重大度:  
  (99/100)

MNS CRYPTOLOCKER ウィルスを除去する (2017年Feb月更新) - 暗号解除スッテプ付き

記入者 ジュリー・スプリンターズ - - | タイプ: ランサムウェア

MNS Cryptolocker と Cryptolocker。どちらも同じファミリーの出身なの?

MNS Cryptolocker ウィルスは新たなファイル暗号化タイプのマルウェアとして現れてきました。このカテゴリに入るどの一般的なプログラムとも同じように、被害者を脅し、ロックされたファイルと引き換えにお金を支払うよう要求します。このマルウェアは AES アルゴリズムを利用して個人データを暗号化します。その複雑さのために、復号ツールを入手せずにファイルを復号することはかなり大変です。このウィルスは冒頭で紹介した CryptoLocker の別バージョンと見られています。最近、このランサムウェア・ファミリー に属するウィルスが特に増えてきています。これが関連のあるウィルスなのか、他のサイバー犯罪者によって作られた単なる模倣なのかについて疑念が持ち上がっています。偽ものであろうと、なかろうと、このプログラムが個人ファイルを暗号化することには変わりありません。MNS Cryptolocker は直ちに除去されることをお勧めします。それには Reimage Reimage Cleaner Intego をご利用ください。

CryptoLocker ランサムウェア・ファミリーは、2013 年以来仮想コミュニティを続けざまに脅かし、悪名を馳せてきました。さらに、アナリストはこのランサムウェアが 3 億ドル以上稼いだのではにかとみています 。オリジナル版が消去されたという推測がある中で、類似のタイトルを持つその複製物が引き続き現れています。全ての模倣品がオリジナル版ほどの破壊力を持っているわけではないものの、未だに大混乱を引き起こす能力を持っています。その上、成長するランサムウェア市場に呼応して、FBIなどの法執行機関が驚くようなアドバイスを示しています。MNS Cryptolocker や他の暗号化タイプのマルウェアに感染したら、お金を送金した方が良いでしょう 。この発言は確実に仮想コミュニティに鳴り響いてきました。新しいファイル暗号化タイプのウィルスがどんどん現れて、サイバー・ビジネスが爆発的に儲かっている理由はこのような態度が説明してくれると言えるでしょう。もっと言えば、その割にはデータが戻ったという報告はほとんどありません。同様に、重罪人の常識などというものに信頼するなど不毛もいいところです。このようなことをする代わりに、特に MNS Cryptolocker については、さっさと取り除いた方がいいのです。

All your file locked with MNS CryptoLocker:
send 0.2 btc to adress 19o4meegqhmdswffskcdgm8rjt16cca33xqfor decrypt your files send your uniq and btc wallet from wich paid
to email alex.vas@dr.com
after we receive bitcoins and yor email, we contact with you

アメリカ以外でも、このウィルスはヨーロッパ地域をターゲットにしています。現時点では 0.2 ビットコイン、すなわち約 196€ になります。詐欺師たちはファイルがそう簡単には複合できないことを知っていますが、それというのも暗号化手法に AES を使い始めたからです。詐欺師たちがユーザーに向かって、お金を支払う以外に方法がない、と警告し、脅してくるというのは彼らの常套手段だということに留意してください。では、MNS Cryptolocker マルウェアの除去の話に進みましょう。

MNS Cryptolocker は CryptoLocker と関連があるのか?

暗号化タイプのマルウェアの拡散方法

どうやら何か感染性のスパム・メールを無防備に開いた後にこのマルウェアによる攻撃を受けたという方がいらっしゃるようです。サイバー犯罪者の間では、様々な偽の、あるいは改ざんされた請求書関係の文書や税務報告書はどが流行っています。特に休暇中に感染する危険性がぐっと高まるようです 。同様に、ご使用に端末でそのようなメールを開いたり、エクスプロイト・キットで拡張されているサイトにアクセスした後に MNS Cryptolocker のハイジャックの被害に遭うことがあります。この方法だた被害者が自衛する可能性が低くんるため、こちらを好む詐欺師もかなりいます。そのような感染のリスクを低くするために、セキュリティ・アプリのインストールをお勧めしているわけです。

MNS Cryptolocker ランサムウェアの除去はどれくらいでできるの?

