重大度:  
  (98/100)

FBI Cybercrime Division ウィルスを除去する (無料インストラクション) - 2014年Dec月更新

記入者 Jake Doevan - -   Ukash virus | タイプ: ランサムウェア

FBI Cybercrime Division ウィルスの目的

FBI Cybercrime Division virus

FBI Cybercrime Division ウイルスはランサムウエアの脅威です。このウイルスはFBI ウイルスと類似しており、インチキな警告でコンピューターユーザーの金銭をだまし取ります。被害者が実際の政府機関との取引であると信じ込ませるために、この有害なプログラムは最初にコンピューターをロックアウトして人質に取ります。

結果として被害者は次に示すような巨大な警告のみを見せられます: ‘FBI. CYBERCRIME DIVISION, International Cyber Protection Alliance. 警告!あなたのコンピューターは下記の理由のうち最低一つの違反によりロックアウトされました。

'大抵の場合、FBI Cybercrime Divisionウイルスはユーザーが幾つかの違法行為をしたために300$の罰金を払う必要があると主張します。それに加え、ウイルスは被害者のコンピューターのインターネット接続を遮断し、コンピューターすべての機能をロックアウトします。

覚えていただきたい重要なことは、実際の政府機関は罰金を徴収する際にコンピューターをロックアウトしないということです。表示される警告は信ぴょう性があるように見えますが絶対に信じないでください。

あなたのIPアドレスや住所等が表示されたとしてもこのインチキな警告を無視し、感染を駆除すべきです。

FBI Cybercrime Division virusFBI Cybercrime Division ウイルス

どのように FBI Cybercrime Division ウイルスに感染するのか?

FBI Cybercrime Division ウイルスはトロイの木馬により拡散されています。プログラムはスパム、偽のアップデートや類似する感染したダウンロードに隠されています。さらに、様々な違法なサイトが拡散に利用されています。

ゲームやギャンブルのサイトは避けたほうがよいでしょう。トロイの木馬はコンピューターに侵入すると直ちにコンピューターのシステムすべてをロックアウトし、アメリカ合衆国の法律を犯したと主張します。

それによるとユーザーはIPとISPにより特定され、Greendot Moneypakを使用し$300の罰金を払わなければならないと表示します:

FBI CYBERCRIME DIVISION
International Cyber Security Protection Alliance
警告!
あなたのコンピューターは下記の理由いずれかの最低一つに当てはまるためブロックアウトされました。
著作権およびその関係法の侵害。(ビデオ、音楽、ソフトウェア)および違法な使用もしくは著作権で保護されたコンテンツの配布により第一条第二節第八款、もしくはアメリカ合衆国著作権法の違法侵害に当たります。
第一条第二節第八款に当たる犯罪は最低$200から$500の罰金、もしくは2年から8年の禁固刑に該当します。
あなたは違法なポルノグラフィーのコンテンツ(児童ポルノ/獣姦)を視聴もしくは配布しています。これによりアメリカ合衆国の第一条第二節第八款にある犯罪に当たります。
(…)
罰金は警告の72時間以内にのみ支払いができます。72時間が過ぎると直ちに罰金を支払えなくなり、次の72時間以内に犯罪として立件されます。コンピューターのロックアウト解除をするにはMoneyPakを通じ$300を支払ってください。罰金の支払い後1から72時間以内にコンピューターのロックアウトは解除されます。
コンピューターのブロックアウトが解除された後7日間以内に違法行為を正してください。もしすべての違法行為が7日後に正されていない場合はあなたのコンピューターは再びロックアウトされ上記の法律が適用され立件されます。

この警告全ては巨大な詐欺で、あなたの金銭をだまし取ろうとしているだけです。

どうか警告を無視し FBI Cybercrime Division ウイルスをシステムから消去してください。

FBI Cybercrime Division ウイルスの駆除方法は?

FBI Cybercrime Division ウイルスを駆除しようとする際、最初にコンピューターのロックアウトを解除する必要があります。ロックアウトされたコンピューターをまともなアンチマルウエアソフトでスキャンするには次に従ってください:

 

オファー
今すぐ!
ダウンロードする
Reimage 満足度
保障
ダウンロードする
Intego 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 Supported versions OS Xに対応 Supported versions
うまくいかない場合は?
Reimage Intego を使用してもウィルスによるダメージを取り除けなかった場合は、弊社のサポートチームに 質問を送信 し、できるだけ詳しい情報をお送りください。
Reimage Intego には無料の限定スキャナがあります。 Reimage Intego の完全版を購入されると、スキャンを通じてその他の機能もご利用いただけます。無料スキャナで問題が検出されたら、手動による無料修復ツールを使用して修復するか、自動的にそれらを修復するために完全版をご購入いただくこともできます。
代替ソフト
それぞれのソフトウェアには各々の目的があります。Reimage では感染したファイルを修復できなかった場合は、SpyHunter 5 をお試しください。
代替ソフト
それぞれのソフトウェアには各々の目的があります。Intego では感染したファイルを修復できなかった場合は、Combo Cleaner をお試しください。

手動 FBI Cybercrime Divisionウイルス削除方法:

Safe Mode with Networking を使用して FBI Cybercrime Division を削除

* フラッシュドライブによる方法:

1. ほかのコンピューターを使用しReimage Reimage Cleaner Intego SpyHunter 5Combo CleanerもしくはMalwarebytesをダウンロードします。
2. プログラムを更新しUSBメモリもしくはCDにインストールします。
3. その間に感染したコンピューターをコマンドプロンプト付のセーフモードで再起動しUSBメモリを挿入します。
4. FBI Cybercrime Division ウイルスに感染したコンピューターをもう一度再起動しシステムの完全スキャンを実行します。

