重大度:  
  (10/100)

WebHelper ウィルス. 除去するには? (アンインストール・ガイド)

記入者 ガブリエル E. ホール - - | タイプ: アドウェア
12

Web Helper – 人気のウェブサイトに広告を投下する広告挿入タイプのウィルス

WebHelper ads

WebHelper は広告支援付きのプログラムで、utorrentie.exe および webhelper.dll というプロセスの元でこっそりとシステムに入り込みます。ファイルやプログラムのダウンロードに uTorrent を使用されている場合 、Web Helper が PC のデスクトップに広告を開いて再生することができます。このアクティビティは有害なものではありませんが、たいへん迷惑です。そのため、多くの人が PC から WebHelper を除去する方法を探しているのです。

残念ながら、Web Helper に関連のあるファイルを削除しても、このアドウェアの除去には全く役に立ちません。一般に、このファイルはブラウザ・ヘルパー・オブジェクトに依存しているため、uTorrent と一緒に再びインストールされることになるのです 。そこで、弊社では信頼のおけるセキュリティ・ソフトに任せることをお勧めします。

PC に WebHelper のプロセスが見つかったら、これはユーザーの閲覧習慣やオンラインで行った検索に基づいて広告を表示していることを知っておくべきでしょう。そのために、このプログラムはユーザーをしばらく追跡し、よくアクセスするウェブサイトや最もよくクリックする広告など、ユーザーの興味のあることについて、その情報を収集します。

必要なだけの情報を収集し終えると、上述のアドウェアが音声広告を再生するのですが、そのせいでどんなプログラムやプロセスがそうしているのかが見えにくいため、ユーザーが困惑することになります。音の発信元は Windows Audio Mixer を開けば分かります。しかし、WebHelper のサウンドを無効にすれば問題は解決すると思われた方には、申し訳ありませんがそれはほんの一瞬のことだとお知らせしなくてはなりません。

Web Helper が供給する音声広告は明らかに迷惑です。しかし、閲覧セッション中に表示されるようになるそのポップアップやバナーにも注意する必要があるのです。その中には潜在的に危険なウェブサイトへのリンクが含まれている可能性があるため、注意してください。

さらに、utorrentie.exe プロセスはこっそりと CPU 能力を使ってアフィリエイトのサイトと通信を行い、ユーザーの PC に相手の広告を読み込むのです。そのようなアクティビティに関連のある最大の問題は、常に PC がスローダウンすることです。そんな仮想世界のお荷物に対処したくないはずですので、WebHelper を除去されることを強くお勧めします。

通常のアドウェア除去メソッドでこのウィルスを削除できない場合は、本記事末尾に用意してある自動除去ガイドをどうぞお読みください。これで WebHelper (32 ビット)、utorrentie.exe、webhelper.dll および類似の悪アクティビティを終わらせてくれます。 

Reimage または Malwarebytes Anti Malware などの推奨ツールでスキャンが完了したら、システムから WebHelper をアンインストールしてください。このウィルスの配布方法について詳しくお知りになりたい場合は、このまま先をお読みください。

PC 上の広告支援付きアドオンを避ける方法

WebHelper は uTorrent の一部ではありますが、同じような広告支援付きのプロセスを知らないうちにインストールしてしまうことがあるため、ここではそのようなことが起こらないようにするためのガイドを示しておきましょう。

  • フリー・ソフトをインストールする際には、「カスタム」または「拡張」インストール・オプションを選択してください。こうするとダウンロードするプログラムに付加されている追加のアイテムを全て見るチャンスが得られます。
  • そうせずに「標準」または「規定」のインストール・オプションを頼ると、このオプションの中にはたいての場合提案されている追加プログラムのインストールについて同意するステートメントが含まれている場合が多いため、潜在的に迷惑なプログラムを PC に入れてしまうことになるのです。
  • 「カスタム」または「拡張」オプションを選択し、PC に入れたくない追加プログラムの選択を解除するだけで大丈夫です。

