GoldenEye ウィルスを除去する (2017年1月月更新) - 復元ガイド付き

GoldenEyeウイルス削除方法

GoldenEye ランサムウェア・ウィルスとは?

GoldenEye ランサムウェアは未だ健在 – 新たな戦略でユーザーに感染

IT 分野のニュースをフォローしている方は、GoldenEye ウィルスと聞いても驚く現象とは思われないでしょう。このウィルスがジェイムズ・ボンドの映画シリーズの続きに関係があるとは言え、サイバー脅威を軽く見てはいけません 。このマルウェアは悪名高い Petya ウィルス の後継です。しばらくは目立たないようにしていましたが、そのようにひっそりと控えめにしていたのは、単なる嵐の前の静けさだったようです。最新の情報によると、ユーザーの PC に侵入を試みる際、新しい手法を使い始めた所のようです。Golden Eye ランサムウェアの開発者は、人事部とそこで働くひとたちが見知らぬ相手からの添付ファイルを開く携行にあるという事実に気付いているに違いありません。そこで、彼らはつい最近になって、2 種類の添付ファイルを添付した誘導的なメールを活用したキャンペーンを打って出ました。その最初の添付ファイルは PDF フォーマットを使用しており、セキュリティに関するアイデアを提供しています。しかし、2 つ目の添付ファイルでは Excel ファイルを使用しており、そこには悪意のあるマクロが沢山仕込まれているのです。このファイルはシステムにランサムウェアを感染させ、それを起動させます。つい騙されてそのような添付ファイルを PC にダウンロードしてしまったという方には、これ以上のダメージを避けるために、できるだけ速やかに GoldenEye の除去を始められるようお勧めします。ReimageIntego ならこのプロセスをスピード・アップできます。本記事では、データ復元オプションについても知っていただくことにしましょう。

ポップ・カルチャーや神話、そして政治的な出来事がサイバー犯罪者たちを刺激して、入り組んだ、面白いランサムウェアの名称を思いつくようです。ならず者がこのような洗練されたタイトルを選んだため、このサイバー感染の構造そのものも、精巧な造りになっています。gizmo21 というユーザーによって発見された GoldenEye ランサムウェアの身代金メッセージには、その祖先を彷彿とさせる黄色いドクロが含まれていました。メッセージにはハード・ディスク内のデータが複雑な軍事レベルの暗号化手法で暗号化されたと書かれています。恐らくは、AES および RSA のアルゴリズムの組合せでしょう。Petya のオリジナル版が遂に解体された後、詐欺師たちはより複雑なバージョンを作成することを諦めてはいませんでした 。Mischa ランサムウェア として知られる以前のバージョンとは対照的に、GoldenEye は MBR (マスター・ブート・レコード) の設定を上書きすることで、PC の制御件を握る傾向があります 。

このプログラムはブート・プロセスを管理します。つまり、GoldenEye マルウェアは最初にファイルを暗号化して、ウィルスが管理者アクセス権限を取得できるようにするわけです。全てのファイルには任意の 8 桁の数字を含む拡張子が着けられます。後に、マルウェアは矯正的に端末を再起動させて、ハード・ドライブのマスター・ファイル・テーブルの暗号化を開始します。これでファイルが完全にブロックアウトされることになります。以前のバージョンと同様に、このマルウェアはシステムの修復が必要だという偽の Windows メッセージを表示します。その通知では、ウィンドウをキャンセルすると回復不可能なダメージが残る可能性があると警告しています。しかし、全く反対の事を行って、ランサムウェアのプロセスに割って入らねばならないのです。your_files_are_encrypted.txt メッセージをで、被害者は Tor ネットワークにアクセスし、支払に進むようにガイドされます。通常、要求額は 1,3 ビットコインで、およそ 1000 USD に相当します。言うまでもなく、詐欺師たちに支払うのは賢いことではありません。なぜなら不届き者たちは身代金ビジネスから巨額の富を稼いでおり、またデータが戻ったという報告はほとんどないからです 。

The hardisks of your computer have been encrypted with an military grade encryption algorithm. There is no way to restore your data without a special key. You can purchase this key on the darknet page shown in step 2.
To purchase your key and restore your data, please follow these three easy steps:
1. Download Tor Browser . If you need help please google for “access onion page”.
2. Visit one of the following pages with the Tor browser :
[page link] [page link] 3. Enter your personal decryption code there:
[address]

If you already purchased your key, please enter it below.

