重大度:  
  (63/100)

削除 “The Requested Resource is in Use” error (無料インストラクション) - チュートリアル

記入者 ルシア・デーンズ - - | タイプ: トロイの木馬

“The Requested Resource is in Use” エラーについて知っておくべきことは?

Windows OS で “The Requested Resource is in Use” エラーが表示されるのは良い印とは言えません。この警告は、トロイの木馬 が PC にうまく潜り込んでいることを意味します。これがどういうものか分からない方にご説明しますと、トロイとは PC を攻撃するために広く用いられている悪意のあるプログラムのことです。世間には数多くのトロイが存在しています。しかし、このエラーのトリガーとなっているものは SmartService Trojan として知られています。このサイバー感染は極めて危険であり、除去するのが難しいかもしれません。これはアンチウィルス・プログラム をブロックし、ユーザーがセキュリティ・ツールにアクセスできないようにする能力を持っています。”The Requested Resource is in Use” 警告を受け取った後にセキュリティ・プログラムで PC をスキャンしようとしてもできないでしょう。PC にインストールされているセキュリティ・ソフトにアクセスしようとすると、必ずこのエラー・メッセージが現れます。小さなエラー・メッセージですが、どのようなプログラムをトロイがブロックしたのかを示し、ブロックを施した実行ファイルへのパスも表示しています。アンチウィルス・プログラムをブロックする他に、このマルウェアは感染したシステム上で様々なプロセスを保護し、潜在的に迷惑なプログラムがシステムに留まったり入り込んだりできるようにします。つまり、”The Requested Resource is in Use” はご使用の PC が大きな危険にさらされているということ、また何らかのアクションを直ちに取る必要があることを警告しているのです。

“The Requested Resource is in Use” を除去するには、SmartService Trojan を停止させる必要があります。大半のサイバー感染は Reimage Reimage Cleaner IntegoSpyHunter 5Combo Cleaner のようなセキュリティ・ツールを使ってシステムから停止させることができます。しかし、このサイバー感染の場合はアンチウィルス・プログラムをブロックするようにデザインされているのです。ですから、これらのマルウェア除去プログラムは使ってみないと分かりません。弊社では PC を再起動して Safe Mode with Networking にすることをお勧めしています 。こうすればセキュリティ・プログラムをインストールしたりアクセスしたりできるはずです。”The Requested Resource is in Use” の問題を手動で除去することは極めて危険であることに留意してください。自分でトロイを停止させようとすると、PC システム全体を破損する恐れがあります。

"The Requested Resource is in Use" エラー"The Requested Resource is in Use" エラーは SmartService と呼ばれる危険なトロイの木馬がきっかけになっています。

このトロイはどうやってシステムに侵入するの?

SmartService Trojan のシステム内への侵入を可能にする最もよくある手口は、偽のソフトウェア・ダウンロードを使うものです。これはユーザーがトレントやファイル共有サイト、また他のオンライン・ソースからダウンロードする様々なフリー・プログラムに付いてくることがあります。ですから、SmartService ハイジャッカーを避けたいならば、ソフトウェアのインストールには信頼のおけるソースを選ぶことが重要なのです。さらに、インストールに注意を払うことによっても、潜在的に迷惑なプログラムや悪意のあるアプリを避けることにつながります。第一に、プログラムをダウンロードする際には、その開発元が信頼できるかどうかを確認してください。ソフトウェア使用許諾 (EULA) や個人情報保護方針 を読んでください。そこにはサード・パーティとのパートナーシップについて、またインストールに同意することも考えられる他のプログラムについての情報が記載されています。選んだプログラムにこのような文書が付いていない場合、それは信頼できませんのでご注意ください。その他に、”The Requested Resource is in Use” エラーに関与しているトロイをインストールしてしまうかもしれません。第二に、正しいインストール設定を選びましょう。「高速」や「標準」のセットアップではなく、「拡張」または「カスタム」を選択してください。第三に、「拡張」「カスタム」インストール・ウィザードを選択しただけでは十分ではありません。各ステップに注意深く従って、ダウンロード用に提供されているサード・パーティのアプリを全て選択解除してください。

“The Requested Resource is in Use” エラーにはどう対処すればいいの?

