重大度:  
  (98/100)

FBI Cybercrime Division ウィルスを除去する

ルシア・デーンズ - -
12

FBI Cybercrime Division ウイルスはランサムウエアの脅威です。このウイルスはFBI ウイルスと類似しており、インチキな警告でコンピューターユーザーの金銭をだまし取ります。被害者が実際の政府機関との取引であると信じ込ませるために、この有害なプログラムは最初にコンピューターをロックアウトして人質に取ります。結果として被害者は次に示すような巨大な警告のみを見せられます: ‘FBI. CYBERCRIME DIVISION, International Cyber Protection Alliance. 警告!あなたのコンピューターは下記の理由のうち最低一つの違反によりロックアウトされました。’大抵の場合、FBI Cybercrime Divisionウイルスはユーザーが幾つかの違法行為をしたために300$の罰金を払う必要があると主張します。それに加え、ウイルスは被害者のコンピューターのインターネット接続を遮断し、コンピューターすべての機能をロックアウトします。覚えていただきたい重要なことは、実際の政府機関は罰金を徴収する際にコンピューターをロックアウトしないということです。表示される警告は信ぴょう性があるように見えますが絶対に信じないでください。あなたのIPアドレスや住所等が表示されたとしてもこのインチキな警告を無視し、感染を駆除すべきです。

どのように FBI Cybercrime Division ウイルスに感染するのか?

FBI Cybercrime Division ウイルスはトロイの木馬により拡散されています。プログラムはスパム、偽のアップデートや類似する感染したダウンロードに隠されています。さらに、様々な違法なサイトが拡散に利用されています。ゲームやギャンブルのサイトは避けたほうがよいでしょう。トロイの木馬はコンピューターに侵入すると直ちにコンピューターのシステムすべてをロックアウトし、アメリカ合衆国の法律を犯したと主張します。それによるとユーザーはIPとISPにより特定され、Greendot Moneypakを使用し$300の罰金を払わなければならないと表示します:

FBI CYBERCRIME DIVISION
International Cyber Security Protection Alliance
警告!
あなたのコンピューターは下記の理由いずれかの最低一つに当てはまるためブロックアウトされました。
著作権およびその関係法の侵害。(ビデオ、音楽、ソフトウェア)および違法な使用もしくは著作権で保護されたコンテンツの配布により第一条第二節第八款、もしくはアメリカ合衆国著作権法の違法侵害に当たります。
第一条第二節第八款に当たる犯罪は最低$200から$500の罰金、もしくは2年から8年の禁固刑に該当します。
あなたは違法なポルノグラフィーのコンテンツ(児童ポルノ/獣姦)を視聴もしくは配布しています。これによりアメリカ合衆国の第一条第二節第八款にある犯罪に当たります。
(…)
罰金は警告の72時間以内にのみ支払いができます。72時間が過ぎると直ちに罰金を支払えなくなり、次の72時間以内に犯罪として立件されます。コンピューターのロックアウト解除をするにはMoneyPakを通じ$300を支払ってください。罰金の支払い後1から72時間以内にコンピューターのロックアウトは解除されます。
コンピューターのブロックアウトが解除された後7日間以内に違法行為を正してください。もしすべての違法行為が7日後に正されていない場合はあなたのコンピューターは再びロックアウトされ上記の法律が適用され立件されます。

この警告全ては巨大な詐欺で、あなたの金銭をだまし取ろうとしているだけです。どうか警告を無視し FBI Cybercrime Division ウイルスをシステムから消去してください。

FBI Cybercrime Division ウイルスの駆除方法は?

FBI Cybercrime Division ウイルスを駆除しようとする際、最初にコンピューターのロックアウトを解除する必要があります。ロックアウトされたコンピューターをまともなアンチマルウエアソフトでスキャンするには次に従ってください:

* フラッシュドライブによる方法:

1. ほかのコンピューターを使用しPlumbytes Anti-MalwareWebroot SecureAnywhere AntiVirus Malwarebytes Anti MalwareもしくはSTOPzillaをダウンロードします。
2. プログラムを更新しUSBメモリもしくはCDにインストールします。
3. その間に感染したコンピューターをコマンドプロンプト付のセーフモードで再起動しUSBメモリを挿入します。
4. FBI Cybercrime Division ウイルスに感染したコンピューターをもう一度再起動しシステムの完全スキャンを実行します。

* FBI Cybercrime Division ウイルスに感染したユーザーはWindowsの他のアカウントにログイン可能です。もしそのようなアカウントに管理者権限がある場合はアンチマルウエアプログラムの起動が可能なはずです。

* ランサムウエアを機能させなくするためFlashを無効にしてください。Flashを無効にするにはマクロメディアのサポートサイトへ行き’拒否’を選択します: http://www.macromedia.com/support/documentation/en/flashplayer/help/help09.html. その後アンチマルウエアプログラムでシステムの完全スキャンを実行してください。

* 手動で FBI Cybercrime Division ウイルスを駆除する場合:

  1. 感染したコンピューターを’コマンドプロンプト付のセーフモード’で再起動し FBI Cybercrime Division ウイルスを無効にします (この方法はすべてのバージョンの脅威で有効なはずです)
  2. Regeditを実行します
  3. WinLogonの項目を探しexplorer.exeもしくは空白でないすべてのファイル名を書き出します。それらをexplorer.exeに置き換えます。
  4. レジストリで書き出したファイルを探し、ファイルを参照しているキーを削除します。
  5. 残っている FBI Cyber Crime Divisionウイルスのファイルを消去するため再起動し、更新された Plumbytes Anti-MalwareWebroot SecureAnywhere AntiVirus でシステムの完全スキャンを実行します。私たちはMalwarebytes Anti Malwareもしくは STOPzillaの使用も推奨します。

自動的な FBI Cybercrime Division ウイルス 駆除

このサイトで勧めているいかなる製品も私たちはアフィリエイトパートナーの場合があります。使用許諾に明記されています。 FBI Cybercrime Division ウイルスのスパイウエアを除去するため、提供されるいかなるアンチスパイウエアをダウンロードする場合もプライーバシーポリシー及び使用許諾を承諾する。
FBI Cybercrime Division ウイルス のアンインストールには Plumbytes Anti-Malware をお勧めします。無料のスキャナで、あなたの PC が感染しているかどうかをチェックできます。マルウェアを除去する必要がある場合は、Plumbytes Anti-Malware マルウェア除去ツールのライセンス版を購入する必要があります。
FBI Cybercrime Division ウイルス のアンインストールには Webroot SecureAnywhere AntiVirus をお勧めします。無料のスキャナで、あなたの PC が感染しているかどうかをチェックできます。マルウェアを除去する必要がある場合は、Webroot SecureAnywhere AntiVirus マルウェア除去ツールのライセンス版を購入する必要があります。
代替ソフト
Malwarebytes Anti Malware
Malwarebytes Anti MalwareによるFBI Cybercrime Division ウイルスの除去の効率を検証しました。 (2014-12-30)
FBI Cybercrime Division ウイルスのスクリーンキャプチャ
FBI Cybercrime Division ウイルスのスクリーンキャプチャFBI Cybercrime Division ウイルスのスクリーンキャプチャ
出典:http://www.2-spyware.com/remove-fbi-cybercrime-division-virus.html