重大度:  
  (99/100)

ONI ウィルスを除去する (リムーバルガイド) - 2018年Aug月更新

記入者 ウグニウス・キグオイス - - | タイプ: ランサムウェア

ONI ランサムウェア – 日本企業の攻撃に複数のバージョンを使う危険なウィルス

ONI ランサムウェアウィルス

ONI ランサムウェアは悪意のあるファイル暗号化型のウィルスで、主に日本企業へのサイバー攻撃に使われています。悪名高い Globe Imposter ウィルス との類似点が見られます。インストールされると、このマルウェアはシステムに Remote Access Trojan (RAT) も感染させますが、これは被害者の PC システムの完全な制御権を奪うために用いられるものです。リサーチャーは、このマルウェアが MBR-ONI ブートキットを作成したのと同じ作成者によって開発されたものと見ています。システムに入り込むと、ウィルスはファイルを暗号化して .ONI というファイル拡張子を付加します。ONI 暗号化ウィルスが使用する身代金メモは RESTORE_ONI_FILES.txt という名前です。

名前 Oni ランサムウェア
カテゴリ 暗号化型ウィルス
危険度 高。殆どの場合日本企業のネットワークや普通の PC ユーザーを攻撃する
使用されるファイル拡張子 .ONI
身代金メモ RESTORE_ONI_FILES.txt、!!!README!!!.html
被害者に連絡を取るために使用される Eメールアドレス hyakunoonigayoru@yahoo.co.jp
暗号化アルゴリズム RSA-2048 および AES-256 暗号化手法
駆除 ONI ラサの除去には Reimage Reimage Cleaner を使用してください 

サイバー犯罪者はターゲットの PC ネットワークにリモートからアクセスできるようになると、すぐにドメイン管理者のアカウントとサーバーをハッキングしようとします。まず、ハッカーは貴重なデータを盗み、次にターゲットの PC にランサムウェアをアップロードします。最初のランサムウェアの亜種がファイルを暗号化し、それらに .oni という拡張子を付加します 。

上述のランサムウェアには、どうやら ONI ランサムウェアと MBR-ONI ランサムウェアトイウ 2 つの亜種があるようです。2 つ目のウィルスの名前が示すように、これは感染した PC のマスターブートレコードを改ざんします (NotPetya や Bad Rabbit ランサムウェアウィルスが使う手法)。

インストールされると、ONI ウィルスはその有害なプログラムを投下し、PC を再起動させて以下のようなメッセージを被害者の PC 画面に表示します:

Your data is ENCRYPTED!
You will not decrypt it without our help! Your ID:
Contact us:
Password:

ONI ランサムウェアは !!!README!!!.html という名前の身代金メモを表示しますが、中身は若干異なります。こちらは被害者に日本語で説明しています。このランサムウェアはデータ復元に関する詳細情報を得るために hyakunoonigayoru@yahoo.co.jp 宛に連絡するよう求めてきます。さらに、データは RSA-2048 および AES-256 暗号化手法を使用して破壊されているとも書かれています。さらに、このマルウェアの亜種は暗号化されたファイルに .oni というファイル拡張子を付加します。

Cybereason のリサーチャー は、ハッカーが MBR-ONI ウィルスをワイパーのように利用して彼らのハッキング操作を撹乱していると言っています。ハッキング攻撃は 3 ヶ月から 9 ヶ月続き、最終的には感染した何百台という PC 上のデータの暗号化を試みるようになります (詐欺師はすべてのマシン上のデータを一斉にロックしたいのです)。

どちらのバージョンが PC に感染したとしても、直ちに ONI ランサムウェアを除去する必要がある、と語るのは Dieviren.de チーム です。弊社では本記事末尾に記載されているガイドを読み、Reimage Reimage Cleaner のようなアンチマルウェアソフトを使用して、できるだけ速やかにランサムウェアを駆除されることを強くお勧めします。

ONI ウィルスを手動で駆除しようとすると、しばしば問題に遭遇し、システムにさらなるダメージが発生する恐れがあるため、弊社では同じ過ちを侵さないようご忠告いたします。 

ONI ランサムウェア
ONI ランサムウェアは様々なバージョンの形で拡散されてきました。最初のものは従来型のファイル暗号化タイプのウィルスとして動作し、またあるものは Bad Rabbit ランサムウェアの場合ど同様にマスターブートレコードを書き換えます。

ランサムウェアを使用したターゲットへの攻撃の詳細な説明

  • Cybereason によるリサーチでは、詐欺師は悪質な Office 文書を使用して Ammyy Admit RAT を配布したと言っています。これらの文書はスピアフィッシングメール経由で配布されています。
  • 次に、詐欺師は RAT を利用して感染した PC ネットワークのシステム内部を綿密に探索し、貴重な信用情報を盗みます。その後、ネットワークの制御権を 100% 掌握します。
  • リサーチャーによると、次の攻撃ステージで、攻撃主は偽の GPO (グループポリシー) を作成して組織全体に適用します。常駐しているオートランを利用して、偽の GPO が DC サーバーからバッチを見つけます。
  • 最後に、サイバー犯罪者のアクティビティを隠すために、Windows のイベントログが消去されます。最終的に、ONI ランサムウェアのバイナリが実行され、感染した PC 上のデータが暗号化されます。
  • さらに、MBR-ONI バージョンは特定の PC 上でのみ利用されるのに対し、ONI はほとんど全ての PC 上で実行されていたようです。マルウェアのアナリストは、MBR マルウェアはこの操作の新の動機を隠すためにワイパーとして用いられていたと推測しています。
  • マスターブートレコードを書き換える方のウィルスが DiskCryptor プログラムでも使われていたことは特筆に値するでしょう (Bad Rabbit および Petya によるサイバー攻撃でも採用されていました)。