送り方の好み

そのようなウィルスにタイプのよくあるように、GoldenEye によるハイジャックは被害者が感染しているメールを開いてマクロの設定を有効 にした跡に起こります。このランサムウェアの最新版はドイツ語版として検出されました。ランサムウェアには良くあることですが、プログラムは偽の報告書の添付ファイルを装っています。そのメッセージには Bewerbung という件名が付けられており、フォーマルな形式で被害者に送られてきます。これは次のような .xls ファイルに扮していることが考えられます: Wiebold-Bewerbung.xls、Meinel-Bewerbung.xls、Seidel-Bewerbung.xls、Wüst-Bewerbung.xls、Born-Bewerbung.xls そして Schlosser-Bewerbung.xls です。その後、開かれると、コンテンツを有効にするように求められます。同様に、ランサムウェアは中に入っている base64 ストリングをアクティブにして、そのまま暗号化を進めていきます。防衛のヒントとして、メールの送り主がたとえ FBI や警察署からであったとしても、急いで開かないようにしましょう。添付ファイルを開く前に送信元を確認してください。

Goldeneye ランサムウェアを止める手立てはあるの?

第一に、あなたはファイル暗号化マルウェアを根絶やしにする必要があります。そのためには、例えば ReimageIntegoMalwarebytes のようなアンチスパイウェア・ツールを採用することができます。ソフトウェアが GoldenEye ウィルスを完全に除去できるように、ウィルス定義を必ず更新してください。プロセスが完了して初めて、データ復元オプションに進むことができるのです。ご参考までに、いくつかご紹介しておきましょう。GoldenEye の除去がスクリーンのロックや応答しない PC のために完了できない場合は、パニックにならずに、弊社のガイドラインをお読みください。Petya がしばらくの後に解読されたように、新しいバージョンも最終的には停止される可能性がありますが、それには今しばらく時間がかかると思われます。

オファー
今すぐ!
ダウンロードする
Reimage 満足度
保障
ダウンロードする
Intego 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 macOSに対応
うまくいかない場合は?
Reimage Intego を使用してもウィルスによるダメージを取り除けなかった場合は、弊社のサポートチームに 質問を送信 し、できるだけ詳しい情報をお送りください。
Reimage Intego には無料の限定スキャナがあります。 Reimage Intego の完全版を購入されると、スキャンを通じてその他の機能もご利用いただけます。無料スキャナで問題が検出されたら、手動による無料修復ツールを使用して修復するか、自動的にそれらを修復するために完全版をご購入いただくこともできます。
代替ソフト
それぞれのソフトウェアには各々の目的があります。Reimage では感染したファイルを修復できなかった場合は、SpyHunter 5 をお試しください。
代替ソフト
それぞれのソフトウェアには各々の目的があります。Intego では感染したファイルを修復できなかった場合は、Combo Cleaner をお試しください。

手動 GoldenEyeウイルス削除方法

ランサムウェア: セーフモードにおける手動によるランサムウェアの駆除

PC から GoldenEye ランサムウェアを除去したいのに、リムーバーをブロックされてできないという場合は、リムーバーを起動する前に Safe Mode with Networking メソッドをお試しください。ウィルスを無効にしたらすぐに、完全なシステム・スキャンを必ず行ってください。

重要です! →
一般的な PC ユーザーの方には手動による駆除ガイドはやや難しく感じられるかもしれません。正しく実行するためには IT に関する詳しい知識が求められ (重要なシステムファイルが削除され、あるいは破損した場合、Windows 全体の感染に繋がる恐れがあります)、さらに完了までに何時間もかかる場合があります。そこで、上述の自動的なメソッドの使用を強くお勧めします。

ステップ 1。「セーフモードとネットワーク」に移動する

手動によるマルウェアの駆除はセーフモード環境で行うのが最適です。 

Windows 7 / Vista / XP

  1. スタート > シャットダウン > 再起動 > OK の順にクリックします。
  2. PC がアクティブになったら「詳細ブートオプション」ウィンドウが表示されるまで F8 ボタンを複数回押します (機能しない場合は F2、F12、Del などを押してみてください – マザーボードのモデルにより異なります) 。
  3. リストでセーフモードとネットワークを選択します。 ランサムウェア: セーフモードにおける手動によるランサムウェアの駆除

