重大度:  
  (99/100)

CryptXXX 3.0 ランサムウェア・ウィルス. 除去するには? (アンインストール・ガイド)

記入者 ジェイク・ドウ - - | タイプ: ブラウザ・ハイジャッカー
12

CryptXXX 3.0 ウィルスに関する重要情報

まだ CryptXXX ウィルスのどのバージョンにも遭遇したことがないなら、ラッキーだと思ったほうがよいでしょう。ただし、ハッカーが CryptXXX 3.0 ウィルスをリリースしたため、遭遇する可能性が高まったとも言えます。このマルウェアは最も貴重な情報を暗号化するようにプログラムされています。理屈から言えば、要求された身代金を支払った後でデータを復元できることになっています。実際には、お金を支払った後でデータを復元できたというユーザーの報告は 1 つもありません。このバージョンは比較的新しいため、その主要なターゲットがどこの国やユーザーなのかは分かっていません。いずれにせよ、この脅威についての知識を得ておくこと、また CryptXXX 3.0 の除去方法について予め知っておく方が良いでしょう。そのためには、Reimage が便利です。

元のバージョンのリリース後、暗号解除キーを発行した後でハッカーたちは IT の専門家たちによって反撃をくらいました。短期間のうちに、サイバー犯罪者たちはこの流れを修正することに成功し、すぐに CryptXXX 2.0 ウィルスを作り上げました。このようにして、サイバー犯罪者たちに別のバージョンを作らせてしまったことで、IT の専門家は再び「失敗」を犯したと言えるかもしれません。彼らはハッカーに追いつき、別の暗号解除キーを発行しました。残念ながら、CryptXXX 3.0 ランサムウェアのサイバー犯罪者たちはそこで諦めることなく、新しいバージョンを発行しました。いずれにせよ、IT 専門家のこれまでの成功を考えれば、この脅威があなたに襲いかかってきた場合、サイバー・セキュリティの専門家がこのウィルスに対する暗号解除ソフトを作成するまでしばらく待った方がいいかもしれません。

The picture revealing CryptXXX 3.0 virus

このウィルスはどう動くの?

以前のバージョンと同じく、CryptXXX 3.0 マルウェアはレジストリ・キーの一部を変更して独自のものに置き換えます。これでウィルスがあなたの PC を乗っ取ることができるのです。暗号化プロセスが終了すると、ウィルスは PC に .bmp .html および .txt ファイルを残します。一瞬のうちに、画面いっぱいにファイルの暗号を解除するために次に取るべきアクションについて指示する内容のメッセージが表示されます。ウィルスは Tor ブラウザをダウンロードすること、そしてデータを取り戻す代わりに $500 以上を支払うことを勧めてきます。PhotoRec および R-studio プログラムを使えば、個人データを復元することができる場合があります。データを復元するという甘い考えは捨てて、代わりに CryptXXX 3.0 の除去を考えられる方がよいかもしれません。

いかなる脅威をも防ぐためには、その転送方法に注意を払うことが大切です。CryptXXX 3.0 はスパムの Eメール経由で拡散する可能性がありますが、トロイ方式での拡散を最も好むようです。このような仮想脅威は合法的なファイルとして通過してしまうような技術的特性が特に嫌われる理由となっています。専門家はこのウィルスが Angler 開発キットおよび Reveton マルウェアに関連していることを突き留めています。それらをブロックするには、PC に感染する前にこのような脅威を前もって検出できるようなアンチ・スパイウェアをインストールしておくことが何と言っても重要です。また、見知らぬウェブサイトや P2P ファイル共有ドメインにアクセスする際にも注意を払う必要があります。

CryptXXX 3.0 は除去できるの?

