重大度:  
  (99/100)

CryptXXX 2.0 ransomware ウィルス. 除去するには? (アンインストール・ガイド)

12

CryptXXX 2.0 ランサムウェア: 何が起きるの?

IT 分野のニュースをフォローしているなら、CryptXXX ウィルスというのを聞いたことがあるでしょう。残念ながら、悪いお知らせがあります。これが新しい形で舞い戻ってきました — CryptXXX 2.0 ウィルスです。このランサムウェアの主な影響は、こっそりとシステムに感染し、個人ファイルを見つけ出し、それらを暗号化することです。問題がこれで終わりだと思ったら間違いです。このウィルスはデータと交換に、数百ドルを要求してきます。あなたのファイルもロックされているなら、無謀な行為は慎んで、お金を支払わないでください。支払いトランザクションを起こしたからといって、暗号化されたデータが復元される保証はありません。ですから、CryptXXX 2.0 を除去することを考えた方が賢明です。

このランサムウェアの元のバージョンは 2016 年 3 月に猛威を振るいました。数千人のユーザーがこのウィルスへの感染を報告しています。さらに、IT の専門家は上述のウィルスと Reveton マルウェアとの関連性も発見しました。幸いなことに、短期間のうちに、暗号解除ツールの開発に成功しました。CryptXXX 2.0 ランサムウェアの方はと言うと、この脅威の開発者たちはこの流れを断ち切りました。現時点では、有効な暗号解除ツールはありません。このウィルスは Google Decrypter を購入するように提案しています。しかし、そのような言葉にだまされて、ウィルスが勧めるようなソフトウェアをインストールするようなことはしてはいけません。仮にそれでファイルの暗号か解除されても、別のランサムウェアが PC に潜り込めるような抜け穴を作る可能性もあります。データの復元のためには、PhotoRecR-studio などのプログラムがあります。ですが、ロックされたデータの復元については、高望みをしない方がよいでしょう。

The ransom note of CryptXXX 2.0 virus

CryptXXX 2.0 の動き方

CryptXXX 2.0 マルウェアの新情報として、もう一つ、既存の合法的なファイルである rundll32.exe をsvchost.exe に書き換える能力があります。後に、このファイルがウィルスをアクティブにするための主要な触媒の役を果たします。このウィルスが 545CC72F3463.bmp、545CC72F3463.html、545CC72F3463.txt の各ファイルを落としこむと、被害者は支払いに進む方法や暗号化されたファイルの暗号解除方法についてのガイドが記載されたメッセージが表示されているのを見ることになります。その配布方法の話をすると、このウィルスは主に、トロイとして知られている開発キットを通じて広まります。CryptXXX 2.0 は Bedep および Angler の感染に関連があることが判明しています。トロイは PC に感染すると、通常単独で動作します。これは個人の銀行情報を盗んだり、動いているシステムを破壊したりするために作られます。さらに、トロイはランサムウェアを拡散する一般的なツールでもあります。マルウェア自体に偽装する能力があり、感染させることなくシステムに忍び込むこともできるため、ハッカーがその中にランサムウェアを隠すのです。CryptXXX 2.0 および関連のあるトロイじを除去するには、Reimage のような強力なアンチ・スパイウェアが必要です。

CryptXXX 2.0 の除去オプション

このマルウェアは IT の専門家たちからも、その複雑さにおいて既に数多くの評価を受けています。ですから、CryptXXX 2.0 ウィルスを終了させるための最も効果のあるソリューションは、セキュリティ・プログラムを走らせてスキャンを実行することです。アンチ・スパイウェア・ソフトは、特にランサムウェアやマイナーな仮想脅威を取り除くようにデザインされています。自信がある方は、手動によるガイドで CryptXXX 2.0 の除去を試みることもできます。ガイドの各ステップを実行するにあたっては、よくよく注意することを忘れないでください。ウィルスの除去が完了したら、代替のデータ・ストレージをお考えください。もちろん、PC に保管し、定期的にバックアップと実行したり、USB スティックや DVD などに保管することもできます。

このサイトで勧めているいかなる製品も私たちはアフィリエイトパートナーの場合があります。使用許諾に明記されています。 CryptXXX 2.0 ransomware ウィルスのスパイウエアを除去するため、提供されるいかなるアンチスパイウエアをダウンロードする場合もプライーバシーポリシー及び使用許諾を承諾する。
今すぐ!
ダウンロードする
Reimage (リムーバ) 満足度
保障
ダウンロードする
Reimage (リムーバ) 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 OS Xに対応
うまくいかない場合は?
Reimage を使用しても感染を取り除けない場合は、弊社サポート・チームに 質問を送信 し、できるだけ詳しい内容をお知らせください。
CryptXXX 2.0 ransomware ウィルス のアンインストールには Reimage をお勧めします。 無料のスキャナで、あなたの PC が感染しているかどうかをチェックできます。マルウェアを除去する必要がある場合は、Reimage マルウェア除去ツールのライセンス版を購入する必要があります。
このプログラムに関する詳しい情報は、Reimage のレビューをご覧ください。
の別記を押して下さいReimage

手動 CryptXXX 2.0ウイルス削除方法:

Safe Mode with Networking を使用して CryptXXX 2.0 を削除

  • 手順 1: Safe Mode with Networking へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Safe Mode with Networking を選択 'Safe Mode with Networking' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Networking を選択します。 'Enable Safe Mode with Networking' を選択
  • 手順 2: 削除 CryptXXX 2.0

    感染しているアカウントへログインし、ブラウザを起動します。Reimage または信頼できるアンチスパイウェアプログラムをダウンロードします。フルスキャンの前にアップデートを行い、感染したランサムウェアに属する悪意のあるファイルを削除し、 CryptXXX 2.0 の削除を完了します。

ランサムウェアによってSafe Mode with Networking がブロックされている場合は、さらなる方法を試してください。

System Restore を使用して CryptXXX 2.0 を削除

  • 手順 1: Safe Mode with Command Prompt へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Command Prompt を選択 'Safe Mode with Command Prompt' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Command Prompt を選択します。 'Enable Safe Mode with Command Prompt' を選択
  • 手順 2: システムファイルと設定の復元
    1. Command Prompt ウィンドウが表示されたら、 cd restore を入力し Enter をクリックします。 引用符なしで 'cd restore' を入力し、 'Enter' を押下します
    2. ここで rstrui.exe を入力し、もう一度 Enter を押下します。. 引用符なしで 'rstrui.exe' を入力し、 'Enter' を押下します
    3. 新しいウィンドウが表示されたら、 Next をクリックし、CryptXXX 2.0 が侵入する前の復元ポイントを選択します。選択後、 Next をクリックします。 'System Restore' ウィンドウが表示されたら、 'Next' を選択します 復元ポイントを選択し、 'Next' をクリックします
    4. ここで Yes をクリックし、システムの復元を開始します。 'Yes' をクリックし、システムの復 を開始します
    システムを前の日の日付に復元したら、Reimage をダウンロードして PC をスキャンし、CryptXXX 2.0 の除去が正常に行われたことを確認してください。

最後に、クリプト・ランサムウェアから身を守るよう、常に気をつけてください。CryptXXX 2.0 やその他のランサムウェアからコンピュータを守るためには、 ReimagePlumbytes Anti-MalwareWebroot SecureAnywhere AntiVirusMalwarebytes Anti Malware などの評価が高いアンチスパイウェアを使用してください

著者について

Ugnius Kiguolis
Ugnius Kiguolis - マルウェア除去のエキスパート

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

他言語による除去ガイド