“The Requested Resource is in Use” の除去は、これに関与しているトロイの馬と併せて実施される必要があります。ここでご忠告しておきたいのは、トロイは様々な PC 関連の問題を引き起こしたり、個人情報を盗もうとしたりする場合があるということです。すでにご承知のとおり、SmartService Trojan は潜在的に迷惑なプログラムを保護します。その上で他の迷惑アプリや悪意さえあるアプリもインストールすることがあります。ですから、これはさっさと除去してしまわねばなりません。とは言え、”The Requested Resource is in Use” エラーを手動で取り除くのは大変困難です。そこで、Reimage Reimage Cleaner IntegoSpyHunter 5Combo Cleaner をどうぞお試しください。PC を再起動して Safe Mode にし、トロイを無効にしてください。その後セキュリティ・ツールをインストールすることができるようになるでしょう。SmartService が前述のプログラムをブロックする場合は、Malwarebytes をお試しください。このトロイを手動で取り除こうとすると、修復不可能なダメージを与える場合があることを警告しておきましょう。

オファー
今すぐ!
ダウンロードする
Reimage 満足度
保障
ダウンロードする
Intego 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 Supported versions OS Xに対応 Supported versions
うまくいかない場合は?
Reimage Intego を使用してもウィルスによるダメージを取り除けなかった場合は、弊社のサポートチームに 質問を送信 し、できるだけ詳しい情報をお送りください。
Reimage Intego には無料の限定スキャナがあります。 Reimage Intego の完全版を購入されると、スキャンを通じてその他の機能もご利用いただけます。無料スキャナで問題が検出されたら、手動による無料修復ツールを使用して修復するか、自動的にそれらを修復するために完全版をご購入いただくこともできます。
代替ソフト
それぞれのソフトウェアには各々の目的があります。Reimage では感染したファイルを修復できなかった場合は、SpyHunter 5 をお試しください。
代替ソフト
それぞれのソフトウェアには各々の目的があります。Intego では感染したファイルを修復できなかった場合は、Combo Cleaner をお試しください。

政府のスパイ行為を許してはいけません

政府は利用者のデータの追跡あるいは市民へのスパイ行為に関しては多くの問題を抱えています。そこで、このことを考慮に入れて、怪しい情報収集の行いについて学びましょう。インターネット上では完全匿名にすることにより、迷惑な政府系の追跡行為を避けましょう。

オンラインにアクセスするために違うロケーションを選択し、特定のコンテンツ制限もなく、オンラインに接続して欲しいものにアクセスする時、別の場所を選択することができます。 Private Internet Access VPN を使用すると、ハッキングされるリスクがなく、簡単にインターネット接続をお楽しみいただけます。

政府の他の迷惑な当事者によりアクセス可能な情報をコントロールし、スパイ行為を受けずにオンラインサーフィンをお楽しみください。不法行為に関与しておらず、また自分のサービス、プラットフォームのセレクションを信頼していたとしても、自分自身の安全性を常に疑い、 VPN サービスを使用して予防的措置を講じておきましょう。

マルウェアの攻撃に遭った場合に備えて、バックアップファイルを作りましょう

コンピュータを使用していると、サイバー感染や自分のうっかりミスによりいろいろなものを失くして困ることがあります。マルウェアによって生じるソフトウェアの問題や暗号化による直接的なデータの損失から端末の問題や恒久的なダメージに繋がる恐れがあります。そんな時に適切な 最新のバックアップ があれば、そのような場面に遭遇しても簡単に元通りに回復して仕事に戻れます。

端末に何か変更を加えたらバックアップを取っておけば、マルウェアが何かを変更したり端末の問題が原因でデータの破壊やパフォーマンスの低下が発生した時点に戻すことができるため、バックアップの作成は不可欠です。元に戻せる機能を利用して、日常の、あるいは毎週ごとの習慣としてバックアップを取るようにしましょう。

なにか重要なドキュメントやプロジェクトの前のバージョンを取ってあれば、ストレスや障害も防げます。マルウェアが突如として現れた場合に大変便利です。システム復元には Data Recovery Pro をぜひご利用ください。

著者について
Lucia Danes
Lucia Danes - ウィルス・リサーチャー

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

Lucia Danes に連絡する
Esolutions について

出典:https://www.2-spyware.com/remove-the-requested-resource-is-in-use-error.html
他言語による除去ガイド

“The Requested Resource is in Use” errorについてのあなたの意見