幸いなことに、アンチ・スパイウェア・プログラムがあれば CryptXXX 3.0 ウィルスを終了させることは難しくありません。このプログラムは、インターネットをどれくらいの頻度で、あるいはどのような目的で使用するかに関わらず、あらゆるユーザーの PC に存在しているでしょう。CryptXXX 3.0 の除去を正しく行えるように、アンチ・スパイウェア・プログラムを更新することを忘れないようにしてください。場合によっては、ウィルスがインターネットや一部のセキュリティ・プログラムへのアクセスをブロックすることがあります。もしこのような状況に対処しなくてはならなくなったら、アクセスを回復する方法について、下記のガイドをお読みください。最後に、オペレーティング・システムがクリーンになったら、再びウィルスが PC を占拠した場合に備えて、個人データを格納する代替手段について考えておかれると良いでしょう。

このサイトで勧めているいかなる製品も私たちはアフィリエイトパートナーの場合があります。使用許諾に明記されています。 CryptXXX 3.0 ランサムウェア・ウィルスのスパイウエアを除去するため、提供されるいかなるアンチスパイウエアをダウンロードする場合もプライーバシーポリシー及び使用許諾を承諾する。
今すぐ!
ダウンロードする
Reimage (リムーバ) 満足度
保障
ダウンロードする
Reimage (リムーバ) 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 OS Xに対応
うまくいかない場合は?
Reimage を使用しても感染を取り除けない場合は、弊社サポート・チームに 質問を送信 し、できるだけ詳しい内容をお知らせください。
CryptXXX 3.0 ランサムウェア・ウィルス のアンインストールには Reimage をお勧めします。 無料のスキャナで、あなたの PC が感染しているかどうかをチェックできます。マルウェアを除去する必要がある場合は、Reimage マルウェア除去ツールのライセンス版を購入する必要があります。
このプログラムに関する詳しい情報は、Reimage のレビューをご覧ください。
の別記を押して下さいReimage

手動 CryptXXX 3.0ウイルス削除方法:

Safe Mode with Networking を使用して CryptXXX 3.0 を削除

  • 手順 1: Safe Mode with Networking へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Safe Mode with Networking を選択 'Safe Mode with Networking' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Networking を選択します。 'Enable Safe Mode with Networking' を選択
  • 手順 2: 削除 CryptXXX 3.0

    感染しているアカウントへログインし、ブラウザを起動します。Reimage または信頼できるアンチスパイウェアプログラムをダウンロードします。フルスキャンの前にアップデートを行い、感染したランサムウェアに属する悪意のあるファイルを削除し、 CryptXXX 3.0 の削除を完了します。

ランサムウェアによってSafe Mode with Networking がブロックされている場合は、さらなる方法を試してください。

System Restore を使用して CryptXXX 3.0 を削除

  • 手順 1: Safe Mode with Command Prompt へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Command Prompt を選択 'Safe Mode with Command Prompt' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Command Prompt を選択します。 'Enable Safe Mode with Command Prompt' を選択
  • 手順 2: システムファイルと設定の復元
    1. Command Prompt ウィンドウが表示されたら、 cd restore を入力し Enter をクリックします。 引用符なしで 'cd restore' を入力し、 'Enter' を押下します
    2. ここで rstrui.exe を入力し、もう一度 Enter を押下します。. 引用符なしで 'rstrui.exe' を入力し、 'Enter' を押下します
    3. 新しいウィンドウが表示されたら、 Next をクリックし、CryptXXX 3.0 が侵入する前の復元ポイントを選択します。選択後、 Next をクリックします。 'System Restore' ウィンドウが表示されたら、 'Next' を選択します 復元ポイントを選択し、 'Next' をクリックします
    4. ここで Yes をクリックし、システムの復元を開始します。 'Yes' をクリックし、システムの復 を開始します
    システムを前の日の日付に復元したら、Reimage をダウンロードして PC をスキャンし、CryptXXX 3.0 の除去が正常に行われたことを確認してください。

最後に、クリプト・ランサムウェアから身を守るよう、常に気をつけてください。CryptXXX 3.0 やその他のランサムウェアからコンピュータを守るためには、 ReimagePlumbytes Anti-MalwareWebroot SecureAnywhere AntiVirusMalwarebytes Anti Malware などの評価が高いアンチスパイウェアを使用してください

著者について

Jake Doe
Jake Doe

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

出典:https://www.2-spyware.com/remove-cryptxxx-3-0-ransomware-virus.html

他言語による除去ガイド