重大度:  
  (99/100)

Globe ランサムウェア・ウィルス. 除去するには? (アンインストール・ガイド)

記入者 ジュリー・スプリンターズ - - | タイプ: ランサムウェア
12

Globe ウィルスが与えるダメージはどれくらい?

ハッカーがまた新しいファイル暗号化タイプの脅威をリリースしました。それが、Globe ウィルスです。その本質は身代金要求型の他の悪名高い脅威と大して差はないようです。ロックされたファイルと引き換えにお金をだまし取ろうとするのです。IT の専門家は、このウィルスが主に悪意のある Eメールの添付ファイルとして PC に感染するタイプのマルウェアのグループに属していると見ています。ご使用の PC もターゲットにされたなら、まず最初にすべきことは、気を確かに持って Globe の除去オプションに集中することです。まだ調査中ですが、どうやら脆弱性があるようです。このことが無料の暗号解除ソフトを作成するのに役立つかも知れません。それまでは、動作の特異性を見つけ出し、Globe ランサムウェアの除去に関する推奨事項を見ておきましょう。

まださほどの露出がないことから、この脅威は未だ開発途中なのかも知れません。中央アジアにお住まいのユーザーがこのマルウェアの最初のターゲットであるようです。身代金の金額について言えば、その額が毎回異なるのです。金額は 1 から 3 ビットコインのようです。この脅威は中小規模の企業への攻撃から始まり、その状態が進化の様相を呈しています。幸いなことに、ウィルスのリサーチャーは既に Globe ランサムウェアのサンプルを手に入れています。さらに、これの身代金メモは大変慎ましく、ハッカーは二次的な情報を示していません。代わりに、「How to restore your files.hta」 (ファイルを復元する方法.hta) という名前の付けられたファイルに、ファイルの復元に関する重要な指示が書かれています。支払いを送金すると、被害者は次の Eメール・アドレスを使用してハッカーと連絡を取ることになっています –  .url.powerbase@tutanota.com

the screenshot of Globe virus

さらに、暗号化された全てのファイルに .url.powerbase@tutanota.purge という拡張子が加されます。他の脅威とは異なり、このウィルスは一般的な AES ではなく、Blowfish 暗号化方式を使用しているようです。数秒以内に、vssadmin.exe、bcdedit.exe、bcdedit.exe および the .exe ファイルが実行され、ファイルの暗号化が終了します。プログラム ファイルやローカル・ドライブ内にあるファイルも破壊されるため、これはかなり攻撃的であると言えます。さらに、このウィルスは大変攻撃的に振る舞うようで、システムを再起動するたびに次から次へとファイルを暗号化するようです。Globe ウィルスはあらゆるシャドウ・コピーを削除して、Windows Startup Repair をオフにしてしまいます。そのため、この脅威をできるだけ速やかに消し去ってしまうことがとても重要です。そのためには、Reimage をぜひご利用ください。最後に、ハッカーが推奨しているファイル暗号解除ソフトや Globe Decrypter などをインストールしないようにご忠告しておきましょう。現在ロックされているファイルを復元することには成功するかもしれませんが、再び感染するリスクは計り知れないほど高いと言えるからです。

このウィルスはどうやってオペレーティング・システムに侵入するの?

前述のように、この仮想世界の脅威は主に Eメールの添付ファイルを通じてユーザーをターゲットにしています。IT 界のニュースをフォローしている方は、ハッカーたちがいかに説得術に長けているかご存じでしょう。本物とほぼ同じような税金の還付書類や税関の申告用紙を装っています。また、サイバー犯罪者たちは偽の通信フォームを作成して機密情報を尋ねたりもします。ある詐欺師はパッケージのデリバリに添付されているファイルをレビューするよう求めて、感染性の添付ファイルを開かせようとします。いずれにせよ、注意を怠らず、公的機関から送られてきたかのように見える Eメールであっても、無造作に開いたりしないようにしましょう。遠慮無く、直接当該の企業に尋ねてみてください。