WebHelper 広告を完全に除去する

WebHelper ウィルスには完全に除去する方法があります。これは重要な PC プログラムではなく、セキュリティには一切なんの脅威を与えるものではないことは覚えておいていただきたいのですが、それでも Zondervirus.nl チームでは 少なくともそのアクティビティは大変迷惑なものだとコメントしています。

Web Helper は以下のステップにより除去できます。さらに、アンチマルウェア・ソフトを使えばシステムに普通のアドウェアやブラウザ・ハイジャッカー・ソフトがないかチェックすることができます。弊社がお勧めするいプログラムをいくつか下にあげておきましょう。

以下のソフトを使う事で自動的にWebHelperの削除を行えます:Reimage, Plumbytes Anti-MalwareWebroot SecureAnywhere AntiVirus, Malwarebytes Anti Malware 潜在的に望ましくないとされるソフトやウイルス、付属のファイルやレジストリのエントリーを容易に削除するために、これらのアプリケーションをお薦めする。

このサイトで勧めているいかなる製品も私たちはアフィリエイトパートナーの場合があります。使用許諾に明記されています。 WebHelper ウィルスのスパイウエアを除去するため、提供されるいかなるアンチスパイウエアをダウンロードする場合もプライーバシーポリシー及び使用許諾を承諾する。
今すぐ!
ダウンロードする
Reimage (リムーバ) 満足度
保障
ダウンロードする
Reimage (リムーバ) 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 OS Xに対応
うまくいかない場合は?
Reimage を使用しても感染を取り除けない場合は、弊社サポート・チームに 質問を送信 し、できるだけ詳しい内容をお知らせください。
WebHelper ウィルス のアンインストールには Reimage をお勧めします。 無料のスキャナで、あなたの PC が感染しているかどうかをチェックできます。マルウェアを除去する必要がある場合は、Reimage マルウェア除去ツールのライセンス版を購入する必要があります。
このプログラムに関する詳しい情報は、Reimage のレビューをご覧ください。
の別記を押して下さいReimage

手動 WebHelperウイルス削除方法:

WindowsMac OS XInternet ExplorerMicrosoft EdgeFirefoxGoogle ChromeSafari

削除するWebHelper からWindows システム

Windows 10 または類似の Windows OS から WebHelper (utorrentie.exe) を除去するには、この実行ファイルのニセのコピーを作る必要があります。その方法は以下のとおりです:

  1. 最初に、PC で実行中の uTorrent プロセスを終了します。Ctrl + Alt + Del を同時に押して、このプロセスを選択したら [プロセスの終了] をクリックします。
  2. C:\Users\[ユーザーのコンピュータ名]\AppData\Roaming\uTorrent\updates に移動し、ご使用の uTorrent のバージョンにちなんで名前が付けられているフォルダを開きます。このフォルダの中に、utorrentie.exe ファイルがあります。これはそのままにしておいてください。
  3. 1 つ前のフォルダに戻り、その空いている部分で右クリックします。[新規作成 > テキストドキュメント] の順に選び、例えば  test.txt のように好きな名前を付けます。フォルダ内の空いている部分をクリックして名前を保存し、今作成したテキスト・ファイルを開きます。[ファイル>名前を付けて保存] の順にクリックします。
  4. 今度はこの新しいファイルを保存する場所を選択します。utorrentie.exe ファイルが入っているファイルを選び、そのファイルを utorrentie.exe という名前でここに保存します。[A名前を付けて保存] オプションで [全てのファイル] を選択する必要があります。
  5. すでに存在しているファイルを上書きするかと尋ねられますので、[はい] をクリックします。
  6. 今度は updates フォルダの test.exe ファイルを削除します。utorrentie.exe ファイルの含まれているフォルダに移動し、このファイルの上で右クリックして [プロパティ] を選択します。
  7. [一般] タブで、[属性] セクションの [読取り専用] オプションにチェックを入れ、[適用] および [OK] をクリックします。

ヒント: PC の専門家の中には問題を解決するためには uTorrent の自動更新を無効にするよう進めている者もいます。しかし、弊社ではそのような変更が安全であるとは考えていません (PC のセキュリティという観点からの意見です)。

