重大度:  
  (54/100)

IPhone ウィルスを除去する (リムーバルインストラクション) - 無料インストラクション

記入者 ジュリー・スプリンターズ - - | タイプ: マルウェア

iPhone ウィルスがいつまでも現れる条件

iOS ウィルスを示すイメージ

iPhone ウィルスとは、iOS 向けに作成された複数のマルウェアの亜種を指します。OS 対象のマルウェアは存在しないし、存在するはずがないというユーザーもいる一方で、サイバー犯罪者は macOS や iOS 向けに実際に悪意のあるソフトウェアを作成しています。事実、マルウェアの割合は Windows や Android 向けにデザインされたものよりもかなり下回るものの、その数が若干増えつつあることに目が覚める思いをするはずです。 

Mac や iOS のユーザーは自分の端末は感染しないと信じている者もいますが、その理由は以下のとおりです:

  • システム・ファイルへのアクセスが限定される
  • 断片化された OS
  • サード・パーティのアプリに対する限定的許可

macOS に特定のサード・パーティ製アプリをインストールすることは可能ですが、iPhone 端末の場合はそれはできません。自社の製品には一切追加的予防策は必要ないというような当の企業あるいはユーザーの態度は危険であると言えるでしょう。現実にはもう 1 つの事実が見えてきます。すなわち macOS および iPhone のいずれにもウィルスが存在する、ということです。それでは、マルウェアのタイプと、iPhone のウィルスの除去方法を見てみましょう。

PUP は Apple の製品をターゲットにしている

迷惑なアドウェア・プログラムやスクリプトは、最も普及している PUP や Windows マルウェアのタイプの 1 つです。Apple の製品をネタにするサイバー犯罪者もそのようなトレンドからインスピレーションを受けているようです。MacOs ユーザーも怪しい Safari アラートを見つけたことを認めています 。

そこには端末がウィルスに占領されているという警告が書かれています。通常、そのようなアラートには、さらにユーザーのデータが盗まれようとしているという警告も書かれています。とはいえ、あらゆる詐欺師によく見られるように、そこにかかれている Apple Support の電話番号は偽物です。Apple ではそのようなお知らせを任意のメッセージに載せることもなければ、電話番号を表示することもないため、ご注意ください。

テクニカル・サポート詐欺 は Safari ブラウザ に感染するため、iPhone ユーザーもそのようなオンライン詐欺に遭遇する可能性があります。また、iPhone 端末を無料で差し上げます、というようなよくあるオンライン詐欺も忘れてはなりません 。

迷惑なポップアップは iPhone ウィルスに共通に見られるもう 1 つの形式です。ブラウザに埋め込まれたウェブ・スクリプトを経由して機能するため、これらはたびたびポップアップ表示されて邪魔になったり、ブラウザを起動するたびに邪魔になったりすることがあるでしょう。中にはかなりしつこいものもあるため、強制的に Safari をシャットダウンさせねばならないこともあります。

Apple ユーザー向けのブラウザ・ハイジャッカーもあります。最近の例を 1 つあげると、 search.stuckopoe.com ハイジャッカーがあります。普通の検索エンジンの振りをしながら、個人を特定しない情報を収集し、それを「サービス向上」の目的で使用します。 
たまにポップアップを表示する他、最もマイナスな面はその削除に関連した部分にあります。

除去ガイドに従ってページに入ると、Uninstaller.dmg という名前のファイルのインストールを勧めてきます。問題は、これが macOS:Genleo-BQ アドウェアに感染していることです。iPhone で標準版の Safari をお使いの場合は、そのようなハイジャッカーにご注意ください。 iPhone ウィルスの写真思っているのとは反対に、iPhone にもマルウェア感染に対する脆弱性があります。

Pegasus スパイウェア – iPhone 端末対象

このスパイ・ソフトは、Apple、とりわけ iOS 端末にも感染の可能性があることを端的に表すサンプルの 1 つですが、実際に、最も手強いものの 1 つでもあります。これは 2016 年の 8 月に発見されました。このマルウェアはイスラエルの企業である NSO グループ によって開発されたのではないかと見られていますが、ここはスパイウェアの開発で悪名を馳せています。

このマルウェアは任意のターゲットを狙うのではなく、選んだユーザーのみを攻撃します。欺瞞的な SMS メッセージが届き、そこにはリンクが付いています。クリックすると、リンクから改造されていない iPhone 端末用にデザインされているスパイウェアがダウンロードされます。3 つのゼロ・デー脆弱性を元に動作します。

