重大度:  
  (99/100)

UltraDeCrypter. 除去するには? (アンインストール・ガイド)

記入者 Alice Woods - - | タイプ: ブラウザ・ハイジャッカー

UltraDeCrypter: CryptXXX ランサムウェアに変化する?

最近、サイバー・セキュリティの専門家は CryptXXX virus がその支払いサイトのユーザー・インターフェース (UI) を変更し、デクリプタを UltraDeCrypter と改名したことを発見しました。インターネット・コミュニティではすぐさま、CryptXXX もその名前を変更するのではないかと疑い始めました。詳しい調査の結果、専門家は CryptXXX の時代は確かに終わり、新たに UltraCrypter ランサムウェア が台頭してきていることを確認しました。しかし、別の名前になったことを除けば、ウィルス自体は実質的には同じものです。どちらも Angler Exploit Kit (開発キット) を介して拡散されますが、これはシステムの脆弱性を見つけ出し、それを使用して被害者の PC に悪意のあるソフトウェアをこっそりとインストールするのです。一度システムに入ると、このウィルスは RSA-4096 アルゴリズムを使用して PC 内のファイルの暗号化を開始します。暗号化の際に、パブリック・キーとプライベート・キーが作成されますが、前者はファイルをロックするために、また後者はその暗号を解除するために使用されます。残念ながら、そのプライベート・キーは自らの制御下に置き、被害者には、再びファイルにアクセスしたければ、約 1.2 ビットコイン ($567.6 USD) を支払うよう要求しています。サイバー犯罪者の口座に送金することはお勧めできません。なぜなら、それこそ彼らが目的としていることだからです。支払うことで、詐欺師たちがより一層欲深くなり、引き続き悪意のあるソフトウェアを作り続けるのを支援することになってしまうのです。ですから、セキュリティの専門家は感染した PC のユーザーに対し、できるだけ速やかに UltraCrypter を除去するよう勧めています。

An image displaying UltraDeCrypter and Ultra Crypter ransomware

UltraCrypter の攻撃後にデータを復元することが被害者にとって最も優先順位の高いことであることは理解できます。残念ながら、システムを元の状態に戻せる可能性はほとんどありません。犯罪者は UltraDeCrypter ツールの購入を促し、それによって問題はすべて解決することになっていますが、既に述べたとおり、どのようなレベルであっても犯罪者と連携を持つことは危険です。そのような場合、ファイルのバックアップがあれば有利ですが、それがない場合は、残る手立ては PhotoRecR-Studio、または Kaspersky ウィルス対策ユーティリティ のようなデータ復元ソフトウェアしかありません。これらのユーティリティにより一部のファイルの復元に役立つ可能性はありますが、あまり期待を寄せない方がよいでしょう。いずれにせよ、何らかの復元ステップを行う前に、UltraCrypter を完全に除去することに着手した方がよいでしょう。さもないと、暗号を解除したファイルがまたすぐに暗号化されてしまうかもしれません。このためには、例えば Reimage のような信頼のおけるアンチウィルスのみを使用すべきです。

ランサムウェア・ウィルスを避けるには?

自分のファイルのためにお金を払うのを避ける最善の方法は、PC に信頼の置けるアンチスパイウェア・ソフトを装備することです。アンチスパイウェア・ソフトは PC に感染する原因となり得るような危険なサイトやダウンロードについて警告を発っしてくれます。ただし、セキュリティの専門家は一重の保護では不十分であると示唆しています。さらに、システムを確実に最新のセキュリティ標準に適合させるためには、強力なファイヤウォールを築くと共に、最新のシステム更新プログラムに目を光らせている必要があるも言っています。また、外部ストレージに別途ファイルのコピーを保存しておくことも必要です。こうすれば、ランサムウェアに攻撃を受けても、ファイルを失う心配をせずに済み、自信を持ってウィルスの除去に進めます。そのためには、信頼の置けるソフトを選ぶことです。

