重大度:  
  (99/100)

LeChiffre ウィルス. 除去するには? (アンインストール・ガイド)

記入者 ルシア・デーンズ - - | タイプ: ブラウザ・ハイジャッカー
12

LeChiffre ランサムウェアの説明

LeChiffre ランサムウェアは危険なウィルスで、PC を使用する方なら誰にでも影響を与えるものです。名前の意味は 「暗号」です。これは象徴的な名前です。なぜならこのウィルスは特定の暗号化アルゴリズムを使用してデータをロックし、アクセスできないようにするからです。言い換えると、データを暗号化しているのです。このウィルスが被害者のシステムにうまく侵入すると、すべてのユーザーの個人的なファイル (ドキュメント、音楽、映像、音声のファイルなどを含む) を見つけて、AES アルゴリズムでそれらを暗号化します。この暗号化はファイルの最初と最後の 8192 バイトを暗号化し、そのファイルに悪意のあるキーを付けて 32 バイトの塊にしてしまうのです。一度暗号化されると、そのファイルにはアクセスできず、使うことができなくなります。

またこのランサムウェアは、感染した PC にメモを残します。このメモは通常 .html または .txt ファイルです。以下はその内容です:

あなたの重要なファイル […] は最も強力な軍事用暗号 RSA1024 および AES で暗号化されました。デコーダや Photorec、RannohDecryptor がなければ誰もファイルの復元を手助けできる人はいません […] 修復ツールは使えないので意味がなく、あなたのファイルを復元できないほど破壊してしまう可能性があります。ファイルを復元したいなら、以下にメールを送ってください […] 暗号解除されたサンプルが届き、デコーダを入手するための条件が送られてきます。指示に従ってお支払いください。

LeChiffre ransom note

このメモが表示されたら、LeChiffre ウィルスがあなたの PC を攻撃した証拠です。さて、身代金の支払いについてはお勧めしません。サイバー犯罪者を信用することはできないからです。あなたのファイルを復元するために何かしてくれる保証などないのです。さらに、このランサムウェアに対する暗号解除プログラムが既に作成されています (残念ながら LeChiffre のバージョン2.6 のみに対応していますが、将来アップグレードが見込まれています)。ですが、バックアップ・コピーを取ってあるなら、それで復元することもできます。そのようなファイルのコピーをお持ちなら、LeChiffre の除去ツールを使って LeChiffre ランサムウェアを除去し (例えば Reimage)、その後あなたのファイルをバックアップ・ドライブからインポートすればよいでしょう。気をつけていただきたいのは、バックアップは「外付けの」バックアップ・ドライブに保存しておくことです。なぜなら、ウィルスの一部はあなたのオンライン・データのクラウド・ストレージにアクセスしてそこに保存されているファイルにも感染することができるからです。

どうやって LeChiffre ランサムウェアに感染するの?

セキュリティの専門家は、LeChiffre ランサムウェアは通常のランサムウェアとは異なり、ほとんどの場合手動で広がると報告しています。これはつまり、このサイバー犯罪者がターゲットの PC にアクセスし、ファイルを手動でダウンロードして実行する必要があるということです。これは最近インドで起きたことです。LeChiffre のサイバー犯罪者がこのウィルスをインドの銀行の PC に仕込み、パスワード保護の掛かっていなかった リモート・デスクトップのポート経由で、接続している PC にウィルスを広めました。

しかし、サイバー犯罪者も毎日学び、自分の製品を改良しているということを忘れてはなりません。不明な送信者からの Eメールを開けたり(ランサムウェアは通常悪意のある Eメールの添付ファイルとして広まります)、危険度の高いウェブサイト上のリンクをクリックしたり、信頼できないソフトウェアをインストールしたりしないよう警告しているのはそのためです。

ファイルの暗号を解除する方法をお知りになりたい場合は、次のページに進んでお読みください。

LeChiffre マルウェアを除去してファイルを復元する方法は?

