重大度:  
  (99/100)

.GDCB ファイル拡張子ウィルス. 除去するには? (アンインストール・ガイド)

記入者 ガブリエル E. ホール - - | タイプ: ランサムウェア

GDCB ウィルスは GandCrab ランサムウェアのバージョンの 1 つ

An example of files locked by .GDCB file extension virus

GDCB ウィルスは悪名高い GandCrab ランサムウェア のバージョンの 1 つです。この有害な暗号化タイプのウィルスは Rig および GrandSoft の各エクスプロイト・キット やスパム・メールの添付ファイル経由で拡散されています。ランサムウェアの実行ファイルが開かれると、ウィルスはターゲットの PC 上にあるほとんどの個人ファイル (.doc、.txt、.jpg、.png、.audio、.video など) に .GDCB というファイル拡張子を 1 つひとつ付加してロックします。そのために、強力な AES 暗号化手法を用いており、有効な復元キーがないとファイルが使えないようになってしまいます。

GDCB ランサムウェアがファイルの暗号化を終えると、デスクトップと暗号化されたデータが入っている全てのフォルダに GDCB-DECRYPT.txt というファイルが作成されます。このいわゆる身代金メモと呼ばれるものには、被害者に対して以下を行うよう指示が書かれています:

1. Download Tor browser – https://www.torproject.org/
2. Install Tor browser
3. Open Tor Browser
4. Open link in tor browser: http://gdcbghvjyqy7jclk.onion/[id]
5. Follow the instructions on this page

詐欺師によると、これらのステップを開始して身代金を送金する以外に .GDCB ファイル・ウィルスによって暗号化されたファイルを復元することはできないとのことです。犯罪者は GrandCrab デクリプタに 1.54 DASH を支払うよう要求していますが、これは 1200 USD に相当します。このウィルスによってロックされたデータが重要なものである場合、身代金の送金も考えたくなるかもしれません。

しかし、サイバー・セキュリティの専門家はそうしないことを勧めています。なぜなら、詐欺師と何らかの取引をするということは、他の問題にもつながる可能性があるからです。GrandCrab ランサムウェアの開発者が推奨しているデクリプタが GDCB ウィルスをあなたの PC から取り除いてくれる保証などないのです。

身代金を支払う代わりに、ReimagePlumbytes Anti-MalwareWebroot SecureAnywhere AntiVirus、また Malwarebytes Anti Malware やその他の強力なアンチウィルス・プログラムで GDCB を除去し、専用のデータ復元ツールや Shadow Volume Copies を使ってファイルを復元する方が良いでしょう。現時点では、ウィルスはこれらを削除してはいないようです。その他のデータ復元オプションについては、本記事末尾をお読みください。

もっと強力なスパム・フィルタでランサムウェアの拡散を抑えられる

このランサムウェア・ウィルスの開発者は、Rig エクスプロイト・キットや GrandSoft エクスプロイト・キット、およびマルバタイジングといった配布戦略を採っています。最初の 2 つのメソッドは、SQL サーバーで悪意のあるコードの実行を許してしまうシステムの脆弱性を通じて開始されます。うまくいった場合、詐欺師たちはシステム上で有害なプログラムを実行させて遠隔操作で個人ファイルをロックしてしまいます。残念ながら、エクスプロイト・キットから身を守ることは可能ではあるものの、難しいタスクとなります。できることと言えば、OS やアンチウィルスを定期的に更新することですが、それでも 100% の安全は保証されません。

エクスプロイト・キットとは別に、ランサムウェアの開発者は悪意のある添付ファイルを付けたメールを拡散する方法を好みます。そのようなメールには疑わしい件名が付けられており、例として Receipt Feb-21310 [任意の数字] などがあり、本文がありません。さらに、送信者は不明で、文法のミスやタイポが見受けられます。GandCrab ランサムウェア・ウィルスの最新版として知られているものは @cdkconstruction.org というメール・アドレス (先頭部分は毎回異なる) を通じて拡散されています。その全ての場合において、レターには .doc ファイルが添付されています。ほをんどのランサムウェア・ウィルスはこのようなマルスパム手法を用いています。そこで、専門家 は怪しいメールには一切触れないことをお勧めしています。メッセージを毎回よくチェックして、怪しいと分かったらスパムとして報告してください。

GDCB ランサムウェアをクリック 1 つで除去する

PC に gdcb-decrypt.txt というファイルがあったら、PC に重大なウィルスがあることを意味します。通常、身代金を支払うか否かを考える時間はほとんどありません。現時点では無料の GDCB デクリプタはないため、それを手に入れられる唯一の手段は指定された金額分の DASH コインを送金して、犯罪者が有料のデクリプタを送ってくれるのを待つだけということになります。

しかし、よく考えねばならないのは、GDCB ウィルスは除去した方が良いということです。暗号化されたファイルは全てウィルスと一緒に除去されるものの、別のデータ復元メソッド(以下にリストアップ)を使用して暗号を解除するには、あちこち変更することになります。

GDCB ランサムウェアをシステムから除去するには、専用のアンチマルウェア・プログラムを使う必要があります。というのも、IT スペシャリストであっても、何の痕跡も残さずに複雑なウィルスを駆除することはほぼ不可能だからです。

