重大度:  
  (77/100)

Cry128 ウィルスを除去する (ウイルスリムーバルインストラクション) - 特典:暗号解除ステップ

記入者 ガブリエル E. ホール - - | タイプ: ランサムウェア

Cry128 はもはや危険ではない – ファイルは無料で復号できます

Cry128 ウィルスは CryptON ランサムウェア・グループ  の一部であると見られているランサムウェア プログラムです。改良型 AES-128 アルゴリズムを使用して被害者の PC 上にある全てのファイルを暗号化しますが、C:\Windows および C:\Program Files の各フォルダはシステムを稼働させるために除外されます。ウィルスは暗号化された各ファイルに長い拡張子を付けますが、通常それには被害者の ID と .onion のウェブサイト・アドレスが含まれており、このアドレスが被害者個人用のウェブサイトを示し、そこには身代金の支払方法や暗号化されたファイルの復元方法に関する指示が書かれています。_DECRYPT_MY_FILES.txt というのが身代金メモですが 、これはウィルスが作成したもので、デスクトップに保存されます。PC にこれが見つかったら、ファイルに以下のファイル拡張子のうちのどれかが付けられていることが疑われます。もし見つかったら、直ちに行動を起こして躊躇せずに Cry128 を除去すべきです。

  • .fgb45ft3pqamyji7.onion.to._
  • .id-_[qg6m5wo7h3id55ym.onion.to].63vc4
  • .id__gebdp3k7bolalnd4.onion._
  • .id__2irbar3mjvbap6gt.onion.to._

Cry128 ランサムウェアの作成者への身代金の支払方法の指示が書かれている Onion のウェブサイト

ウィルスは通常 0.388 ビットコイン (身代金メモによると約 722 USD) ですが、常に為替レートによりこの金額は上下することがあります。弊社では 0.13793 ビットコイン (~$200) を要求するバージョンも見つけましたが、Emisoft のセキュリティ・リサーチャーが Cry 128 のデクリプタを作成し、これで暗号化されたファイルを全て無料で復元することができるため、犯罪者が身代金の金額を下げたのではないかと推察しています。このデクリプタを使用する前には、当然ながら、例えば ReimageIntego ソフトウェアを使用して、先に Cry 128 をシステムから除去しなければなりません。

CryptON のスピンオフが従来のランサムウェア配布方法を使用して拡散中

Cry128 は 2017 年 4 月 22 日から PC ユーザーへの攻撃を開始しました。主に RDP (Remote Desktop Protocol: リモート・デスクトップ・プロトコル) を経由して被害者を攻撃し、総当り攻撃でターゲットのサーバーにアクセスするためのログイン・キーを手に入れようとします。そのような攻撃から身を守るには、かなり複雑なパスワードを使用し、管理者権限でのアクセスには別のアカウントを使用すべきであり (ほとんどの人は管理者アカウントを使用しており、その結果攻撃主はすでにログイン名を知っているために総攻撃プロセスがやり易くなります)、当然ながら、2 要素認証を使用すべきなのです。もちろん、システムはアクティブで最新鋭のセキュリティ・ソフトウェアを使用して常に護られねばなりません。他の従来方式のマルウェア配布手法と言えば、エクスプロイト・キットと併せてマルスパムおよびマルバタイジングを上げねばならないでしょう。そのような手法の方がより洗練されているとみなされており、それ故にこれらはランサムウェアの専門回によってのみ用いられているものですが、ここでは Cerber または Locky を上げておきましょう。

Cry128 ランサムウェアの攻撃リサーチャーが示しているのは Cry128 ウィルスによって暗号化されたファイルの見た目の姿です。それらのファイルには被害者の ID と .onion のウェブサイト・アドレスが含まれた新しい拡張子が付けられています。

Cry128 ランサムウェアを削除してファイルを復号する

躊躇せず、Cry128 を除去してファイル復号プロシージャを始められるようにしましょう。リサーチャーはすでにこのランサムウェア用のデクリプタを公表しています。しかし、ここでご忠告しておかねばならないことは、このデクリプタではまだ悪意のあるランサムウェアの全バージョンを復号することはできないということです。ほとんどのものには効果があるため、確実に使ってみるべきではあります。始める前に、以下に記載されているガイドを使用して Cry128 の除去を完了してください。ファイルを復号したら、将来 PC がランサムウェアに感染した場合に備え、忘れずにデータのバックアップを作成してください。

オファー
今すぐ!
ダウンロードする
Reimage 満足度
保障
ダウンロードする
Intego 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 Supported versions OS Xに対応 Supported versions
うまくいかない場合は?
Reimage Intego を使用してもウィルスによるダメージを取り除けなかった場合は、弊社のサポートチームに 質問を送信 し、できるだけ詳しい情報をお送りください。
Reimage Intego には無料の限定スキャナがあります。 Reimage Intego の完全版を購入されると、スキャンを通じてその他の機能もご利用いただけます。無料スキャナで問題が検出されたら、手動による無料修復ツールを使用して修復するか、自動的にそれらを修復するために完全版をご購入いただくこともできます。
代替ソフト
それぞれのソフトウェアには各々の目的があります。Reimage では感染したファイルを修復できなかった場合は、SpyHunter 5 をお試しください。
代替ソフト
それぞれのソフトウェアには各々の目的があります。Intego では感染したファイルを修復できなかった場合は、Combo Cleaner をお試しください。

手動 Cry128ウイルス削除方法:

