重大度:  
  (99/100)

CryptXXX ransomware ウィルス. 除去するには? (アンインストール・ガイド)

記入者 オリビア・モレリ - - | タイプ: ブラウザ・ハイジャッカー
12

CryptXXX ウィルスについて知っておくべきことは?

サイバー犯罪者たちは仮想コミュニティに対して気を緩めるチャンスを与えたくないようで、新しい CryptXXX ウィルスを投入してきました。これはランサムウェアとみなされているため、その主な目的は、もちろん、貴重なデータの暗号化です。確かに、ハッカーたちがこのようなアクティビティで儲かるようにしていなければ、サイバー犯罪者たちもこれほど新しいウィルスを作ることに関わってはこなかったでしょう。悪名高いウィルスである CryptoWallTeslaCrypt 4.0 の成功を羨んで、詐欺師たちは PC 一台につき 515 ドルを要求しています。最初のうちは、どのランサムウェアも大抵は 400 ドルを越えるような要求はしていませんでした。今ではサイバー犯罪者たちの強欲さによりその額が上がり続けています。あなたの PC がこのマルウェアに乗っ取られたら、まずすべきことはお金をかき集めることではなく、CryptXXX の除去を優先することです。そのために弊社がお手伝いしているのです。この記事では、このできたてホヤホヤのランサムウェアとその予防方法について詳しくお知らせしています。

CryptXXX ランサムウェアはどうやって広まるの?

サイバー・セキュリティの専門家は、このウィルスはわりと最近になって投入されたことを発見しました。最初にウィルスの兆しに気付いたのは 3 月下旬でした。さらに、どうやら CryptXXX にはターゲットにする被害者の選別はないようです。サン・パウロだろうがアバーディーンだろうが、また北京だろうが、どこに住んでいてもこのウィルスがオペレーティング・システムの戸口に現れる可能性があります。Proofpoint の専門家は、この仮想脅威の背後には Reveton ウィルスを投入したサイバー犯罪者のグループと同じグループがいるだろうと疑っています。彼らがこのような結論に至ったわけは、Reveton も CryptXXX も、どちらのウィルスも個人の被害者のデータを盗もうとする傾向があると気付いたからです。どちらのウィルスも開発キットの Angler 経由で広まります。開発キットと言えば、IT 専門家はこれを「ファイルのない感染」とも呼んでいますが、これはそのずる賢い見てくれや、できるだけシステムに痕跡を残さないようにする能力から来ています。さらに、開発キットはトロイとしてやってくる場合もあります。PC に侵入するまでは、合法的なファイルを装う傾向があるのです。後に、その恐ろしいコンテンツ、即ちランサムウェアを「荷解き」します。ですから、ユーザー1人ひとりが、例えば Reimage のようなアンチ・スパイウェアをインストールし、そのようなマルウェアに対抗してシステムをモニタすることをぜひお勧めします。

The picture revealing CryptXXX ransomware

さらに、スパムの Eメール経由で CryptXXX マルウェアが PC に感染する可能性も除外できません。次から次へとハッカーたちが開発キットを使ってランサムウェアを配布する方向にシフトしてきているとはいえ、まだかなりの数のウィルスが Eメールの添付ファイルを装っています。たとえ政府機関からの Eメールを受け取ったとしても、怪しい添付ファイルを含んでいる可能性のあるメールには引き続き注意して、開かないようにしましょう。ひとたび荷解きされると、CryptXXX は自動実行して次のような形式の重要と思われるファイルの暗号化を始めます – doc, .xls, .mp4, .mp3, .png, .txt, .jpg, など。しばらくすると、ランサムウェアはシステムに de_crypt_readme.bmp、de_crypt_readme.txt、および de_crypt_readme.html の各ファイルを落としていきます。数分のうちに、暗号化されたファイルに関して記述したメモが現れます。前述のように、急いで CryptXXX を除去すべきです。