  1. Start Control Panel Programs and Featuresをクリック(Windows XPのユーザーであれば、Add/Remove Programsをクリック)。'Start -> Control Panel -> Programs and Features'をクリック('Windows XP'のユーザーであれば、'Add/Re move Programs'をクリック)。
  2. Windows 10 / Windows 8ユーザーはスクリーン左下を右クリック。Quick Access Menuが表示されたらControl PanelUninstall a Programを選択。 'Windows 10 / Windows 8'ユーザーはスクリーン左下 右クリック。'Quick Access Menu'が表示されたら'Control Panel'と'Uninstall a Program'を選択。
  3. WebHelperと関連プログラムのアンインストール
    ここでWebHelperとそれ以外に最近インストールした不審なプログラムを見つける。
  4. アンインストール後、OKをクリックし変更を保存する。 不審な各エントリーを右 リックし'Uninstall'を選択
  5. WebHelperをWindowsのショートカットから削除
    Mozilla Firefoxのショートカットを右クリックしPropertiesを選択。 ブラウザーのアイコン 右クリックし'Properties' 選択
  6. Shortcutタブに行きTargetの欄を確認。問題のウイルスに関連する悪質なURLを削除する。 'Shortcut'のタブを選び'http://isearch.b abylon.com...'、もしくは他の不審なU RLを削除

Internet ExplorerGoogle Chromeを含む全ブラウザーを対象に上記の手順を繰り返す。デスクトップやスタートメニュー、タスクバーなど全ての場所を確認する事。

WindowsMac OS XInternet ExplorerMicrosoft EdgeFirefoxGoogle ChromeSafari

削除するWebHelper からMac OS X system

  1. OS Xを使用している場合は、画面左上のGoボタンをクリックしApplicationsを選択 'Go'をクリックし'Applications'を 択
  2. Applicationsフォルダが表示されたらWebHelperもしくは他の不審なプログラムを探し、それぞれ右クリックしMove to Trashを選択する。悪質なエントリー全て をクリックし'Move to Trash'を選択
WindowsMac OS XInternet ExplorerMicrosoft EdgeFirefoxGoogle ChromeSafari

削除するWebHelper からInternet Explorer (IE)

  1. 危険なアドオン(拡張機能)の削除
    Internet Explorerを開きブラウザー右上のツール(IEメニューの歯車アイコン)をクリック、Manage Add-onsを選択。 メニューアイコンをク リックし'Manage add-ons'を選択
  2. Manage Add-onsウィンドウが開く。 WebHelperやその他の不審なプラグインを探し、Disableをクリックし無効にする: 悪質な各エントリーを 右クリックし'Disable'を 選択
  3. ウイルスの影響でホームページも改ざんされていれば変更する:
    ブラウザー右上のツール(メニューの歯車アイコン)をクリックしInternet Optionsを選択。タブはGeneralのままで。
  4. ここでは悪質なURLを削除し希望のドメイン名を入力。Applyで変更を保存。 悪質なURLを削除した後ユ ザー希望のドメインを入 し、'Apply'をクリックし 変更を保存
  5. Internet Explorerのリセット
    ツール(メニューの歯車アイコン)に再度行き、Internet optionsを選択。Advancedのタブを開く。
  6. Resetを選択。
  7. 新しいウィンドウが開いたら、Delete personal settingsをチェックの上Resetを選択しWebHelperの削除を完了する。 'Advanced'のタブに行き'Reset' ボタンをクリックした後 'Delete personal settings'を選択し'Reset'ボタ を再度押す
WindowsMac OS XInternet ExplorerMicrosoft EdgeFirefoxGoogle ChromeSafari

Microsoft Edge から WebHelper ウィルスを除去する

Microsoft Edge の設定をリセット (メソッド 1):