UltraDeCrypter を除去しても、PC を修復することにはなりませんが、それはそれ自体がウィルスではないからです。先に、これが関与しているウィルスを除去する必要があります。CryptXXX および Ultra Crypter はいずれも同じデクリプタを使用しており、どちらのウィルスが PC に感染しているのか識別することができるのは、信頼の置けるアンチマルウェア・ソフトだけです。ウィルスの除去ユーティリティは PC 上の他の悪意のあるウィルスもすべて見つけ、直ちにそれらを終了させてくれます。ただし、何らかの理由でアンチウィルスが起動できていないことに気付いたら、もしくはスキャンが失敗したら、ウィルスがプロセスをブロックしている場合も考えられます。そのような状況が発生した場合は、心配せずに、PC を切り離し、弊社のサイトで CryptXXX および UltraCrypter ウィルスを検索してください。ウィルスの説明の末尾に載っているガイドを読み、もう一度スキャンを行ってください。

このサイトで勧めているいかなる製品も私たちはアフィリエイトパートナーの場合があります。使用許諾に明記されています。 UltraDeCrypterのスパイウエアを除去するため、提供されるいかなるアンチスパイウエアをダウンロードする場合もプライーバシーポリシー及び使用許諾を承諾する。
今すぐ!
ダウンロードする
Reimage (リムーバ) 満足度
保障
ダウンロードする
Reimage (リムーバ) 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 OS Xに対応
うまくいかない場合は?
Reimage を使用しても感染を取り除けない場合は、弊社サポート・チームに 質問を送信 し、できるだけ詳しい内容をお知らせください。
UltraDeCrypter のアンインストールには Reimage をお勧めします。 無料のスキャナで、あなたの PC が感染しているかどうかをチェックできます。マルウェアを除去する必要がある場合は、Reimage マルウェア除去ツールのライセンス版を購入する必要があります。
このプログラムに関する詳しい情報は、Reimage のレビューをご覧ください。
の別記を押して下さいReimage

手動 UltraDeCrypter削除方法:

Safe Mode with Networking を使用して UltraDeCrypter を削除

  • 手順 1: Safe Mode with Networking へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Safe Mode with Networking を選択 'Safe Mode with Networking' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Networking を選択します。 'Enable Safe Mode with Networking' を選択
  • 手順 2: 削除 UltraDeCrypter

    感染しているアカウントへログインし、ブラウザを起動します。Reimage または信頼できるアンチスパイウェアプログラムをダウンロードします。フルスキャンの前にアップデートを行い、感染したランサムウェアに属する悪意のあるファイルを削除し、 UltraDeCrypter の削除を完了します。

ランサムウェアによってSafe Mode with Networking がブロックされている場合は、さらなる方法を試してください。

System Restore を使用して UltraDeCrypter を削除

  • 手順 1: Safe Mode with Command Prompt へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Command Prompt を選択 'Safe Mode with Command Prompt' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Command Prompt を選択します。 'Enable Safe Mode with Command Prompt' を選択
  • 手順 2: システムファイルと設定の復元
    1. Command Prompt ウィンドウが表示されたら、 cd restore を入力し Enter をクリックします。 引用符なしで 'cd restore' を入力し、 'Enter' を押下します
    2. ここで rstrui.exe を入力し、もう一度 Enter を押下します。. 引用符なしで 'rstrui.exe' を入力し、 'Enter' を押下します
    3. 新しいウィンドウが表示されたら、 Next をクリックし、UltraDeCrypter が侵入する前の復元ポイントを選択します。選択後、 Next をクリックします。 'System Restore' ウィンドウが表示されたら、 'Next' を選択します 復元ポイントを選択し、 'Next' をクリックします
    4. ここで Yes をクリックし、システムの復元を開始します。 'Yes' をクリックし、システムの復 を開始します
    システムを前の日の日付に復元したら、Reimage をダウンロードして PC をスキャンし、UltraDeCrypter の除去が正常に行われたことを確認してください。

最後に、クリプト・ランサムウェアから身を守るよう、常に気をつけてください。UltraDeCrypter やその他のランサムウェアからコンピュータを守るためには、 ReimagePlumbytes Anti-MalwareWebroot SecureAnywhere AntiVirusMalwarebytes Anti Malware などの評価が高いアンチスパイウェアを使用してください

著者について

Alice Woods
Alice Woods

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

Alice Woods に連絡する
Esolutions について

他言語による除去ガイド