重大度:  
  (99/100)

Samas ランサムウェア. 除去するには? (アンインストール・ガイド)

記入者 ルシア・デーンズ - - | タイプ: ランサムウェア

Samas ランサムウェアの分析

Samas ウィルス (別名 Samas DR ランサムウェア) は出回っている中でも最もしつこいタイプのランサムウェア・ウィルスの 1 つです 。このウィルスは 2014 年頃から出回り、昨年は北米やヨーロッパの疑うことを知らない被害者から少なくとも 450,000 USD を巻き上げました 。もちろん、このプログラムは現在の地位に立つまで長き道のりを歩んできたのですが、技術的な観点から見ると、この旅路を追うことには興味が持たれます。そうすることで専門家にはこのランサムウェアがどのように働いて、どのように発展してきたかをより詳しく洞察することができたのです。本記事では、Samas ランサムウェアの進化におけるメイン・ステージを概観し、このウィルスが PC に現れないようにするために役立つヒントを書くことにしましょう。Samas の除去についてのヒントを探して本記事にたどり着いたという方も、きっとがっかりなさらないはずです。本記事末尾に、このウィルスを安全に取り除くための専門家による推奨事項が書かれています。これらの推奨事項はウィルスの除去に役立つように書かれていますが、プロセス自体は例えば Reimage などの専用のアンチウィルス・ソフトウェアを使用してのみ実行されることをご承知おきください。

ほとんどの方が、ランサムウェア とは何かということを既にご存じでしょう。しかし、ご存じないという方のために簡単にご説明すると、ランサムウェアとは、スクリーンをロックしたり、何らかの洗練されたアルゴリズムを使用したりして、ユーザーの個人データへのアクセスをブロックしてしまう PC ウィルスのことを言います。Samas は後者の、暗号化タイプのランサムウェア・グループに属しています。もっと詳しく言いますと、これは RSA-2048という軍事レベルの暗号化手法 を適用することでファイルをロックし、ファイル名の末尾に encrypted.RSA という拡張子を付加します。ウィルスの後続のバージョンでは、さらに .iloveworld、.helpmeencedfile、.whereisyourfiles、weareyourfriends、.theworldisyours、.encryptedyourfiles および .whereisyourfiles を含む他の拡張子も使用して、被害者の個人データを使えなくしてしまいます。最新の Samas 2017 バージョンでは、.weencedufiles というファイル拡張子がよく使われています。ファイルが暗号化されると、この悪意のあるプログラムは PLEASE_READ_FOR_DECRYPT_FILES_{被害者の ID}, 001-READ-FOR-DECRYPT-FILES.html または READ-READ-READ.html という名前の身代金メモを被害者の PC に投下し、復号キーと交換に身代金を支払うように要求してきます。その後は被害者が支払う価値があるかどうかを判断することになるのですが、専門家は支払う代わりに Samas を除去されるよう強く勧めています。

Samas ウィルスのバージョンについて言えば、その源は 2014 年に遡るとは言え、Samas ウィルスは 2016 年の 3 月 まではさほど確固たる形式を取ろうとはしていませんでした。それが、今では専門家が約 60 ほどの異なるバージョンを数えるまでになり、そのほとんどが特定の機関やキャンペーンを攻撃すべく作成されたものです。実際、Samas は任意のホーム・ユーザーの PC に感染するよりは、個別の被害者を特にターゲットにしているという点において、通常のランサムウェアとは異なります。ハッカーたちはヘルスケアや法執行機関を含む公共機関の方がよりランサムウェアへの攻撃に対して脆弱であり、守らねばならない大量の文書やクライアント情報を持っているためにより積極的にお金を支払うということを十分に承知しているのです。もちろん、最近の機関はそのほとんどが今日重要なデータのバックアップを取り、安全でハッカーの手の届かない所に保管しているため、そのような攻撃は必ずしも成功するとは限りません。それでも、ハッカーたちは被害者が支払う気になった場合に備えて、万事準備を整えています。匿名で身代金を受け取れるビットコイン口座を作り、身代金メモと併せて感染した PC に自らのアドレスも載せています。これまでの所、Samas に関連のあるビットコイン・ウォレットは 19 個ほどあり、まだ見つかっていないものがいくつあるか分かっていません。

ハッカーはターゲットの PC にどうやってこのランサムウェアを届けるの?