LeChiffre ウィルスの身代金メモによると、6ヶ月たてばあなたのファイルは無料で元通りになると言っています。しかし、これは実現しそうにありません。必要なファイルにアクセスするのに 6ヶ月も待つ人がどこにいるでしょうか?明らかに、人は価値ある記録を毎日生み出しているわけで、彼らもまた失われたファイルへのアクセスを今すぐに回復したいのです。幸いなことに、暗号解除のツールが見つかりました。こちらからダウンロードできます。ただし、覚えておかねばならないことは、ファイルの暗号を解除する前に、まず PC から LeChiffre ウィルスを完全に「除去しなければならない」ということです。これには Reimage や他のアンチ・マルウェア・ソフトウェアをお使いください。

このサイトで勧めているいかなる製品も私たちはアフィリエイトパートナーの場合があります。使用許諾に明記されています。 LeChiffre ウィルスのスパイウエアを除去するため、提供されるいかなるアンチスパイウエアをダウンロードする場合もプライーバシーポリシー及び使用許諾を承諾する。
今すぐ!
ダウンロードする
Reimage (リムーバ) 満足度
保障
ダウンロードする
Reimage (リムーバ) 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 OS Xに対応
うまくいかない場合は?
Reimage を使用しても感染を取り除けない場合は、弊社サポート・チームに 質問を送信 し、できるだけ詳しい内容をお知らせください。
LeChiffre ウィルス のアンインストールには Reimage をお勧めします。 無料のスキャナで、あなたの PC が感染しているかどうかをチェックできます。マルウェアを除去する必要がある場合は、Reimage マルウェア除去ツールのライセンス版を購入する必要があります。
このプログラムに関する詳しい情報は、Reimage のレビューをご覧ください。
の別記を押して下さいReimage

手動 LeChiffreウイルス削除方法:

Safe Mode with Networking を使用して LeChiffre を削除

  • 手順 1: Safe Mode with Networking へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Safe Mode with Networking を選択 'Safe Mode with Networking' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Networking を選択します。 'Enable Safe Mode with Networking' を選択
  • 手順 2: 削除 LeChiffre

    感染しているアカウントへログインし、ブラウザを起動します。Reimage または信頼できるアンチスパイウェアプログラムをダウンロードします。フルスキャンの前にアップデートを行い、感染したランサムウェアに属する悪意のあるファイルを削除し、 LeChiffre の削除を完了します。

ランサムウェアによってSafe Mode with Networking がブロックされている場合は、さらなる方法を試してください。

System Restore を使用して LeChiffre を削除

  • 手順 1: Safe Mode with Command Prompt へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Command Prompt を選択 'Safe Mode with Command Prompt' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Command Prompt を選択します。 'Enable Safe Mode with Command Prompt' を選択
  • 手順 2: システムファイルと設定の復元
    1. Command Prompt ウィンドウが表示されたら、 cd restore を入力し Enter をクリックします。 引用符なしで 'cd restore' を入力し、 'Enter' を押下します
    2. ここで rstrui.exe を入力し、もう一度 Enter を押下します。. 引用符なしで 'rstrui.exe' を入力し、 'Enter' を押下します
    3. 新しいウィンドウが表示されたら、 Next をクリックし、LeChiffre が侵入する前の復元ポイントを選択します。選択後、 Next をクリックします。 'System Restore' ウィンドウが表示されたら、 'Next' を選択します 復元ポイントを選択し、 'Next' をクリックします
    4. ここで Yes をクリックし、システムの復元を開始します。 'Yes' をクリックし、システムの復 を開始します
    システムを前の日の日付に復元したら、Reimage をダウンロードして PC をスキャンし、LeChiffre の除去が正常に行われたことを確認してください。

最後に、クリプト・ランサムウェアから身を守るよう、常に気をつけてください。LeChiffre やその他のランサムウェアからコンピュータを守るためには、 ReimagePlumbytes Anti-MalwareWebroot SecureAnywhere AntiVirusMalwarebytes Anti Malware などの評価が高いアンチスパイウェアを使用してください

著者について

Lucia Danes
Lucia Danes - ウィルス・リサーチャー

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

Lucia Danes に連絡する
Esolutions について

出典:https://www.2-spyware.com/remove-lechiffre-virus.html

他言語による除去ガイド