一度フル機能でアクティブになると、ユーザーに対してあらゆる調査を働きかけてきます。容易にアクセスできるメッセージ、および暗号化されたメッセージの両方にスパイ行為を働き、音声ファイルを盗聴することもできます。もう 1 つ問題なのは、60 日間リモートの C&C サーバーに接続しないと自滅する能力を持っています。マルウェアの開発者は Pegasus マルウェアの Android 版 もデザインしています。

複雑な振舞いと構造により、このマルウェアはたいへん検出が困難です。Akutivity Monitor などのツールを持たない iPhone 端末はもとより、Activity Monitor 上にはその存在の兆候は一切示しません。検出するためには追加プログラムをダウンロードし、いくつかのステップを実行する必要があります。Pegasus の除去に関する詳しい情報は、こちら をお読みください。

iOS にランサムウェア?

Android ランサムウェアが流行っているため、やがて iPhone 端末にもそういう時がやってくるということは想像が付きますね。すでにいくつか Mac ランサムウェア のサンプルがサイバー世界にリリースされていることから、そのような疑いも全く非合理的とは言えないでしょう。そのうちの 1 つは「Patcher」と呼ばれるツールの振りをしていますが、これはソフトウェアの海賊版を作成する目的で作成されたものです 。これはプログラミング言語の Swift で書かれています。

このマルウェアは BitTorrent ドメイン経由で拡散されました。.zip フォルダに隠れていることから、Windows ベースの暗号化タイプのマルウェアと同じような動きをします。このマルウェアは「バグだらけ」のため中身が丸見えで正しくプログラムされておらず、復号キーの管理ができていません。このことから、最終的には復号の可能性が失われることになったのです。

残念ながら、それでもユーザーの文書や写真を暗号化しました。このようなマルウェア・プログラムは Mac を狙っていることが判明していましたが、iPhone ユーザーも用心しなければなりません。

携帯におけるマルウェア予防

様々なマルウェアが様々なチャンネルを通じて拡散されています。上述の iPHone アドウェアやハイジャッカーはウェブ・スクリプトを介して拡散されています。一般のユーザーには目で見ることができないため、それらを検出するのは困難です。一方、ゲームやギャンブル、その他怪しげなコンテンツのウェブサイトに置かれているリンクをクリックしないようにすれば、そのような iPhone ウィルスに感染する確立を低くすることができるでしょう。

他の複雑なマルウェアについて、iPhone ユーザーには以下のアドバイスが役に立つでしょう:

  • システムの更新プログラムがリリースされたらシステムを更新する
  • 不要なサード・パーティのアプリをダウンロードしない

それでは iPhone ウィルスの除去オプションについてご説明しましょう。

iPhone マルウェアの除去

ポップアップが携帯に大量に現れるようになったら、ブラウザをリセットしてください。テクニカル・サポート詐欺の場合は、ページを終了してください。キャンセルできない場合は、ブラウザ上で強制終了させてください。リダイレクトを止めて再びアクティブにならないようにするには、設定に進み、Safari アイコンをタップして履歴とWebサイトデータを消去を選択します。

残念ながら、現時点において、iPhone 端末では macOS で Malwarebytes を承認しているようにアンチウィルスやマルウェア除去ユーティリティを受け入れていません。携帯でアプリがクラッシュする、あるいはファイルがロックするなど、何かいつもと違う振舞いに気づいたら、iPhone を工場出荷設定に戻してください。設定から一般に進み、すべてのコンテンツと設定を消去オプションをタップします。

ウィルスによる破損は Reimage Reimage Cleaner Intego を利用して取り除くことができます。 潜在的に迷惑なプログラムおよびウィルスと、関連の全てのファイルおよびレジストリエントリの検出には SpyHunter 5Combo Cleaner および Malwarebytes をお勧めします。

オファー
今すぐ!
ダウンロードする
Reimage 満足度
保障
ダウンロードする
Intego 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 Supported versions OS Xに対応 Supported versions
うまくいかない場合は?
Reimage Intego を使用してもウィルスによるダメージを取り除けなかった場合は、弊社のサポートチームに 質問を送信 し、できるだけ詳しい情報をお送りください。
Reimage Intego には無料の限定スキャナがあります。 Reimage Intego の完全版を購入されると、スキャンを通じてその他の機能もご利用いただけます。無料スキャナで問題が検出されたら、手動による無料修復ツールを使用して修復するか、自動的にそれらを修復するために完全版をご購入いただくこともできます。
代替ソフト
それぞれのソフトウェアには各々の目的があります。Reimage では感染したファイルを修復できなかった場合は、SpyHunter 5 をお試しください。
代替ソフト
それぞれのソフトウェアには各々の目的があります。Intego では感染したファイルを修復できなかった場合は、Combo Cleaner をお試しください。