Safe Mode with Networking を使用して Cry128 を削除

  • 手順 1: Safe Mode with Networking へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Safe Mode with Networking を選択 'Safe Mode with Networking' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Networking を選択します。 'Enable Safe Mode with Networking' を選択
  • 手順 2: 削除 Cry128

    感染しているアカウントへログインし、ブラウザを起動します。ReimageIntego または信頼できるアンチスパイウェアプログラムをダウンロードします。フルスキャンの前にアップデートを行い、感染したランサムウェアに属する悪意のあるファイルを削除し、 Cry128 の削除を完了します。

ランサムウェアによってSafe Mode with Networking がブロックされている場合は、さらなる方法を試してください。

System Restore を使用して Cry128 を削除

  • 手順 1: Safe Mode with Command Prompt へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Command Prompt を選択 'Safe Mode with Command Prompt' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Command Prompt を選択します。 'Enable Safe Mode with Command Prompt' を選択
  • 手順 2: システムファイルと設定の復元
    1. Command Prompt ウィンドウが表示されたら、 cd restore を入力し Enter をクリックします。 引用符なしで 'cd restore' を入力し、 'Enter' を押下します
    2. ここで rstrui.exe を入力し、もう一度 Enter を押下します。. 引用符なしで 'rstrui.exe' を入力し、 'Enter' を押下します
    3. 新しいウィンドウが表示されたら、 Next をクリックし、Cry128 が侵入する前の復元ポイントを選択します。選択後、 Next をクリックします。 'System Restore' ウィンドウが表示されたら、 'Next' を選択します 復元ポイントを選択し、 'Next' をクリックします
    4. ここで Yes をクリックし、システムの復元を開始します。 'Yes' をクリックし、システムの復 を開始します
    システムを前の日の日付に復元したら、ReimageIntego をダウンロードして PC をスキャンし、Cry128 の除去が正常に行われたことを確認してください。

おまけ: データの復元

上記のガイドは PC から Cry128 を除去するために役立つはずです。暗号化されたファイルを復元するには、uirusu.jp のセキュリティ専門家が用意した詳しいガイドを使用されることをお勧めします。

このウィルスは明らかに貧弱なプログラミングになっているため、身代金を支払う事を選択肢の 1 つとして考える必要もありません。つまり、無料でファイルを復元できる可能性がかなり高いということです。すでに Fabian Wosar によって作られたデクリプタがあり、必ずしもこのランサムウェアの全てのバージョンに効果があるとは言えませんが、大半のものに実際に効果があります。その上、リサーチャーはこのツールの改善に取り組んでいるため、心配はありません。

ファイルが Cry128 によって暗号化された場合、それらを復元する方法はいくつかあります。

Cry128 復号ツール

Fabian の作成した製品は Emsisoft の公式ウェブサイト、Cry129 decryption tool download (Cry129 復号ツール・ダウンロード) からダウンロードできます。使い方ガイド はこちらでご覧いただけます。

最後に、クリプト・ランサムウェアから身を守るよう、常に気をつけてください。Cry128 やその他のランサムウェアからコンピュータを守るためには、 ReimageIntegoSpyHunter 5Combo CleanerMalwarebytes などの評価が高いアンチスパイウェアを使用してください

政府のスパイ行為を許してはいけません

政府は利用者のデータの追跡あるいは市民へのスパイ行為に関しては多くの問題を抱えています。そこで、このことを考慮に入れて、怪しい情報収集の行いについて学びましょう。インターネット上では完全匿名にすることにより、迷惑な政府系の追跡行為を避けましょう。

オンラインにアクセスするために違うロケーションを選択し、特定のコンテンツ制限もなく、オンラインに接続して欲しいものにアクセスする時、別の場所を選択することができます。 Private Internet Access VPN を使用すると、ハッキングされるリスクがなく、簡単にインターネット接続をお楽しみいただけます。

政府の他の迷惑な当事者によりアクセス可能な情報をコントロールし、スパイ行為を受けずにオンラインサーフィンをお楽しみください。不法行為に関与しておらず、また自分のサービス、プラットフォームのセレクションを信頼していたとしても、自分自身の安全性を常に疑い、 VPN サービスを使用して予防的措置を講じておきましょう。

マルウェアの攻撃に遭った場合に備えて、バックアップファイルを作りましょう

コンピュータを使用していると、サイバー感染や自分のうっかりミスによりいろいろなものを失くして困ることがあります。マルウェアによって生じるソフトウェアの問題や暗号化による直接的なデータの損失から端末の問題や恒久的なダメージに繋がる恐れがあります。そんな時に適切な 最新のバックアップ があれば、そのような場面に遭遇しても簡単に元通りに回復して仕事に戻れます。

端末に何か変更を加えたらバックアップを取っておけば、マルウェアが何かを変更したり端末の問題が原因でデータの破壊やパフォーマンスの低下が発生した時点に戻すことができるため、バックアップの作成は不可欠です。元に戻せる機能を利用して、日常の、あるいは毎週ごとの習慣としてバックアップを取るようにしましょう。

なにか重要なドキュメントやプロジェクトの前のバージョンを取ってあれば、ストレスや障害も防げます。マルウェアが突如として現れた場合に大変便利です。システム復元には Data Recovery Pro をぜひご利用ください。

著者について
Gabriel E. Hall
Gabriel E. Hall - 情熱的なウィルス・リサーチャー

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

Gabriel E. Hall に連絡する
Esolutions について

出典:https://www.2-spyware.com/remove-cry128-ransomware-virus.html
他言語による除去ガイド

Cry128 ransomware virusについてのあなたの意見