重大度:  
  (14/100)

“Error #268D3” ウィルスを除去する (リムーバルインストラクション) - 2017年Sep月更新

記入者 ジェイク・ドウ - - | タイプ: アドウェア

“Error #268D3” ウィルスを見分けるには?

“Error #268D3” virus

PC が “Error #268D3” ウィルスに感染したら、閲覧中に迷惑なポップアップ・メッセージが表示されたり、 Microsoftsupportdesk.com や他の偽のサイトにリダイレクトされるようになったりします。

“Error #268D3” マルウェアは Microsoft のロゴが一面に表示されている怪しいウェブサイトを開き、このようなウェブサイトでは直ちに “ ** あなたの PC はブロックされました ** “ という一行で始まる大きな警告画面がポップアップ表示されます。その下にはエラーコードの #268D3 が書かれ、すぐにテクニカル・サポートに電話するようにと書かれています。

メッセージには、ユーザーの PC がウィルスやスパイウェアに感染しており、パスワードやクレジットカードの詳細情報、また写真が盗まれているとい書かれています。このメッセージでは、5 分以内に表示された電話番号に電話をかけるように要求しています。そうしないと PC が動かなくなると言うのです。ご心配はいりません。5 分、10 分、またそれ以上たっても、PC が動かなくなることはありません。

このようにして、このアドウェア・タイプのソフトはあなたを怖気づかせようとしているのです。このようなばかげたメッセージが表示されたら、無視した上で、今すぐにエラー #268D3 というエラー・ウィルスを PC から除去しなければなりません。相手は偽のテクニカル・サポート詐欺師であり、あなたを怖気づかせて指定した番号に電話をかけさせることを目的としているからです。次の偽のテクニカル・サポート番号には「電話をかけないでください」:

  • 855-712-8551
  • 855-976-9325
  • 855-466-6491

Error #268D3 alert“Error #268D3” ウィルス

テクニカル・サポート詐欺師の目的は?

“Error #268D3” 詐欺師たちが目指しているのは、PC ユーザーに電話をかけさせることであり、その主たる目的は PC ユーザーから PC へのアクセス権を得ることです。そうすることで、詐欺師たちはトロイやウィルス、またワームなどの悪意のあるプログラムを PC システムに置くことができるわけです。それらを使ってあなたを盗み見て、個人情報や銀行の情報を盗み出そうとするため、注意してください。

しかし、詐欺師の中には被害者の PC へのアクセスを求めない代わりに、話をしながら偽のアンチ・スパイウェアやアンチ・マルウェア・プログラムを買わせようとする者もいます。そのような詐欺師にだまされたいためには、“Error #268D3” という広告に気付いた時点ですぐに、最近 PC システムにインストールされたプログラムのリストを調べるべきです。

PC に不慣れなユーザーの場合は、Reimage Reimage Cleaner Intego のような良く知られた信頼のおけるアンチ・マルウェア・プログラムを使って “Error #268D3# アドウェアを検出することもできますが、ご希望であれば “Error #268D3” を手動で除去することもできます。“Error #268D3” を上手に除去するには、2 ページ記載のガイドをお読みください。

Error #268D3 はどうやって PC を乗っ取ったの?

通常、このような潜在的に迷惑なプログラム (PUP) は他のフリー・ソフトと一緒に拡散され、知らないうちにインストールされていることがあります。

このような追加プログラムの存在についての記述が「デフォルト」あるいは「標準」インストール設定に隠されているためにこのような事が起きるのですが、大半の PC ユーザーがこれらのインストール方式を信頼するものです。

オプションのアプリのインストールを避けるには、「カスタム」または「拡張」オプションを選択し、不要な追加プログラムの選択を外して、インストールしないようにしてください。そうしてから、いつものようにインストール・プロセスを完了すればよいでしょう。

従業員やご家族のみなさんにもソフトウェアの正しいインストール方法をお知らせして、テクニカル・サポート詐欺についても注意されることをお勧めします。

PC から Error #268D3 アドウェアを除去するには?

Error #268D3 ウィルスはできるだけ素早く除去すべきですが、それはこのプログラムが PC のパフォーマンスを劣化させ、果てしなくポップアップ広告を生み出し、PC ユーザーを騙そうとするからです。

サイバー犯罪者たちは Microsoft という名前に隠れて騙そうとしますが、Error #268D3 広告は偽物であること、また Microsoft 社とは無縁であることを覚えて置かねばなりません。Microsoft 社のサポートでは、あなたの個人情報やクレジットカードの詳細情報を電話で提供するように求めることは決してありません。

PC の画面に次々と現れるこのような偽の警告を止めるには、Error #268D3 を自動または手動により除去する方法を用いるべきです。ご自分に合った方法を選び、すぐさまこのアドウェア・パラサイトを消去してしまいましょう。

ウィルスによる破損は Reimage Reimage Cleaner Intego を利用して取り除くことができます。 潜在的に迷惑なプログラムおよびウィルスと、関連の全てのファイルおよびレジストリエントリの検出には SpyHunter 5Combo Cleaner および Malwarebytes をお勧めします。