このサイトで勧めているいかなる製品も私たちはアフィリエイトパートナーの場合があります。使用許諾に明記されています。 .GDCB ファイル拡張子ウィルスのスパイウエアを除去するため、提供されるいかなるアンチスパイウエアをダウンロードする場合もプライーバシーポリシー及び使用許諾を承諾する。
今すぐ!
ダウンロードする
Reimage (リムーバ) 満足度
保障
ダウンロードする
Reimage (リムーバ) 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 OS Xに対応
うまくいかない場合は?
Reimage を使用しても感染を取り除けない場合は、弊社サポート・チームに 質問を送信 し、できるだけ詳しい内容をお知らせください。
.GDCB ファイル拡張子ウィルス のアンインストールには Reimage をお勧めします。 無料のスキャナで、あなたの PC が感染しているかどうかをチェックできます。マルウェアを除去する必要がある場合は、Reimage マルウェア除去ツールのライセンス版を購入する必要があります。
このプログラムに関する詳しい情報は、Reimage のレビューをご覧ください。
の別記を押して下さいReimage

手動 .GDCBウイルス削除方法:

Safe Mode with Networking を使用して .GDCB を削除

.GDCB ファイル拡張子ウィルスを Safe Mode with Networking で取り除くには、以下のガイドをお読みください。これでアンチウィルスを軌道して、完全なスキャンを行うことができます。

  • 手順 1: Safe Mode with Networking へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Safe Mode with Networking を選択 'Safe Mode with Networking' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Networking を選択します。 'Enable Safe Mode with Networking' を選択
  • 手順 2: 削除 .GDCB

    感染しているアカウントへログインし、ブラウザを起動します。Reimage または信頼できるアンチスパイウェアプログラムをダウンロードします。フルスキャンの前にアップデートを行い、感染したランサムウェアに属する悪意のあるファイルを削除し、 .GDCB の削除を完了します。

ランサムウェアによってSafe Mode with Networking がブロックされている場合は、さらなる方法を試してください。

System Restore を使用して .GDCB を削除

以下のステップでは、System Restore を使用してシステムからランサムウェアを取り除く方法をご説明します。

  • 手順 1: Safe Mode with Command Prompt へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Command Prompt を選択 'Safe Mode with Command Prompt' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Command Prompt を選択します。 'Enable Safe Mode with Command Prompt' を選択
  • 手順 2: システムファイルと設定の復元
    1. Command Prompt ウィンドウが表示されたら、 cd restore を入力し Enter をクリックします。 引用符なしで 'cd restore' を入力し、 'Enter' を押下します
    2. ここで rstrui.exe を入力し、もう一度 Enter を押下します。. 引用符なしで 'rstrui.exe' を入力し、 'Enter' を押下します
    3. 新しいウィンドウが表示されたら、 Next をクリックし、.GDCB が侵入する前の復元ポイントを選択します。選択後、 Next をクリックします。 'System Restore' ウィンドウが表示されたら、 'Next' を選択します 復元ポイントを選択し、 'Next' をクリックします
    4. ここで Yes をクリックし、システムの復元を開始します。 'Yes' をクリックし、システムの復 を開始します
    システムを前の日の日付に復元したら、Reimage をダウンロードして PC をスキャンし、.GDCB の除去が正常に行われたことを確認してください。

おまけ: データの復元

上記のガイドは PC から .GDCB を除去するために役立つはずです。暗号化されたファイルを復元するには、uirusu.jp のセキュリティ専門家が用意した詳しいガイドを使用されることをお勧めします。

ファイルが .GDCB によって暗号化された場合、それらを復元する方法はいくつかあります。

Data Recovery Pro を暗号化されたファイルの復元に役立てる

Data Recovery Pro は無料のソフトウェア・ユーティリティで、本来の目的は偶発的に削除されたファイルを復元することですが、.GDCB ファイル拡張子ウィルスや他のランサムウェアによってロックされたファイルの復元にも役立ちます。以下のガイドを使用してファイルの暗号を解除してください。

  • Data Recovery Pro をダウンロードします (http://uirusu.jp//download/data-recovery-pro-setup.exe)。
  • Data Recovery のセットップの手順に従い、プログラムを PC にインストールします。
  • 起動後、PC をスキャンして .GDCB ランサムウェアにより暗号化されたファイルを探します。
  • それらを復元します。

Previous Windows Version で個別のファイルを復元する

このオプションはランサムウェアによって暗号化されたファイルの復元にも役立ちます。しかし、他のメソッドとは異なり、Previous Windows Version は Windows Previous Versions 機能が PC で有効になっている場合にのみファイルの復元が行えます。

  • 復元の必要な暗号化されたファイルを見つけたら、その上で右クリックします。
  • “Properties” を選択し、“Previous versions” タブに移動します。
  • ここで、“Folder versions” 内のファイルのうち利用可能なコピーをそれぞれチェックします。復元したいバージョンを選択して、“Restore” をクリックします。

ShadowExplorer をダウンロードして暗号化されたファイルを使用できるようにする

GandCrab ランサムウェアが Volume Shadow Copies を削除しなかった場合は、以下のステップに従って個人ファイルから .GDCB ファイル拡張子を除去してみると良いでしょう:

  • Shadow Explorer をダウンロードします (http://shadowexplorer.com/)。
  • Shadow Explorer セットアップ・ウィザードに従い、PC にこのアプリケーションをインストールします。
  • プログラムを起動し、左上コーナーのドロップダウン・メニューを開いて、暗号化されたデータのあるディスクを選択します。どのようなフォルダがあるか、チェックしてください。
  • 復元したいフォルダの上で右クリックし、“Export” を選択します。復元先の場所も選択することができます。

GDCB デクリプタはご利用いただけません

最後に、クリプト・ランサムウェアから身を守るよう、常に気をつけてください。.GDCB やその他のランサムウェアからコンピュータを守るためには、 ReimagePlumbytes Anti-MalwareWebroot SecureAnywhere AntiVirusMalwarebytes Anti Malware などの評価が高いアンチスパイウェアを使用してください

著者について

Gabriel E. Hall
Gabriel E. Hall - 情熱的なウィルス・リサーチャー

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

Gabriel E. Hall に連絡する
Esolutions について

他言語による除去ガイド