効率の良いソリューションをお探しなら、例えば Reimage Reimage Cleaner IntegoMalwarebytes のようなアンチスパイウェア・アプリをインストールするのがよいでしょう。どちらのツールも端末から MNS Cryptolocker を除去してくれます。プログラムを最新版に更新してからスキャンを開始してください。このソフトウェアではランサムウェアの忌まわしいキャリアであるエクスプロイト・キットも検出できます。何らかの PC の漏んだいで MNS Cryptolocker の除去が完了できない場合は、下記記載のガイドをお読みになると役に立つかもしれません。サイバー感染を撲滅できたら、ファイル復元ガイドにお進みください。

オファー
今すぐ!
ダウンロードする
Reimage 満足度
保障
ダウンロードする
Intego 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 Supported versions OS Xに対応 Supported versions
うまくいかない場合は?
Reimage Intego を使用してもウィルスによるダメージを取り除けなかった場合は、弊社のサポートチームに 質問を送信 し、できるだけ詳しい情報をお送りください。
Reimage Intego には無料の限定スキャナがあります。 Reimage Intego の完全版を購入されると、スキャンを通じてその他の機能もご利用いただけます。無料スキャナで問題が検出されたら、手動による無料修復ツールを使用して修復するか、自動的にそれらを修復するために完全版をご購入いただくこともできます。
代替ソフト
それぞれのソフトウェアには各々の目的があります。Reimage では感染したファイルを修復できなかった場合は、SpyHunter 5 をお試しください。
代替ソフト
それぞれのソフトウェアには各々の目的があります。Intego では感染したファイルを修復できなかった場合は、Combo Cleaner をお試しください。

手動 MNS CRYPTOLOCKERウイルス削除方法:

Safe Mode with Networking を使用して MNS CRYPTOLOCKER を削除

MNS Cryptolocker にブロックされて除去できない場合は、PC を Safe Mode with networking で再起動する必要があります:

  • 手順 1: Safe Mode with Networking へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Safe Mode with Networking を選択 'Safe Mode with Networking' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Networking を選択します。 'Enable Safe Mode with Networking' を選択
  • 手順 2: 削除 MNS CRYPTOLOCKER

    感染しているアカウントへログインし、ブラウザを起動します。Reimage Reimage Cleaner Intego または信頼できるアンチスパイウェアプログラムをダウンロードします。フルスキャンの前にアップデートを行い、感染したランサムウェアに属する悪意のあるファイルを削除し、 MNS CRYPTOLOCKER の削除を完了します。

ランサムウェアによってSafe Mode with Networking がブロックされている場合は、さらなる方法を試してください。

System Restore を使用して MNS CRYPTOLOCKER を削除

Safe Mode with networking の状態でランサムウェアをブロックできない場合は、以下のガイドもお試しください:

  • 手順 1: Safe Mode with Command Prompt へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Command Prompt を選択 'Safe Mode with Command Prompt' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Command Prompt を選択します。 'Enable Safe Mode with Command Prompt' を選択
  • 手順 2: システムファイルと設定の復元
    1. Command Prompt ウィンドウが表示されたら、 cd restore を入力し Enter をクリックします。 引用符なしで 'cd restore' を入力し、 'Enter' を押下します
    2. ここで rstrui.exe を入力し、もう一度 Enter を押下します。. 引用符なしで 'rstrui.exe' を入力し、 'Enter' を押下します
    3. 新しいウィンドウが表示されたら、 Next をクリックし、MNS CRYPTOLOCKER が侵入する前の復元ポイントを選択します。選択後、 Next をクリックします。 'System Restore' ウィンドウが表示されたら、 'Next' を選択します 復元ポイントを選択し、 'Next' をクリックします
    4. ここで Yes をクリックし、システムの復元を開始します。 'Yes' をクリックし、システムの復 を開始します
    システムを前の日の日付に復元したら、Reimage Reimage Cleaner Intego をダウンロードして PC をスキャンし、MNS CRYPTOLOCKER の除去が正常に行われたことを確認してください。

おまけ: データの復元

上記のガイドは PC から MNS CRYPTOLOCKER を除去するために役立つはずです。暗号化されたファイルを復元するには、uirusu.jp のセキュリティ専門家が用意した詳しいガイドを使用されることをお勧めします。

ファイルが MNS CRYPTOLOCKER によって暗号化された場合、それらを復元する方法はいくつかあります。

Data Recovery Pro を使用して MNS Cryptolocker に暗号化されたファイルを復元する

Data Recovery Pro は有名なツールで、失われたファイルの復元に役立ちます。暗号化されたファイルのバックアップがない場合は、このプログラムがそれらを復元できる最後のチャンスとなるかもしれません。 