Samas ランサムウェアは複雑なサイバー・ウィルスですが、それは常に変化し、個別の攻撃のたびにそれに合うように改ざんされています。このランサムウェアの開発者は作業ディレクトリやドロッパー・ファイルを切り替え、マルウェアがより簡単に PC に入りやすいような新しい方法を考え出します。現在、このウィルスは脆弱なネットワークを見つけ、トンネル・ツールの reGerog を利用してそれらを攻撃するために、ペン・テスト機能を活用しています。さらに、ウィルスの別のバージョンではデータ窃盗タイプのマルウェアも活用し、ログイン認証情報の収集や管理権限の取得を行い、最終的に PC に悪意のあるプログラムを展開します。このような卑劣な攻撃はなかなか予測することが難しいものです。そこで、守りの薄い被害者を捕まえるのはたいへん上手くいっているようです。幸いなことに、そのような攻撃の危険性は二段階のログイン認証の導入やソフトウェアを最新版に更新すること、また Microsoft Office のプログラム内でマクロ機能を無効にしたり、なりすましのメールやフィッシング・メールの識別により、大幅に減らすことができます。

Samas の除去: パニックになるよりも行動を

Samas ウィルスは手動でも除去できますが、それは極めて危険性が高く、長い手順が必要になります。さらに、ウィルスは通常自身を目立たないようにし、そのコンポーネントを感染した PC 全体にばら撒くため、基本の感染が端末から除去されても、悪意のあるアイテムの一部が PC 上に残留している可能性があるようです。そこで、Samas の除去は、システム全体をスキャンしてファイルを危険に晒すようなコンポーネントを自動的に取り除いてくれる専用のアンチマルウェアに任せた方がよいでしょう。

このサイトで勧めているいかなる製品も私たちはアフィリエイトパートナーの場合があります。使用許諾に明記されています。 Samas ランサムウェアのスパイウエアを除去するため、提供されるいかなるアンチスパイウエアをダウンロードする場合もプライーバシーポリシー及び使用許諾を承諾する。
今すぐ!
ダウンロードする
Reimage (リムーバ) 満足度
保障
ダウンロードする
Reimage (リムーバ) 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 OS Xに対応
うまくいかない場合は?
Reimage を使用しても感染を取り除けない場合は、弊社サポート・チームに 質問を送信 し、できるだけ詳しい内容をお知らせください。
Samas ランサムウェア のアンインストールには Reimage をお勧めします。 無料のスキャナで、あなたの PC が感染しているかどうかをチェックできます。マルウェアを除去する必要がある場合は、Reimage マルウェア除去ツールのライセンス版を購入する必要があります。
このプログラムに関する詳しい情報は、Reimage のレビューをご覧ください。
の別記を押して下さいReimage

手動 Samasウイルス削除方法:

Safe Mode with Networking を使用して Samas を削除

ご使用のアンチウィルスをブロックしているウィルスにより、Samas の除去が邪魔されることが考えられます。幸いなことに、このような悪意のある機能性は以下の単純なステップにより取り除くことができます:

  • 手順 1: Safe Mode with Networking へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Safe Mode with Networking を選択 'Safe Mode with Networking' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Networking を選択します。 'Enable Safe Mode with Networking' を選択
  • 手順 2: 削除 Samas

    感染しているアカウントへログインし、ブラウザを起動します。Reimage または信頼できるアンチスパイウェアプログラムをダウンロードします。フルスキャンの前にアップデートを行い、感染したランサムウェアに属する悪意のあるファイルを削除し、 Samas の削除を完了します。

ランサムウェアによってSafe Mode with Networking がブロックされている場合は、さらなる方法を試してください。

System Restore を使用して Samas を削除

Samas ランサムウェアを取り除きたいがウィルスがアンチウィルス・スキャナへのアクセスをブロックしているという場合は、以下のガイドをお読みください:

