってもいます。GUI はこのブラウザにたいへん良く似ているため、ダウンロードした後も分からなくなることはないでしょう。 

Image of Chromium browsers

Chromium マルウェア: オープン・ソース・コードが悪意のある目的に使用された場合

ウェブをサーフィンするための新しいツールを探している PC ユーザーにとって、しばしば思い浮かぶ疑念は Chromium が安全なのか、そして使うべきなのかどうか、ということです。上述のトップスリーの Chromium ベースのブラウザは完全に合法的なものです。しかし、似てはいるもののさほど普及していないプログラムもありそうです。

とはいえ、改良された機能が満載のウェブ・ブラウザを急いで作ろうという開発者もいれば、不届きな検索ツールをリリースするためにオープン・ソース・コードを利用している者もすでに存在します。セキュリティの専門家は新しい傾向、すなわち悪意のある Chromium ブラウザの出現にはとうに気づいており、その例となるのが Chromium ウィルス です。

残念ながら、多くのユーザーが実は対峙している相手が合法的で安全な Chromium ベースのブラウザの振りをしている潜在的に迷惑なプログラム であることを全く知りません 。しかし、次の名前はぜひとも覚えて、インターネット上でそれらに近づかないようにしましょう:

これらのプログラムはどれもユーザーのプライバシーやセキュリティを危険にさらす可能性があります。さらに、システムに不要な変更を加え、ウェブの閲覧中にクラッシュを起こさせて、他の問題をも引き起こすのです。そこで、偽りの Chromium ブラウザは除去することを強くお勧めします。幸いなことに、これらの偽のツールは手動または自動的な方法でアンインストールしてください。

有害な Chromium ブラウザを識別する

ならず者の Chromium ウェブ・ブラウザの大半は、ユーザーの閲覧エクスペリエンスの促進や精度の高い検索結果の提供、またプライバシーの保護を支援するツールとして宣伝されています。一般に、このようなプログラムの開発者は、自身の認証情報やデザインなど、類似の細かな情報を用いて Google や Chromium の公式プロジェクトに関連があると主張します。

しかし、別の Chromium ウィルスの例を分析すると、それらが潜在的に迷惑なプログラムとして動作し、通常のプログラムではないということが明らかになりました。そのようなプログラムに関連のある主要なマイナス要因は次のとおりです: 

  1. ソフトウェア・バンドルで拡散されている。 通常、ニセの Chromium ブラウザはフリーウェアやシェアウェアのパッケージ内で推奨されています。そこで、フリー・プログラムのインストールを間違えると、不要なブラウザもインストールすることになります。これはソフトウェアを「高速」または「推奨」設定でインストールする場合に発生しますが、これらの設定では追加のコンポーネントについてオープンに開示されないのです。
  2. データ・トラッキング。 詐欺的な Chromium ブラウザは一般にユーザーのオンライン・アクティビティを追跡します。検索クエリや閲覧履歴、IP アドレス、物理的位置、また類似の個人を特定できない詳細情報などを収集します。ログイン情報やパスワード、またクレジット・カードの情報を含む機密データを盗もうとする可能性も常にありることに留意してください。
  3. 積極的な広告の配信。 これらの感染性のブラウザは、大量のオンライン広告の配布能力も持ち合わせています。データ追跡アクティビティによりユーザーのプロフィールを構築して、ユーザーがクリックしそうなターゲット限定の広告を提供できるのです。

    過剰な量の広告により閲覧エクスペリエンスが台無しになります。必要なコンテンツを覆ってしまったり、ブラウザの画面全体を覆うこともあり、有効な閉じる (X) ボタンもなく、商用ウェブサイトにリダイレクトするのです。しかし、このような広告の一部は有害コンテンツを含んでいたり、詐欺やフィッシング・サイトにリダイレクトさせたりすることがあります。

こういったマイナスな機能にすでに対応を迫られているという方は、悪意のある Chrome ブラウザの被害者になる可能性が大きいということを念頭に置かねばなりません。そのようなプログラムをシステムに置いておくと、さらに財務的な損失や個人情報の盗難に遭う可能性も出てきます。そこで、 Chromium ブラウザは直ちに除去することが重要です。

Chromium ブラウザを選ぶ際に覚えておくべきこと

Chromium マルウェアの被害者にならないためには、Chromium ベースのウェブ・ブラウザを選ぶ際に注意する必要があります。そのためには、以下のシンプルなセキュリティのヒントをぜひお読みください:

  • 開発者に関する情報をチェックする。 それ以前のプロジェクトを探し、これからインストールを考えている Chromium ウェブ・ブラウザに関するユーザーの評価を読みましょう。
  • オンラインでの評価や意見を読む。 Chromium ブラウザをインストールする前に、開発者のウェブサイトに載っているユーザーのレビューや意見だけでなく (ニセモノの場合がありますので)、フォーラムやブログの意見も探してみましょう。さらに、専門家のレビューも探してみてください。
  • Chromium ベースのブラウザのダウンロードは発行元のウェブサイトからのみ行う。 注意すべき点として、サード・パーティのサイトにはプログラムの有害なバージョンが置かれている可能性があります。ですから、合法的なツールの代わりに Chromium ウィルスをインストールしてしまう可能性も高いのです。
  • 怪しいアクティビティに気がついたら、Chromium を直ちにアンインストールする。 広告の量が増えたり怪しいウェブサイトにリダイレクトさせられたり、あるいは新しいブラウザをインストールした直後に怪しいソフトウェアの宣伝がに気づいたら、「今すぐに」Chromium の除去を行って、PC やプライバシーを守らねばなりません。
このサイトで勧めているいかなる製品も私たちはアフィリエイトパートナーの場合があります。使用許諾に明記されています。 提供されるいかなるアンチスパイウエアソフトをダウンロードする場合プライーバシーポリシー及び使用許諾を承諾する。

著者について

Jake Doe
Jake Doe

人生は、ウィルスなんかに費やす場合でないほど短いものです...

Jake Doe に連絡する
Esolutions について


ファイル
ソフト
比較