CryptXXX の除去

その複雑な構造と精巧な転送方法を考えると、すぐに自動除去を選択した方がよいでしょう。CryptXXX を除去してくれるアンチ・スパイウェアをインストールしてください。ランサムウェアの一部のバージョンではアンチ・ウィルス・プログラムをを無効にしたり、マルウェア除去ツールを提供しているサイトへのアクセスをブロックしたりしているため、これが唯一の選択肢となるでしょう。このように、アンチ・スパイウェア・プログラムをが除去プロセスを終了してから、アンチ・ウィルス・ソフトを有効にしてください。その後で、データ保管の代替方法を見つけてください。PC に保管することもできますが、ランサムウェアの攻撃に遭った時に失わないようにするために、必ずバックアップをとってください。さらに、USB スティックなどのデジタル・データ・ストレージ・デバイスなどを使うとなお良いでしょう。最後に、もし充分に自信がある場合は、CryptXXX ウィルスを手動で除去することも可能です。その方法については、下記をお読みください。

このサイトで勧めているいかなる製品も私たちはアフィリエイトパートナーの場合があります。使用許諾に明記されています。 CryptXXX ransomware ウィルスのスパイウエアを除去するため、提供されるいかなるアンチスパイウエアをダウンロードする場合もプライーバシーポリシー及び使用許諾を承諾する。
今すぐ!
ダウンロードする
Reimage (リムーバ) 満足度
保障
ダウンロードする
Reimage (リムーバ) 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 OS Xに対応
うまくいかない場合は?
Reimage を使用しても感染を取り除けない場合は、弊社サポート・チームに 質問を送信 し、できるだけ詳しい内容をお知らせください。
CryptXXX ransomware ウィルス のアンインストールには Reimage をお勧めします。 無料のスキャナで、あなたの PC が感染しているかどうかをチェックできます。マルウェアを除去する必要がある場合は、Reimage マルウェア除去ツールのライセンス版を購入する必要があります。
このプログラムに関する詳しい情報は、Reimage のレビューをご覧ください。
の別記を押して下さいReimage

手動 CryptXXXウイルス削除方法:

Safe Mode with Networking を使用して CryptXXX を削除

  • 手順 1: Safe Mode with Networking へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Safe Mode with Networking を選択 'Safe Mode with Networking' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Networking を選択します。 'Enable Safe Mode with Networking' を選択
  • 手順 2: 削除 CryptXXX

    感染しているアカウントへログインし、ブラウザを起動します。Reimage または信頼できるアンチスパイウェアプログラムをダウンロードします。フルスキャンの前にアップデートを行い、感染したランサムウェアに属する悪意のあるファイルを削除し、 CryptXXX の削除を完了します。

ランサムウェアによってSafe Mode with Networking がブロックされている場合は、さらなる方法を試してください。

System Restore を使用して CryptXXX を削除

  • 手順 1: Safe Mode with Command Prompt へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Command Prompt を選択 'Safe Mode with Command Prompt' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Command Prompt を選択します。 'Enable Safe Mode with Command Prompt' を選択
  • 手順 2: システムファイルと設定の復元
    1. Command Prompt ウィンドウが表示されたら、 cd restore を入力し Enter をクリックします。 引用符なしで 'cd restore' を入力し、 'Enter' を押下します
    2. ここで rstrui.exe を入力し、もう一度 Enter を押下します。. 引用符なしで 'rstrui.exe' を入力し、 'Enter' を押下します
    3. 新しいウィンドウが表示されたら、 Next をクリックし、CryptXXX が侵入する前の復元ポイントを選択します。選択後、 Next をクリックします。 'System Restore' ウィンドウが表示されたら、 'Next' を選択します 復元ポイントを選択し、 'Next' をクリックします
    4. ここで Yes をクリックし、システムの復元を開始します。 'Yes' をクリックし、システムの復 を開始します
    システムを前の日の日付に復元したら、Reimage をダウンロードして PC をスキャンし、CryptXXX の除去が正常に行われたことを確認してください。

最後に、クリプト・ランサムウェアから身を守るよう、常に気をつけてください。CryptXXX やその他のランサムウェアからコンピュータを守るためには、 ReimagePlumbytes Anti-MalwareWebroot SecureAnywhere AntiVirusMalwarebytes Anti Malware などの評価が高いアンチスパイウェアを使用してください

著者について

Olivia Morelli
Olivia Morelli

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

他言語による除去ガイド