重大度:  
  (100/100)

CryptoLocker. 除去するには? (アンインストール・ガイド)

12

CryptolockerはFBI virusPolice Central e-crime Unit virusDepartment of Justice virusやその他の多くの脅威を作り出したサイバー犯罪者と同じグループにより開発された危険なランサムウェアです。前述されたウイルスと同様にCryptolockerはユーザーの個人のファイルをブロックし、$300USDを支払うよう要求する警告を表示する。しかし、このウイルスには少し新しい部分があります:

Cryptolockerはこれらのファイルを非対称暗号化を使用しロックダウンします。これはファイルをアンロックするには2つの異なる暗号鍵が必要なことを意味します。前述したランサムウェアの大部分は特定の方法を使用し無効化することができましたが、このウイルスは対策に抵抗しています。唯一の解決方法はサイバー犯罪者のみ知っている2個目の鍵を手に入れることだ。Cryptolockerの警告によればユーザーは限られた時間で身代金を支払わなければなりません。そうしない場合、ユーザーは別れを告げることになります。

どのようにCryptolockerはコンピューターに感染するのか?

専門家によるとCrptolockerは正式に見える電子メールを使用し拡散されている。大抵、未納代金や未納税、領収書など似通った形式で人々が悪意のある添付ファイルを簡単に開くようにする。添付ファイルが開かれるや否やコンピューターは危険なウイルスに感染しユーザーのファイルを暗号化する。通常このウイルスは次に示す拡張子を持っているファイルをロックする:3fr、accdb、ai、arw、bay、cdr、cer、cr2、crt、crw、dbf、dcr、der、dng、doc、docm、docx、dwg、dxf、dxg、eps、erf、indd、jpe、jpg、kdc、mdb、mdf、mef、mrw、nef、nrw、odb、odm、odp、ods、odt、orf、p12、p7b、p7c、pdd、pef、pem、pfx、ppt、pptm、pptx、psd、pst、ptx、r3d、raf、raw、rtf、rw2、rwl、srf、srw、wb2、wpd、wps、xlk、xls、xlsb、xlsm、xlsx。

もしあなたのコンピューターがCryptolockerに感染したと思う場合、時間を無駄にせず次のガイドに従ってほしい:

CRYPTOLOCKERの除去方法は?

たいていの場合、ユーザーはシステムの回復もしくは次のアプリケーションでシステムの完全スキャンを行いファイルへのアクセスを回復できる: ReimageMalwarebytes Anti Malware。システムのブロックを回避するには次のステップに従ってください:

  1. 感染したコンピューターを’コマンドプロンプト付のセーフモード’で再起動しウイルスを無効化する(これはどんな脅威にも有効なはずです)

  2. Regeditを実行する

  3. Winlogonの項目を探し、explorer.exeや空白でない項目を全て書き出す。それら全てをexplorer.exeと置換する。

  4. 書き出したファイルのレジストリを探しファイルを参照している全てのキーを削除する。

  5. 再起動し、最新のスパイウェア対策ソフトでシステムの完全スキャンをする。

しかし、もしこれがうまくいかない場合は、あなたがファイルの復元をできない非常に大きな可能性があります。

私たちはこのような感染に対する予防策をとっておくことを強く推奨します。予防には前述したプログラムが使用できます。それに加え、ファイルの耐性とバックアップについて考えることを忘れないでください。バックアップにはUSB接続の外付けハードディスク、CD、DVDもしくはオンライン上のGoogle Drive、Dropbox、Flickrやその他を使用できます。最後にこの記事を読みCryptolockerやその他のランサムウェアウイルスについてよく知っておいてください:

このサイトで勧めているいかなる製品も私たちはアフィリエイトパートナーの場合があります。使用許諾に明記されています。 CryptoLockerのスパイウエアを除去するため、提供されるいかなるアンチスパイウエアをダウンロードする場合もプライーバシーポリシー及び使用許諾を承諾する。
今すぐ!
ダウンロードする
CryptoLockerの除去ソフト 満足度
保障
ダウンロードする
CryptoLockerの除去ソフト 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 OS Xに対応
重要: 手動での補助が必要です。 これは手動で解決しない限り1つもしくはすべてのパラサイトを除去できないことを意味します下記の手動で除去する場合の指示を読んでください。
CryptoLocker のアンインストールには Reimage をお勧めします。無料のスキャナで、あなたの PC が感染しているかどうかをチェックできます。マルウェアを除去する必要がある場合は、Reimage マルウェア除去ツールのライセンス版を購入する必要があります。