今すぐ ONI を除去してシステムを保護する

フィアルが上述のランサムウェアの亜種に暗号化された場合は、ONI ランサムウェアを手動で除去しようとは思わないでください。このマルウェアは完全に PC から除去してしまわねばならないため、弊社チームで推奨しているアンチマルウェアソフトのご使用を強くお勧めします。

いくつかのヒントを以下にあげておきましょう。しかし、システムから ONI ランサムウェアを除去するためには、当該の支持に従ってブートのクリンーアップを実施する必要があるでしょう。

オファー
今すぐ!
ダウンロードする
Reimage 満足度
保障
ダウンロードする
Reimage Cleaner 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 Supported versions OS Xに対応 Supported versions
うまくいかない場合は?
Reimage Reimage Cleaner を使用してもウィルスによるダメージを取り除けなかった場合は、弊社のサポートチームに 質問を送信 し、できるだけ詳しい情報をお送りください。
ウィルスのダメージを取り除くには Reimage Reimage Cleaner をお勧めします。 Free scanner allows you to check your system for damaged and corrupted files. If you need to fix them, you may need to purchase the licensed version of Reimage Reimage Cleaner.

手動 ONIウイルス削除方法:

Safe Mode with Networking を使用して ONI を削除

ONI マルウェアを除去するには、先にシステムのブートをクリーンアプする方法についてのガイドをお読みください。システムの準備が整ったら、アンチマルウェアソフトをダウンロードして実行し、ウィルスを除去してもらいましょう。

  • 手順 1: Safe Mode with Networking へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Safe Mode with Networking を選択 'Safe Mode with Networking' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Networking を選択します。 'Enable Safe Mode with Networking' を選択
  • 手順 2: 削除 ONI

    感染しているアカウントへログインし、ブラウザを起動します。Reimage Reimage Cleaner または信頼できるアンチスパイウェアプログラムをダウンロードします。フルスキャンの前にアップデートを行い、感染したランサムウェアに属する悪意のあるファイルを削除し、 ONI の削除を完了します。

ランサムウェアによってSafe Mode with Networking がブロックされている場合は、さらなる方法を試してください。

System Restore を使用して ONI を削除

PC を修復するためには、System Restore 機能が使用できます。

  • 手順 1: Safe Mode with Command Prompt へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Command Prompt を選択 'Safe Mode with Command Prompt' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Command Prompt を選択します。 'Enable Safe Mode with Command Prompt' を選択
  • 手順 2: システムファイルと設定の復元
    1. Command Prompt ウィンドウが表示されたら、 cd restore を入力し Enter をクリックします。 引用符なしで 'cd restore' を入力し、 'Enter' を押下します
    2. ここで rstrui.exe を入力し、もう一度 Enter を押下します。. 引用符なしで 'rstrui.exe' を入力し、 'Enter' を押下します
    3. 新しいウィンドウが表示されたら、 Next をクリックし、ONI が侵入する前の復元ポイントを選択します。選択後、 Next をクリックします。 'System Restore' ウィンドウが表示されたら、 'Next' を選択します 復元ポイントを選択し、 'Next' をクリックします
    4. ここで Yes をクリックし、システムの復元を開始します。 'Yes' をクリックし、システムの復 を開始します
    システムを前の日の日付に復元したら、Reimage Reimage Cleaner をダウンロードして PC をスキャンし、ONI の除去が正常に行われたことを確認してください。

おまけ: データの復元

上記のガイドは PC から ONI を除去するために役立つはずです。暗号化されたファイルを復元するには、uirusu.jp のセキュリティ専門家が用意した詳しいガイドを使用されることをお勧めします。

現時点で、.oni ファイルのデータ復元に関する情報ははっきりしていません。現在、ファイルを復元する方法は分かっていません。試しに従来のデータ復元方法をご用意しましたのでご利用ください。

ファイルが ONI によって暗号化された場合、それらを復元する方法はいくつかあります。

Windows Previous Versions による復元

このオプションはランサムウェアによる攻撃の前に System Restore ポイントを作成してあった場合にご利用いただけます。

  • 復元の必要な暗号化されたファイルを見つけたら、その上で右クリックします。
  • “Properties” を選択し、“Previous versions” タブに移動します。
  • ここで、“Folder versions” 内のファイルのうち利用可能なコピーをそれぞれチェックします。復元したいバージョンを選択して、“Restore” をクリックします。

ShadowExplorer ソフトを使用する

PC が Oni の基本バージョンに感染した場合で、かつマスターブートレコードが改ざんされていない場合は、ShadowExplorer を利用してファイルの復元を試みてください。

  • Shadow Explorer をダウンロードします (http://shadowexplorer.com/)。
  • Shadow Explorer セットアップ・ウィザードに従い、PC にこのアプリケーションをインストールします。
  • プログラムを起動し、左上コーナーのドロップダウン・メニューを開いて、暗号化されたデータのあるディスクを選択します。どのようなフォルダがあるか、チェックしてください。
  • 復元したいフォルダの上で右クリックし、“Export” を選択します。復元先の場所も選択することができます。

現在のところご利用いただける復号ツールはありません

Oni のデクリプタはまだご利用いただけません。

最後に、クリプト・ランサムウェアから身を守るよう、常に気をつけてください。ONI やその他のランサムウェアからコンピュータを守るためには、 Reimage Reimage Cleaner SpyHunter 5Combo CleanerMalwarebytes などの評価が高いアンチスパイウェアを使用してください

著者について

Ugnius Kiguolis
Ugnius Kiguolis - マルウェア除去のエキスパート

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

Ugnius Kiguolis に連絡する
Esolutions について

出典:https://www.2-spyware.com/remove-oni-ransomware-virus.html

他言語による除去ガイド