脅威を取り除く

このランサムウェアとその潜在的更新版の特異性を鑑み、Globe ウィルスは自動的に除去すべきでしょう。Reimage または Plumbytes Anti-MalwareWebroot SecureAnywhere AntiVirus をインストールすれば、すぐに取り除いてくれます。これらのプログラムはオペレーティング・システム全体を効果的に保護します。ランサムウェアが開発キットを通じて感染する可能性もあることから、このようなツールを必ず入れておく必要があります。しかし、セキュリティ・プログラムでは暗号化されたファイルの暗号を解除することはできないため、データ復元プログラムを探す必要もあるでしょう。最後に、オペレーティング・システムの重要な機能の一部が動作しないために Globe の除去が上手く開始できないという場合は、このページの下に記載されているガイドラインをどうぞご利用ください。

このサイトで勧めているいかなる製品も私たちはアフィリエイトパートナーの場合があります。使用許諾に明記されています。 Globe ランサムウェア・ウィルスのスパイウエアを除去するため、提供されるいかなるアンチスパイウエアをダウンロードする場合もプライーバシーポリシー及び使用許諾を承諾する。
今すぐ!
ダウンロードする
Reimage (リムーバ) 満足度
保障
ダウンロードする
Reimage (リムーバ) 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 OS Xに対応
うまくいかない場合は?
Reimage を使用しても感染を取り除けない場合は、弊社サポート・チームに 質問を送信 し、できるだけ詳しい内容をお知らせください。
Globe ランサムウェア・ウィルス のアンインストールには Reimage をお勧めします。 無料のスキャナで、あなたの PC が感染しているかどうかをチェックできます。マルウェアを除去する必要がある場合は、Reimage マルウェア除去ツールのライセンス版を購入する必要があります。
このプログラムに関する詳しい情報は、Reimage のレビューをご覧ください。
の別記を押して下さいReimage

手動 Globeウイルス削除方法:

Safe Mode with Networking を使用して Globe を削除

  • 手順 1: Safe Mode with Networking へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Safe Mode with Networking を選択 'Safe Mode with Networking' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Networking を選択します。 'Enable Safe Mode with Networking' を選択
  • 手順 2: 削除 Globe

    感染しているアカウントへログインし、ブラウザを起動します。Reimage または信頼できるアンチスパイウェアプログラムをダウンロードします。フルスキャンの前にアップデートを行い、感染したランサムウェアに属する悪意のあるファイルを削除し、 Globe の削除を完了します。

ランサムウェアによってSafe Mode with Networking がブロックされている場合は、さらなる方法を試してください。

System Restore を使用して Globe を削除

  • 手順 1: Safe Mode with Command Prompt へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Command Prompt を選択 'Safe Mode with Command Prompt' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Command Prompt を選択します。 'Enable Safe Mode with Command Prompt' を選択
  • 手順 2: システムファイルと設定の復元
    1. Command Prompt ウィンドウが表示されたら、 cd restore を入力し Enter をクリックします。 引用符なしで 'cd restore' を入力し、 'Enter' を押下します
    2. ここで rstrui.exe を入力し、もう一度 Enter を押下します。. 引用符なしで 'rstrui.exe' を入力し、 'Enter' を押下します
    3. 新しいウィンドウが表示されたら、 Next をクリックし、Globe が侵入する前の復元ポイントを選択します。選択後、 Next をクリックします。 'System Restore' ウィンドウが表示されたら、 'Next' を選択します 復元ポイントを選択し、 'Next' をクリックします
    4. ここで Yes をクリックし、システムの復元を開始します。 'Yes' をクリックし、システムの復 を開始します
    システムを前の日の日付に復元したら、Reimage をダウンロードして PC をスキャンし、Globe の除去が正常に行われたことを確認してください。

最後に、クリプト・ランサムウェアから身を守るよう、常に気をつけてください。Globe やその他のランサムウェアからコンピュータを守るためには、 ReimagePlumbytes Anti-MalwareWebroot SecureAnywhere AntiVirusMalwarebytes Anti Malware などの評価が高いアンチスパイウェアを使用してください

著者について

Julie Splinters
Julie Splinters

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

Julie Splinters に連絡する
Esolutions について

他言語による除去ガイド