このプログラムに関する詳しい情報は、Reimage のレビューをご覧ください。
CryptoLocker のアンインストールには Reimage をお勧めします。無料のスキャナで、あなたの PC が感染しているかどうかをチェックできます。マルウェアを除去する必要がある場合は、Reimage マルウェア除去ツールのライセンス版を購入する必要があります。

このプログラムに関する詳しい情報は、Reimage のレビューをご覧ください。
の別記を押して下さいReimage
の別記を押して下さいReimage
代替ソフト
Plumbytes Anti-Malware
Plumbytes Anti-MalwareによるCryptoLockerの除去の効率を検証しました。 (2016-02-22)
Malwarebytes Anti Malware
Malwarebytes Anti MalwareによるCryptoLockerの除去の効率を検証しました。 (2016-02-22)
Webroot SecureAnywhere AntiVirus
Webroot SecureAnywhere AntiVirusによるCryptoLockerの除去の効率を検証しました。 (2016-02-22)
CryptoLockerのスクリーンキャプチャ
CryptoLockerのスクリーンキャプチャCryptoLockerのスクリーンキャプチャCryptoLockerのスクリーンキャプチャCryptoLockerのスクリーンキャプチャ

方法 1. Safe Mode with Networking を使用して CryptoLocker を削除

手順 1: Safe Mode with Networking へコンピュータを再起動
Windows 7 / Vista / XP
  • Start Shutdown Restart OK をクリック.
  • コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
  • リストから Safe Mode with Networking を選択
'Safe Mode with Networking' を選択
Windows 10 / Windows 8
  • Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
  • ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
  • コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Networking を選択します。
'Enable Safe Mode with Networking' を選択
手順 2: 削除 CryptoLocker

感染しているアカウントへログインし、ブラウザを起動します。Reimage または信頼できるアンチスパイウェアプログラムをダウンロードします。フルスキャンの前にアップデートを行い、感染したランサムウェアに属する悪意のあるファイルを削除し、 CryptoLocker の削除を完了します。

ランサムウェアによってSafe Mode with Networking がブロックされている場合は、さらなる方法を試してください。

Reimageはマルウェアを探る道具です。影響を全て無くさせて欲しい方は、プールバージュンを買って下さい。 Reimageについての詳しい情報.

方法 2. System Restore を使用して CryptoLocker を削除

手順 1: Safe Mode with Command Prompt へコンピュータを再起動
Windows 7 / Vista / XP
  • Start Shutdown Restart OK をクリック.
  • コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
  • リストから Command Prompt を選択
'Safe Mode with Command Prompt' を選択
Windows 10 / Windows 8
  • Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
  • ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
  • コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Command Prompt を選択します。
'Enable Safe Mode with Command Prompt' を選択
手順 2: システムファイルと設定の復元
  • Command Prompt ウィンドウが表示されたら、 cd restore を入力し Enter をクリックします。 引用符なしで 'cd restore' を入力し、 'Enter' を押下します
  • ここで rstrui.exe を入力し、もう一度 Enter を押下します。. 引用符なしで 'rstrui.exe' を入力し、 'Enter' を押下します
  • 新しいウィンドウが表示されたら、 Next をクリックし、CryptoLocker が侵入する前の復元ポイントを選択します。選択後、 Next をクリックします。 'System Restore' ウィンドウが表示されたら、 'Next' を選択します 復元ポイントを選択し、 'Next' をクリックします
  • ここで Yes をクリックし、システムの復元を開始します。 'Yes' をクリックし、システムの復 を開始します
システムを前の日の日付に復元したら、Reimage をダウンロードして PC をスキャンし、CryptoLocker の除去が正常に行われたことを確認してください。
Reimageはマルウェアを探る道具です。影響を全て無くさせて欲しい方は、プールバージュンを買って下さい。 Reimageについての詳しい情報.

最後に、クリプト・ランサムウェアから身を守るよう、常に気をつけてください。CryptoLocker やその他のランサムウェアからコンピュータを守るためには、 ReimagePlumbytes Anti-MalwareWebroot SecureAnywhere AntiVirusMalwarebytes Anti Malware などの評価が高いアンチスパイウェアを使用してください

Ugnius Kiguolis
Ugnius Kiguolis - マルウェア除去のエキスパート

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

CryptoLocker 手動による除去

プロセスの停止
[random].exe

ファイルの削除
[random].exe

他言語による除去ガイド