* FBI Cybercrime Division ウイルスに感染したユーザーはWindowsの他のアカウントにログイン可能です。もしそのようなアカウントに管理者権限がある場合はアンチマルウエアプログラムの起動が可能なはずです。

  • 手順 1: Safe Mode with Networking へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Safe Mode with Networking を選択 'Safe Mode with Networking' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Networking を選択します。 'Enable Safe Mode with Networking' を選択
  • 手順 2: 削除 FBI Cybercrime Division

    感染しているアカウントへログインし、ブラウザを起動します。Reimage Reimage Cleaner Intego または信頼できるアンチスパイウェアプログラムをダウンロードします。フルスキャンの前にアップデートを行い、感染したランサムウェアに属する悪意のあるファイルを削除し、 FBI Cybercrime Division の削除を完了します。

ランサムウェアによってSafe Mode with Networking がブロックされている場合は、さらなる方法を試してください。

System Restore を使用して FBI Cybercrime Division を削除

  • 手順 1: Safe Mode with Command Prompt へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Command Prompt を選択 'Safe Mode with Command Prompt' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Command Prompt を選択します。 'Enable Safe Mode with Command Prompt' を選択
  • 手順 2: システムファイルと設定の復元
    1. Command Prompt ウィンドウが表示されたら、 cd restore を入力し Enter をクリックします。 引用符なしで 'cd restore' を入力し、 'Enter' を押下します
    2. ここで rstrui.exe を入力し、もう一度 Enter を押下します。. 引用符なしで 'rstrui.exe' を入力し、 'Enter' を押下します
    3. 新しいウィンドウが表示されたら、 Next をクリックし、FBI Cybercrime Division が侵入する前の復元ポイントを選択します。選択後、 Next をクリックします。 'System Restore' ウィンドウが表示されたら、 'Next' を選択します 復元ポイントを選択し、 'Next' をクリックします
    4. ここで Yes をクリックし、システムの復元を開始します。 'Yes' をクリックし、システムの復 を開始します
    システムを前の日の日付に復元したら、Reimage Reimage Cleaner Intego をダウンロードして PC をスキャンし、FBI Cybercrime Division の除去が正常に行われたことを確認してください。

おまけ: データの復元

上記のガイドは PC から FBI Cybercrime Division を除去するために役立つはずです。暗号化されたファイルを復元するには、uirusu.jp のセキュリティ専門家が用意した詳しいガイドを使用されることをお勧めします。

ファイルが FBI Cybercrime Division によって暗号化された場合、それらを復元する方法はいくつかあります。

最後に、クリプト・ランサムウェアから身を守るよう、常に気をつけてください。FBI Cybercrime Division やその他のランサムウェアからコンピュータを守るためには、 Reimage Reimage Cleaner IntegoSpyHunter 5Combo CleanerMalwarebytes などの評価が高いアンチスパイウェアを使用してください

政府のスパイ行為を許してはいけません

政府は利用者のデータの追跡あるいは市民へのスパイ行為に関しては多くの問題を抱えています。そこで、このことを考慮に入れて、怪しい情報収集の行いについて学びましょう。インターネット上では完全匿名にすることにより、迷惑な政府系の追跡行為を避けましょう。

オンラインにアクセスするために違うロケーションを選択し、特定のコンテンツ制限もなく、オンラインに接続して欲しいものにアクセスする時、別の場所を選択することができます。 Private Internet Access VPN を使用すると、ハッキングされるリスクがなく、簡単にインターネット接続をお楽しみいただけます。

政府の他の迷惑な当事者によりアクセス可能な情報をコントロールし、スパイ行為を受けずにオンラインサーフィンをお楽しみください。不法行為に関与しておらず、また自分のサービス、プラットフォームのセレクションを信頼していたとしても、自分自身の安全性を常に疑い、 VPN サービスを使用して予防的措置を講じておきましょう。

マルウェアの攻撃に遭った場合に備えて、バックアップファイルを作りましょう

コンピュータを使用していると、サイバー感染や自分のうっかりミスによりいろいろなものを失くして困ることがあります。マルウェアによって生じるソフトウェアの問題や暗号化による直接的なデータの損失から端末の問題や恒久的なダメージに繋がる恐れがあります。そんな時に適切な 最新のバックアップ があれば、そのような場面に遭遇しても簡単に元通りに回復して仕事に戻れます。

端末に何か変更を加えたらバックアップを取っておけば、マルウェアが何かを変更したり端末の問題が原因でデータの破壊やパフォーマンスの低下が発生した時点に戻すことができるため、バックアップの作成は不可欠です。元に戻せる機能を利用して、日常の、あるいは毎週ごとの習慣としてバックアップを取るようにしましょう。

なにか重要なドキュメントやプロジェクトの前のバージョンを取ってあれば、ストレスや障害も防げます。マルウェアが突如として現れた場合に大変便利です。システム復元には Data Recovery Pro をぜひご利用ください。

著者について
Jake Doevan
Jake Doevan - 人生は、ウィルスなんかに費やす場合でないほど短いものです

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

Jake Doevan に連絡する
Esolutions について

出典:https://www.2-spyware.com/remove-fbi-cybercrime-division-virus.html
他言語による除去ガイド

FBI Cybercrime Division virusについてのあなたの意見