  • Data Recovery Pro をダウンロード;
  • Data Recovery のセットップの手順に従い、プログラムを PC にインストールします。
  • 起動後、PC をスキャンして MNS CRYPTOLOCKER ランサムウェアにより暗号化されたファイルを探します。
  • それらを復元します。

Windows Previous Versions による方法を試す

この方法を活用するには、このランサムウェアに感染する前に System Restore が有効になっている必要があります。有効であったことが確実なばあいは、この方法で個別のファイルを復元することができます。

  • 復元の必要な暗号化されたファイルを見つけたら、その上で右クリックします。
  • “Properties” を選択し、“Previous versions” タブに移動します。
  • ここで、“Folder versions” 内のファイルのうち利用可能なコピーをそれぞれチェックします。復元したいバージョンを選択して、“Restore” をクリックします。

ShadowExplorer とは?

これはオペレーティング・システムにより自動的に生成されるシャドウ・ボリューム・コピーに基づいて、失われたデータを復元するプログラムです。MNS Cryptolocker はこれらのコピーを除去すると報告されているため、ファイル復元のチャンスは下がります。それでもやってみたいという場合には、次のガイドをお読みください:

  • Shadow Explorer をダウンロードします (http://shadowexplorer.com/)。
  • Shadow Explorer セットアップ・ウィザードに従い、PC にこのアプリケーションをインストールします。
  • プログラムを起動し、左上コーナーのドロップダウン・メニューを開いて、暗号化されたデータのあるディスクを選択します。どのようなフォルダがあるか、チェックしてください。
  • 復元したいフォルダの上で右クリックし、“Export” を選択します。復元先の場所も選択することができます。

最後に、クリプト・ランサムウェアから身を守るよう、常に気をつけてください。MNS CRYPTOLOCKER やその他のランサムウェアからコンピュータを守るためには、 Reimage Reimage Cleaner IntegoSpyHunter 5Combo CleanerMalwarebytes などの評価が高いアンチスパイウェアを使用してください

政府のスパイ行為を許してはいけません

政府は利用者のデータの追跡あるいは市民へのスパイ行為に関しては多くの問題を抱えています。そこで、このことを考慮に入れて、怪しい情報収集の行いについて学びましょう。インターネット上では完全匿名にすることにより、迷惑な政府系の追跡行為を避けましょう。

オンラインにアクセスするために違うロケーションを選択し、特定のコンテンツ制限もなく、オンラインに接続して欲しいものにアクセスする時、別の場所を選択することができます。 Private Internet Access VPN を使用すると、ハッキングされるリスクがなく、簡単にインターネット接続をお楽しみいただけます。

政府の他の迷惑な当事者によりアクセス可能な情報をコントロールし、スパイ行為を受けずにオンラインサーフィンをお楽しみください。不法行為に関与しておらず、また自分のサービス、プラットフォームのセレクションを信頼していたとしても、自分自身の安全性を常に疑い、 VPN サービスを使用して予防的措置を講じておきましょう。

マルウェアの攻撃に遭った場合に備えて、バックアップファイルを作りましょう

コンピュータを使用していると、サイバー感染や自分のうっかりミスによりいろいろなものを失くして困ることがあります。マルウェアによって生じるソフトウェアの問題や暗号化による直接的なデータの損失から端末の問題や恒久的なダメージに繋がる恐れがあります。そんな時に適切な 最新のバックアップ があれば、そのような場面に遭遇しても簡単に元通りに回復して仕事に戻れます。

端末に何か変更を加えたらバックアップを取っておけば、マルウェアが何かを変更したり端末の問題が原因でデータの破壊やパフォーマンスの低下が発生した時点に戻すことができるため、バックアップの作成は不可欠です。元に戻せる機能を利用して、日常の、あるいは毎週ごとの習慣としてバックアップを取るようにしましょう。

なにか重要なドキュメントやプロジェクトの前のバージョンを取ってあれば、ストレスや障害も防げます。マルウェアが突如として現れた場合に大変便利です。システム復元には Data Recovery Pro をぜひご利用ください。

著者について
Julie Splinters
Julie Splinters - マルウェア除去スペシャリスト

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

Julie Splinters に連絡する
Esolutions について

出典:https://www.2-spyware.com/remove-mns-cryptolocker-ransomware-virus.html
他言語による除去ガイド

MNS CRYPTOLOCKER ransomware virusについてのあなたの意見