Windows 10 / Windows 8

  1. スタートボタンをクリックして設定を選択します。
    ランサムウェア: セーフモードにおける手動によるランサムウェアの駆除
  2. スクロールダウンして更新とセキュリティを選択します。
    ランサムウェア: セーフモードにおける手動によるランサムウェアの駆除
  3. ウィンドウの左側で回復を選択します。
  4. 今度はスクロールダウンしてPCの起動をカスタマイズするを見つけます。
  5. 今すぐ再起動をクリックします。
    ランサムウェア: セーフモードにおける手動によるランサムウェアの駆除
  6. トラブルシューティングを選択します。 ランサムウェア: セーフモードにおける手動によるランサムウェアの駆除
  7. 詳細オプションに移動します。 ランサムウェア: セーフモードにおける手動によるランサムウェアの駆除
  8. スタートアップ設定を選択します。 ランサムウェア: セーフモードにおける手動によるランサムウェアの駆除
  9. 再起動を押します。
  10. ここで 5 を押すか、5) セーフモードとネットワークを有効にするをクリックします。 ランサムウェア: セーフモードにおける手動によるランサムウェアの駆除

ステップ 2. 怪しいプロセスをシャットダウンする

Windows タスクマネージャーはバックグラウンドで稼働しているプロセスをすべて表示できる便利なツールです。マルウェアがプロセスを実行している場合は、それをシャットダウンしなければなりません:

  1. キーボードの Ctrl + Shift + Esc を押して Windows タスクマネージャーを開きます。
  2. 詳細をクリックします。
    ランサムウェア: セーフモードにおける手動によるランサムウェアの駆除
  3. バックグラウンドプロセスセクションまでスクロールダウンし、怪しいものを探します。
  4. 右クリックしてファイルの場所を開くを選択します。
    ランサムウェア: セーフモードにおける手動によるランサムウェアの駆除
  5. プロセスに戻り、右クリックしてタスクの終了を選択します。
    ランサムウェア: セーフモードにおける手動によるランサムウェアの駆除
  6. 有害なフォルダのコンテンツを削除します。

ステップ 3. プログラムスタートアップをチェックする

  1. キーボードで Ctrl + Shift + Esc を押して Windows タスクマネージャーを開きます。
  2. スタートアップタブに移動します。
  3. 怪しいプログラムの上で右クリックして無効化を選択します。
    ランサムウェア: セーフモードにおける手動によるランサムウェアの駆除

ステップ 4. ウィルスファイルを削除する

PC の中で、あちらこちらにマルウェア関連のファイルが見つかることがあります。以下はその見つけ方のヒントです:

  1. Windows の検索ボックスにディスククリーンアップと入力して Enter を押します。
    ランサムウェア: セーフモードにおける手動によるランサムウェアの駆除
  2. クリーンアップするドライブを選択します (既定により C: がメインのドライブで、有害なファイルはここにありそうです)。
  3. 削除するファイルリストをスクロールして以下を選択します:

    Temporary Internet Files
    Downloads
    Recycle Bin
    Temporary files

  4. システムファイルのクリーンアップを選択します。
    ランサムウェア: セーフモードにおける手動によるランサムウェアの駆除
  5. 他にも以下のフォルダ内に隠れている有害なファイルを探してみてください (Windows 検索ボックスで以下のエントリを入力して Enter を押します):

    %AppData%
    %LocalAppData%
    %ProgramData%
    %WinDir%

終了したら、PC を通常モードで再起動します。

System Restore を使用して GoldenEye を削除

Safe Mode with Networking で再起動してもうまくいかない場合は、System Restore メソッドを使用して GoldenEye を無効にしましょう。以下のステップを実行したら、弊社の推奨するセキュリティ・ソフトで完全なシステム・スキャンを必ず実行し、悪意のあるファイルを除去してください。

  • 手順 1: Safe Mode with Command Prompt へコンピュータを再起動
    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Command Prompt を選択 'Safe Mode with Command Prompt' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Command Prompt を選択します。 'Enable Safe Mode with Command Prompt' を選択
  • 手順 2: システムファイルと設定の復元
    1. Command Prompt ウィンドウが表示されたら、 cd restore を入力し Enter をクリックします。 引用符なしで 'cd restore' を入力し、 'Enter' を押下します
    2. ここで rstrui.exe を入力し、もう一度 Enter を押下します。. 引用符なしで 'rstrui.exe' を入力し、 'Enter' を押下します
    3. 新しいウィンドウが表示されたら、 Next をクリックし、GoldenEye が侵入する前の復元ポイントを選択します。選択後、 Next をクリックします。 'System Restore' ウィンドウが表示されたら、 'Next' を選択します 復元ポイントを選択し、 'Next' をクリックします
    4. ここで Yes をクリックし、システムの復元を開始します。 'Yes' をクリックし、システムの復 を開始します
    システムを前の日の日付に復元したら、ReimageIntego をダウンロードして PC をスキャンし、GoldenEye の除去が正常に行われたことを確認してください。