オファー
今すぐ!
ダウンロードする
Reimage 満足度
保障
ダウンロードする
Intego 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 Supported versions OS Xに対応 Supported versions
うまくいかない場合は?
Reimage Intego を使用してもウィルスによるダメージを取り除けなかった場合は、弊社のサポートチームに 質問を送信 し、できるだけ詳しい情報をお送りください。
Reimage Intego には無料の限定スキャナがあります。 Reimage Intego の完全版を購入されると、スキャンを通じてその他の機能もご利用いただけます。無料スキャナで問題が検出されたら、手動による無料修復ツールを使用して修復するか、自動的にそれらを修復するために完全版をご購入いただくこともできます。
代替ソフト
それぞれのソフトウェアには各々の目的があります。Reimage では感染したファイルを修復できなかった場合は、SpyHunter 5 をお試しください。
代替ソフト
それぞれのソフトウェアには各々の目的があります。Intego では感染したファイルを修復できなかった場合は、Combo Cleaner をお試しください。

手動 “Error #268D3”ウイルス削除方法:

削除する“Error #268D3” からWindows システム

  1. Start Control Panel Programs and Featuresをクリック(Windows XPのユーザーであれば、Add/Remove Programsをクリック)。 'Start -> Control Panel -> Programs and Features'をクリック('Windows XP'のユーザーであれば、'Add/Re move Programs'をクリック)。
  2. Windows 10 / Windows 8ユーザーはスクリーン左下を右クリック。Quick Access Menuが表示されたらControl PanelUninstall a Programを選択。 'Windows 10 / Windows 8'ユーザーはスクリーン左下 右クリック。'Quick Access Menu'が表示されたら'Control Panel'と'Uninstall a Program'を選択。
  3. “Error #268D3”と関連プログラムのアンインストール
    ここで“Error #268D3”とそれ以外に最近インストールした不審なプログラムを見つける。
  4. アンインストール後、OKをクリックし変更を保存する。 不審な各エントリーを右 リックし'Uninstall'を選択

削除する“Error #268D3” からMac OS X system

  1. OS Xを使用している場合は、画面左上のGoボタンをクリックしApplicationsを選択 'Go'をクリックし'Applications'を 択
  2. Applicationsフォルダが表示されたら“Error #268D3”もしくは他の不審なプログラムを探し、それぞれ右クリックしMove to Trashを選択する。 悪質なエントリー全て をクリックし'Move to Trash'を選択

削除する“Error #268D3” からInternet Explorer (IE)

  1. 危険なアドオン(拡張機能)の削除
    Internet Explorerを開きブラウザー右上のツール(IEメニューの歯車アイコン)をクリック、Manage Add-onsを選択。 メニューアイコンをク リックし'Manage add-ons'を選択
  2. Manage Add-onsウィンドウが開く。 “Error #268D3”やその他の不審なプラグインを探し、Disableをクリックし無効にする: 悪質な各エントリーを 右クリックし'Disable'を 選択
  3. ウイルスの影響でホームページも改ざんされていれば変更する:
    ブラウザー右上のツール(メニューの歯車アイコン)をクリックしInternet Optionsを選択。タブはGeneralのままで。
  4. ここでは悪質なURLを削除し希望のドメイン名を入力。Applyで変更を保存。 悪質なURLを削除した後ユ ザー希望のドメインを入 し、'Apply'をクリックし 変更を保存
  5. Internet Explorerのリセット
    ツール(メニューの歯車アイコン)に再度行き、Internet optionsを選択。Advancedのタブを開く。
  6. Resetを選択。
  7. 新しいウィンドウが開いたら、Delete personal settingsをチェックの上Resetを選択し“Error #268D3”の削除を完了する。 'Advanced'のタブに行き'Reset' ボタンをクリックした後 'Delete personal settings'を選択し'Reset'ボタ を再度押す

Microsoft Edge から “Error #268D3” ウィルスを除去する

Microsoft Edge の設定をリセット (メソッド 1):

  1. Microsoft Edge アプリを起動し、[More] (画面の右上コーナーにある 3 つのドット) をクリックします。
  2. [Settings] をクリックしてオプションの詳細を表示します。
  3. [Settings] ウィンドウが表示されたら、[Clear browsing data] オプションの下にある [Choose what to clear] ボタンをクリックします。 設定に移動して ['Choose what to clear'] を選択します
  4. ここで、除去したいものをすべて選択し、[Clear] をクリックします。 ['Clear'] ボタンを選択します
  5. 今度は [Start] ボタン (Windows ロゴ) を右クリックしてください。ここで、[Task Manager] を選択します。 [スタート] メニューを開き、['Task Manager'] を選択します
  6. [Processes] タブで、Microsoft Edge を探します。
  7. その上で右クリックし、[Go to details] オプションを選びます。[Go to details] オプションがない場合は、[More details] をクリックして前のステップを繰り返します。 ['Microsoft Edge'] を右クリックして、['G o to details'] を選択します ['Go to details'] オプションが表示され ない場合は ['More details'] を選択します
  8. [Details] タブが表示されたら、Microsoft Edge という名前が入っているエントリをすべで探します。それぞれの上で右クリックし、[End Task] を選択してこれらのエントリを終了します。 Microsoft Edge のエントリを見つけて ['End Task'] を選択します