  • 手順 1: Safe Mode with Command Prompt へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Command Prompt を選択 'Safe Mode with Command Prompt' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Command Prompt を選択します。 'Enable Safe Mode with Command Prompt' を選択
  • 手順 2: システムファイルと設定の復元
    1. Command Prompt ウィンドウが表示されたら、 cd restore を入力し Enter をクリックします。 引用符なしで 'cd restore' を入力し、 'Enter' を押下します
    2. ここで rstrui.exe を入力し、もう一度 Enter を押下します。. 引用符なしで 'rstrui.exe' を入力し、 'Enter' を押下します
    3. 新しいウィンドウが表示されたら、 Next をクリックし、Samas が侵入する前の復元ポイントを選択します。選択後、 Next をクリックします。 'System Restore' ウィンドウが表示されたら、 'Next' を選択します 復元ポイントを選択し、 'Next' をクリックします
    4. ここで Yes をクリックし、システムの復元を開始します。 'Yes' をクリックし、システムの復 を開始します
    システムを前の日の日付に復元したら、Reimage をダウンロードして PC をスキャンし、Samas の除去が正常に行われたことを確認してください。

おまけ: データの復元

上記のガイドは PC から Samas を除去するために役立つはずです。暗号化されたファイルを復元するには、uirusu.jp のセキュリティ専門家が用意した詳しいガイドを使用されることをお勧めします。

ファイルが Samas によって暗号化された場合、それらを復元する方法はいくつかあります。

Data Recovery Pro を使用して Samas ランサムウェアに暗号化されたファイルを復元できる可能性はどれくらいなの?

Samas ランサムウェアによって暗号化されたファイルを復元できる可能性はあまりありませんが、Data Recovery Pro を使用して少なくともファイルの一部を復元することができるでしょう。 

  • Data Recovery Pro をダウンロードします (http://uirusu.jp//download/data-recovery-pro-setup.exe)。
  • Data Recovery のセットップの手順に従い、プログラムを PC にインストールします。
  • 起動後、PC をスキャンして Samas ランサムウェアにより暗号化されたファイルを探します。
  • それらを復元します。

Windows Previous Versions 機能が Samas によって暗号化されたファイルの復元に役立ちます

PC が Samas の攻撃を受けたら、ファイルの復元に Windows Previous Versions 機能をお試しください。これは System Restore 機能が有効になっていないと機能しない点に留意してください。

  • 復元の必要な暗号化されたファイルを見つけたら、その上で右クリックします。
  • “Properties” を選択し、“Previous versions” タブに移動します。
  • ここで、“Folder versions” 内のファイルのうち利用可能なコピーをそれぞれチェックします。復元したいバージョンを選択して、“Restore” をクリックします。

ShadowExplorer を使ったデータの復元

残念ながら、Samas ランサムウェアは暗号化されたファイルの Volume Shadow Copies をすべて削除し、Shadow Explorer のようなツールでデータが復元されないようにしています。

  • Shadow Explorer をダウンロードします (http://shadowexplorer.com/)。
  • Shadow Explorer セットアップ・ウィザードに従い、PC にこのアプリケーションをインストールします。
  • プログラムを起動し、左上コーナーのドロップダウン・メニューを開いて、暗号化されたデータのあるディスクを選択します。どのようなフォルダがあるか、チェックしてください。
  • 復元したいフォルダの上で右クリックし、“Export” を選択します。復元先の場所も選択することができます。

Samas デクリプタ

現在、Samas のデクリプタは利用できませんが、しばらくしたらもう一度チェックしてみてください。

最後に、クリプト・ランサムウェアから身を守るよう、常に気をつけてください。Samas やその他のランサムウェアからコンピュータを守るためには、 ReimagePlumbytes Anti-MalwareWebroot SecureAnywhere AntiVirusMalwarebytes Anti Malware などの評価が高いアンチスパイウェアを使用してください

著者について

Lucia Danes
Lucia Danes - ウィルス・リサーチャー

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

Lucia Danes に連絡する
Esolutions について

他言語による除去ガイド