  1. Microsoft Edge アプリを起動し、[More] (画面の右上コーナーにある 3 つのドット) をクリックします。
  2. [Settings] をクリックしてオプションの詳細を表示します。
  3. [Settings] ウィンドウが表示されたら、[Clear browsing data] オプションの下にある [Choose what to clear] ボタンをクリックします。 設定に移動して ['Choose what to clear'] を選択します
  4. ここで、除去したいものをすべて選択し、[Clear] をクリックします。 ['Clear'] ボタンを選択します
  5. 今度は [Start] ボタン (Windows ロゴ) を右クリックしてください。ここで、[Task Manager] を選択します。 [スタート] メニューを開き、['Task Manager'] を選択します
  6. [Processes] タブで、Microsoft Edge を探します。
  7. その上で右クリックし、[Go to details] オプションを選びます。[Go to details] オプションがない場合は、[More details] をクリックして前のステップを繰り返します。 ['Microsoft Edge'] を右クリックして、['G o to details'] を選択します ['Go to details'] オプションが表示され ない場合は ['More details'] を選択します
  8. [Details] タブが表示されたら、Microsoft Edge という名前が入っているエントリをすべで探します。それぞれの上で右クリックし、[End Task] を選択してこれらのエントリを終了します。 Microsoft Edge のエントリを見つけて ['End Task'] を選択します

[Microsoft Edge] ブラウザをリセットする (メソッド 2):

メソッド 1 がうまくいかなかった場合は、より詳細な Edge のリセット・メソッドを行う必要があります。

  1. メモ: このメソッドを使用する前に、データをバックアップする必要があります。
  2. PC でこのフォルダを見つけます。 C:\Users\%username%\AppData\Local\Packages\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe.
  3. そこに保存されている全てのエントリを選択し、マウスで右クリックします。次に、[Delete] オプションを選択します。 PC の Microsoft Edge フォルダに移動し、全 てのエントリで右クリ ックしてから ['Delete'] をクリックします
  4. [Start] ボタン (Windows ロゴ) をクリックし、[Search my stuff] の行に [window power] と入力します。
  5. [Windows PowerShell] エントリを右クリックし、[Run as administrator] を選択します。 [Windows PowerShell] を見つけたら、右クリ ックして ['Run as administrator'] を選択します
  6. [管理者: Windows PowerShell] ウィンドウが開いたら、次のコマンドラインを PS C:\WINDOWS\system32> の後ろに貼り付けて、 [Enter] を押します:
    Get-AppXPackage -AllUsers -Name Microsoft.MicrosoftEdge | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register $($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml -Verbose}
    必要なコマンドをコピ ー & ペーストし、['Enter'] を押します

これらのステップが終了すると、[Microsoft Edge] ブラウザから WebHelper が除去されるはずです。

WindowsMac OS XInternet ExplorerMicrosoft EdgeFirefoxGoogle ChromeSafari

削除するWebHelper からMozilla Firefox (FF)

  1. 危険な拡張機能を削除
    Mozilla Firefoxを開き右上のメニューアイコンをクリック。Add-ons Extensionsを選択する。 メニューアイコン クリックし'Add-ons 'を選択
  2. WebHelperとその他の不審なプラグインを選ぶ。 Removeを選択し、エントリーを削除する。 'Extensions'を選び悪質なエ トリーを見つけ、'Remove' 削除
  3. ウイルスの影響でホームページも改ざんされていれば変更する:
    右上のメニューからOptions General.を選択する。
  4. 悪質なURLを削除し希望のサイトを入力、もしくはRestore to defaultをクリック。
  5. OKをクリックし変更を保存。 'General'のタブ内の'Home Page'欄より悪質なURLを削除す か、'Restore to Default'ボタンを押す。'OK'をク ックし変更を保存。
  6. Mozilla Firefoxのリセット
    左上のFirefoxメニューをからクエスチョン•マークをクリック。Troubleshooting Informationを選択する。 メニューのアイコンを クリックし、'?'で'Troub leshooting Information'を選択
  7. Reset FirefoxボタンのついたReset Firefox to its default stateが表示される。 このボタンを数回クリックし、WebHelperの削除を完了する。 'Reset Firefox'ボタンを数 押す
WindowsMac OS XInternet ExplorerMicrosoft EdgeFirefoxGoogle ChromeSafari