[Microsoft Edge] ブラウザをリセットする (メソッド 2):

メソッド 1 がうまくいかなかった場合は、より詳細な Edge のリセット・メソッドを行う必要があります。

  1. メモ: このメソッドを使用する前に、データをバックアップする必要があります。
  2. PC でこのフォルダを見つけます。 C:\Users\%username%\AppData\Local\Packages\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe.
  3. そこに保存されている全てのエントリを選択し、マウスで右クリックします。次に、[Delete] オプションを選択します。 PC の Microsoft Edge フォルダに移動し、全 てのエントリで右クリ ックしてから ['Delete'] をクリックします
  4. [Start] ボタン (Windows ロゴ) をクリックし、[Search my stuff] の行に [window power] と入力します。
  5. [Windows PowerShell] エントリを右クリックし、[Run as administrator] を選択します。 [Windows PowerShell] を見つけたら、右クリ ックして ['Run as administrator'] を選択します
  6. [管理者: Windows PowerShell] ウィンドウが開いたら、次のコマンドラインを PS C:\WINDOWS\system32> の後ろに貼り付けて、 [Enter] を押します:
    Get-AppXPackage -AllUsers -Name Microsoft.MicrosoftEdge | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register $($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml -Verbose}
    必要なコマンドをコピ ー & ペーストし、['Enter'] を押します

これらのステップが終了すると、[Microsoft Edge] ブラウザから “Error #268D3” が除去されるはずです。

削除する“Error #268D3” からMozilla Firefox (FF)

  1. 危険な拡張機能を削除
    Mozilla Firefoxを開き右上のメニューアイコンをクリック。Add-ons Extensionsを選択する。 メニューアイコン クリックし'Add-ons 'を選択
  2. “Error #268D3”とその他の不審なプラグインを選ぶ。 Removeを選択し、エントリーを削除する。 'Extensions'を選び悪質なエ トリーを見つけ、'Remove' 削除
  3. Mozilla Firefoxのリセット
    左上のFirefoxメニューをからクエスチョン•マークをクリック。Troubleshooting Informationを選択する。 メニューのアイコンを クリックし、'?'で'Troub leshooting Information'を選択
  4. Reset FirefoxボタンのついたReset Firefox to its default stateが表示される。 このボタンを数回クリックし、“Error #268D3”の削除を完了する。 'Reset Firefox'ボタンを数 押す

削除する“Error #268D3” からGoogle Chrome

  1. 悪質なプラグインの削除
    Google Chromeを開き右上のメニューアイコンをクリック。Tools Extensionsを選択する。 メニューのアイコ をクリックし、'T ools'と'Extensions'を 択
  2. ここで“Error #268D3”とその他の悪質なプラグインを選択し、ゴミ箱アイコンを選びこれらを削除する。 悪質なエントリーを探し ゴミ箱アイコンを押しそ ぞれ削除する
  3. 再度メニューアイコンをクリックし、Search欄からSettings Manage Search enginesを選択。 'Settings'上の'Manage search engines...'を選択
  4. Search Engines...が開いたら、悪質な検索サイトを削除する。Googleもしくはユーザー希望のドメイン名のみを残す。 'X'をクリックし悪質なURLを 除する
  5. Google Chromeのリセット
    Google Chromeの右上のメニューアイコンをクリックし、Settingsを選択。
  6. ページの一番下までスクロールしReset browser settingsをクリック。 'Settings'のページをス ロールダウンし'Reset browser settings'ボタンをクリッ ク
  7. Resetをクリックし変更を確認し、“Error #268D3”の削除を完了する。 'Reset'ボタンを リックし削除 を完了させる

削除する“Error #268D3” からSafari

  1. 危険な拡張機能を削除
    Safariウェブブラウザーを開き、画面左上のメニューよりSafariをクリック。その後Preferencesを選択する。 'Safari'をクリックし'Preferen ces'を選択
  2. Extensionsを選択し“Error #268D3”もしくは他の不審なエントリーを見つけ、Uninstallボタンをクリックしそれぞれ削除する。 'Extensions'から悪質な拡 張機能をアンインスト ール
  3. Safariのリセット
    Safariブラウザーを開き画面左上のメニュー欄から Safariをクリックする。 'Safari'をクリックし'Reset Safari...'を選択
  4. 次の画面では詳細なリセットオプションが表示される。通常オプションは全てチェックされているが、リセット希望の項目を選択する事も可能である。 Resetボタンをクリックし “Error #268D3”の削除を完了させる。 全てのオプションを選 択し'Reset'ボタンをク ック

著者について

Jake Doe
Jake Doe

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

Jake Doe に連絡する
Esolutions について

出典:https://www.2-spyware.com/remove-error-268d3-virus.html

他言語による除去ガイド


“Error #268D3” virusについてのあなたの意見