おまけ: データの復元

上記のガイドは PC から GoldenEye を除去するために役立つはずです。暗号化されたファイルを復元するには、uirusu.jp のセキュリティ専門家が用意した詳しいガイドを使用されることをお勧めします。

ファイルが GoldenEye によって暗号化された場合、それらを復元する方法はいくつかあります。

Data Recovery Pro を選択する

現時点ではまだデクリプタがないため、このプログラムがファイルの暗号を解除できる最後のチャンスとなる可能性があります。

  • Data Recovery Pro をダウンロード;
  • Data Recovery のセットップの手順に従い、プログラムを PC にインストールします。
  • 起動後、PC をスキャンして GoldenEye ランサムウェアにより暗号化されたファイルを探します。
  • それらを復元します。

Windows Previous Version 機能とは?

これは Windows OS に搭載されている機能です。下に示されるガイドに従うと、それぞれのファイルを取り戻せるかも知れません。

  • 復元の必要な暗号化されたファイルを見つけたら、その上で右クリックします。
  • “Properties” を選択し、“Previous versions” タブに移動します。
  • ここで、“Folder versions” 内のファイルのうち利用可能なコピーをそれぞれチェックします。復元したいバージョンを選択して、“Restore” をクリックします。

ShadowExplorer はどれぐらい現実的なの?

このプロセスはシャドウ・ボリューム・コピーにアクセスしてファイルを復元するため、かなり大きな可能性を与えてくれます。先にウィルスがコピーを削除していなければ、これはファイルを取り戻すには有効な手段となります。

  • Shadow Explorer をダウンロードします (http://shadowexplorer.com/)。
  • Shadow Explorer セットアップ・ウィザードに従い、PC にこのアプリケーションをインストールします。
  • プログラムを起動し、左上コーナーのドロップダウン・メニューを開いて、暗号化されたデータのあるディスクを選択します。どのようなフォルダがあるか、チェックしてください。
  • 復元したいフォルダの上で右クリックし、“Export” を選択します。復元先の場所も選択することができます。

GolderEye デクリプタはまだご利用になれません

最後に、クリプト・ランサムウェアから身を守るよう、常に気をつけてください。GoldenEye やその他のランサムウェアからコンピュータを守るためには、 ReimageIntegoSpyHunter 5Combo CleanerMalwarebytes などの評価が高いアンチスパイウェアを使用してください

あなたにおすすめ

政府のスパイ行為を許してはいけません

政府は利用者のデータの追跡あるいは市民へのスパイ行為に関しては多くの問題を抱えています。そこで、このことを考慮に入れて、怪しい情報収集の行いについて学びましょう。インターネット上では完全匿名にすることにより、迷惑な政府系の追跡行為を避けましょう。

オンラインにアクセスするために違うロケーションを選択し、特定のコンテンツ制限もなく、オンラインに接続して欲しいものにアクセスする時、別の場所を選択することができます。 Private Internet Access VPN を使用すると、ハッキングされるリスクがなく、簡単にインターネット接続をお楽しみいただけます。

政府の他の迷惑な当事者によりアクセス可能な情報をコントロールし、スパイ行為を受けずにオンラインサーフィンをお楽しみください。不法行為に関与しておらず、また自分のサービス、プラットフォームのセレクションを信頼していたとしても、自分自身の安全性を常に疑い、 VPN サービスを使用して予防的措置を講じておきましょう。

マルウェアの攻撃に遭った場合に備えて、バックアップファイルを作りましょう

コンピュータを使用していると、サイバー感染や自分のうっかりミスによりいろいろなものを失くして困ることがあります。マルウェアによって生じるソフトウェアの問題や暗号化による直接的なデータの損失から端末の問題や恒久的なダメージに繋がる恐れがあります。そんな時に適切な 最新のバックアップ があれば、そのような場面に遭遇しても簡単に元通りに回復して仕事に戻れます。

端末に何か変更を加えたらバックアップを取っておけば、マルウェアが何かを変更したり端末の問題が原因でデータの破壊やパフォーマンスの低下が発生した時点に戻すことができるため、バックアップの作成は不可欠です。元に戻せる機能を利用して、日常の、あるいは毎週ごとの習慣としてバックアップを取るようにしましょう。

なにか重要なドキュメントやプロジェクトの前のバージョンを取ってあれば、ストレスや障害も防げます。マルウェアが突如として現れた場合に大変便利です。システム復元には Data Recovery Pro をぜひご利用ください。

著者について
Julie Splinters
Julie Splinters - マルウェア除去スペシャリスト

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

Julie Splinters に連絡する
Esolutions について

他言語による除去ガイド