削除するWebHelper からGoogle Chrome

Chrome がこのアドウェアにハイジャックされたら、ウェブ・ブラウザを必ずリセットし、修復してください。

  1. 悪質なプラグインの削除
    Google Chromeを開き右上のメニューアイコンをクリック。Tools Extensionsを選択する。 メニューのアイコ をクリックし、'T ools'と'Extensions'を 択
  2. ここでWebHelperとその他の悪質なプラグインを選択し、ゴミ箱アイコンを選びこれらを削除する。 悪質なエントリーを探し ゴミ箱アイコンを押しそ ぞれ削除する
  3. ウイルスによってホームページも改ざんされていればこれも変更する
    メニューからSettingsを選択。
  4. On startupオプションからOpen a specific page or set of pagesを見つけ、Set pagesをクリック。 メニュー、そして'Settings'をク リックの後、'Set pages'を選択
  5. 別のウィンドウが表示される。ここから悪質な検索サイトを削除し、ホームペーイとして使用したいサイトを入力する。 'X'をクリックし悪質なURLを削 する
  6. 再度メニューアイコンをクリックし、Search欄からSettings Manage Search enginesを選択。 'Settings'上の'Manage search engines...'を選択
  7. Search Engines...が開いたら、悪質な検索サイトを削除する。Googleもしくはユーザー希望のドメイン名のみを残す。 'X'をクリックし悪質なURLを 除する
  8. Google Chromeのリセット
    Google Chromeの右上のメニューアイコンをクリックし、Settingsを選択。
  9. ページの一番下までスクロールしReset browser settingsをクリック。 'Settings'のページをス ロールダウンし'Reset browser settings'ボタンをクリッ ク
  10. Resetをクリックし変更を確認し、WebHelperの削除を完了する。 'Reset'ボタンを リックし削除 を完了させる
WindowsMac OS XInternet ExplorerMicrosoft EdgeFirefoxGoogle ChromeSafari

削除するWebHelper からSafari

  1. 危険な拡張機能を削除
    Safariウェブブラウザーを開き、画面左上のメニューよりSafariをクリック。その後Preferencesを選択する。 'Safari'をクリックし'Preferen ces'を選択
  2. Extensionsを選択しWebHelperもしくは他の不審なエントリーを見つけ、Uninstallボタンをクリックしそれぞれ削除する。 'Extensions'から悪質な拡 張機能をアンインスト ール
  3. ウイルスの影響でホームページも改ざんされていれば変更する:
    Safariウェブブラウザーを開きメニューよりSafariをクリックする。以前まで表示されていたようにPreferencesを選択しGeneralを選ぶ。
  4. Homepage欄を確認する。WebHelperの影響で変更されているようであれば、現行のリンクを削除し今後検索時に使用するリンクに変更する。アドレスを"http://"で始める事を忘れずに。 'General'から悪質なURLを削除し使用希望のドメイン名 入力
  5. Safariのリセット
    Safariブラウザーを開き画面左上のメニュー欄から Safariをクリックする。 'Safari'をクリックし'Reset Safari...'を選択
  6. 次の画面では詳細なリセットオプションが表示される。通常オプションは全てチェックされているが、リセット希望の項目を選択する事も可能である。 Resetボタンをクリックし WebHelperの削除を完了させる。 全てのオプションを選 択し'Reset'ボタンをク ック
After uninstalling this potentially unwanted program (PUP) and fixing each of your web browsers, we recommend you to scan your PC system with a reputable anti-spyware. This will help you to get rid of WebHelper registry traces and will also identify related parasites or possible malware infections on your computer. For that you can use our top-rated malware remover: Reimage, Plumbytes Anti-MalwareWebroot SecureAnywhere AntiVirus or Malwarebytes Anti Malware.

著者について

Gabriel E. Hall
Gabriel E. Hall

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

出典:https://www.2-spyware.com/remove-webhelper-virus.html

他言語による除去ガイド