手動 iPhoneウイルス削除方法:

Mac OS XSafari

削除するiPhone からMac OS X system

MacOS ユーザーは巧妙なマルウェアを削除できるセキュリティ・アプリをインストールできるため、その点では iPHone ユーザーよりも若干有利です。

  1. OS Xを使用している場合は、画面左上のGoボタンをクリックしApplicationsを選択 'Go'をクリックし'Applications'を 択
  2. Applicationsフォルダが表示されたらiPhoneもしくは他の不審なプログラムを探し、それぞれ右クリックしMove to Trashを選択する。 悪質なエントリー全て をクリックし'Move to Trash'を選択
Mac OS XSafari

削除するiPhone からSafari

閲覧データを消去すると、迷惑な iPhone ウィルスのポップアップが再び表示されることはなくなります。

  1. 危険な拡張機能を削除
    Safariウェブブラウザーを開き、画面左上のメニューよりSafariをクリック。その後Preferencesを選択する。 'Safari'をクリックし'Preferen ces'を選択
  2. Extensionsを選択しiPhoneもしくは他の不審なエントリーを見つけ、Uninstallボタンをクリックしそれぞれ削除する。 'Extensions'から悪質な拡 張機能をアンインスト ール
  3. ウイルスの影響でホームページも改ざんされていれば変更する:
    Safariウェブブラウザーを開きメニューよりSafariをクリックする。以前まで表示されていたようにPreferencesを選択しGeneralを選ぶ。
  4. Homepage欄を確認する。iPhoneの影響で変更されているようであれば、現行のリンクを削除し今後検索時に使用するリンクに変更する。アドレスを"http://"で始める事を忘れずに。 'General'から悪質なURLを削除し使用希望のドメイン名 入力
  5. Safariのリセット
    Safariブラウザーを開き画面左上のメニュー欄から Safariをクリックする。 'Safari'をクリックし'Reset Safari...'を選択
  6. 次の画面では詳細なリセットオプションが表示される。通常オプションは全てチェックされているが、リセット希望の項目を選択する事も可能である。 Resetボタンをクリックし iPhoneの削除を完了させる。 全てのオプションを選 択し'Reset'ボタンをク ック

政府のスパイ行為を許してはいけません

政府は利用者のデータの追跡あるいは市民へのスパイ行為に関しては多くの問題を抱えています。そこで、このことを考慮に入れて、怪しい情報収集の行いについて学びましょう。インターネット上では完全匿名にすることにより、迷惑な政府系の追跡行為を避けましょう。

オンラインにアクセスするために違うロケーションを選択し、特定のコンテンツ制限もなく、オンラインに接続して欲しいものにアクセスする時、別の場所を選択することができます。 Private Internet Access VPN を使用すると、ハッキングされるリスクがなく、簡単にインターネット接続をお楽しみいただけます。

政府の他の迷惑な当事者によりアクセス可能な情報をコントロールし、スパイ行為を受けずにオンラインサーフィンをお楽しみください。不法行為に関与しておらず、また自分のサービス、プラットフォームのセレクションを信頼していたとしても、自分自身の安全性を常に疑い、 VPN サービスを使用して予防的措置を講じておきましょう。

マルウェアの攻撃に遭った場合に備えて、バックアップファイルを作りましょう

コンピュータを使用していると、サイバー感染や自分のうっかりミスによりいろいろなものを失くして困ることがあります。マルウェアによって生じるソフトウェアの問題や暗号化による直接的なデータの損失から端末の問題や恒久的なダメージに繋がる恐れがあります。そんな時に適切な 最新のバックアップ があれば、そのような場面に遭遇しても簡単に元通りに回復して仕事に戻れます。

端末に何か変更を加えたらバックアップを取っておけば、マルウェアが何かを変更したり端末の問題が原因でデータの破壊やパフォーマンスの低下が発生した時点に戻すことができるため、バックアップの作成は不可欠です。元に戻せる機能を利用して、日常の、あるいは毎週ごとの習慣としてバックアップを取るようにしましょう。

なにか重要なドキュメントやプロジェクトの前のバージョンを取ってあれば、ストレスや障害も防げます。マルウェアが突如として現れた場合に大変便利です。システム復元には Data Recovery Pro をぜひご利用ください。

著者について
Julie Splinters
Julie Splinters - マルウェア除去スペシャリスト

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

Julie Splinters に連絡する
Esolutions について

出典:https://www.2-spyware.com/remove-iphone-virus.html
他言語による除去ガイド

iPhone virusについてのあなたの意見