重大度:  
  (66/100)

削除 Win32:Malware-gen (無料インストラクション) - チュートリアル

記入者 オリビア・モレリ - - | タイプ: マルウェア

Win32:Malware-gen の検出に関するアンチウィルスのアラートはトロイの木馬に関する警告

Win32:Malware-gen のイメージ

Win32:Malware-gen は特定の有害プログラムのグループを表す用語です。これは、例えば他のマルウェアをインストールする、機密データを収集する、あるいはウェブの閲覧中に怪しい広告を表示するなど様々なタスクを実行できるトロイの木馬を識別するヒューリスティックな検出方法です 。

Win32:Malware-gen マルウェアがシステムに入り込む方法にはいくつかあります。しかし、ほとんどの場合、トロイの木馬は感染性の Eメールの添付ファイル、クラックされたソフトウェア、また偽の更新プログラムとしてやってきます。そこで、そのインストールには通常ユーザーの手が必要となるはずです。

Win32:Malware-gen ウィルスは様々な目的のために使用されますが、以下はその例です:

  • ターゲットの PC にマルウェアをダウンロード、インストールし、またそれを実行する
  • キーロガーとして動作し、ログイン情報、パスワード、クレジットカード情報などの機密データを収集する
  • 感染した PC へのリモートアクセスを可能にする
  • 迷惑なだけでなく有害でもある攻撃的なポップアップ、バナー、テキスト内リンク、その他の広告を表示する

RedBootWoolyWinSecRevengeBrowserAirBonziBuddyFileIce などのウィルスはほとんどのセキュリティプログラムにより Win32:Malware-gen として検出されます。つまり、これらのマルウェアが現れるとファイルの暗号化や財務情報もしくは金銭の損失、閲覧エクスペリエンスの低下、ID 盗難、その他の有害なアクティビティに繋がる恐れがあるのです。そこで、マルウェアを直ちに駆除することが重要です。

主なセキュリティプログラムなら Win32:Malware-gen を検出し、安全に駆除することが可能です。そこで、マルウェアの感染が疑われる場合は、最新版のソフトウェアでシステムの完全スキャンを行い、有害なコンポーネントがシステムにないか探してください。

Win32:Malware-gen の駆除には、専用のマルウェア駆除ソフトである Reimage Reimage Cleaner Intego のご使用をお勧めします。ただし、現在ご使用中のアンチウィルスプログラムももちろんご利用いただけます。その場合、システムをスキャンされる前に、必ず先に更新してください。

Win32:Malware-gen マルウェアによりセキュリティソフトへのアクセスや更新、またその実行が邪魔される場合は、本記事末尾のガイドをお読みください。ウィルスを無効化して自動駆除を実施できるようになります。

Win32:Malware-gen の検出
Win32:Malware-gen マルウェアは PC に害を及ぼし、ユーザーのプライバシーを侵害する恐れがあります。

マルウェアの侵入戦略

トロイの木馬やマルウェアは様々な方法を使用して PC に入り込むことができます。しかし、ほとんどの場合、ユーザーが騙されてそれらを自分でインストールしているのです。このようなサイバー脅威は、システムの脆弱性を利用して自らを攻撃することは滅多にありません。

ほとんどの場合、マルウェアはユーザーが以下を行う場合にシステムに侵入します:

  • 感染性の Eメールの添付ファイルを開く
  • 違法または感染したプログラムをダウンロードする
  • 偽の更新プログラムをインストールする
  • マルウェアの埋め込まれた広告をクリックする、あるいはそこからコンテンツをダウンロードする

Win32:Malware-gen には様々なサイバー脅威が含まれているため、侵入戦略は異なることがあります。そこで、以下のようなオンラインセキュリティのヒントに注意を払い、攻撃を回避すべきでしょう:

  • ソフトウェアやその更新プログラムは開発者の公式サイトからインストールする
  • 見知らぬファイル共有サイトや P2P ネットワーク を使用しない
  • ソフトウェアのダウンロードを提供する、あるいは利用可能な更新プログラムについて警告する、その他のセキュリティアラートを表示する、といった攻撃的またはキャッチーなポプアップをクリックしない
  • リアルタイム保護を保証してくれるアンチウィルスソフトを入手する
  • ゲーム、ギャンブル、アダルト専門などの潜在的に危険なサイトにアクセスしない
  • メールに添付されている不確かな添付ファイルを開く前に、送信元に関する情報をチェックする

semvirus.pt のセキュリティの専門家は、この他にプログラムや映画、音楽、書籍などを含む不法なコンテンツのダウンロードをしないよう忠告しています。このようなエントリには一般に有害なコンポーネントが含まれており、Win32:Malware-gen もそれに含まれます。

システムから Win32:Malware-gen を除去する

端末から Win32:Malware-gen を除去できる唯一の正攻法は、評判の良いマルウェア除去プログラムでシステムの完全スキャンを実施する方法です。この手の有害なプログラムのグループには様々なファイル、プログラム、またコンポーネントが含まれており、一緒に駆除する必要があります。

Win32:Malware-gen の駆除には、Reimage Reimage Cleaner IntegoSpyHunter 5Combo Cleaner または Malwarebytes の使用をお勧めします。しかし、他の専用ソフトウェアももちろん使えるものの、システムスキャンを行う前に、必ず最新版に更新することを忘れないでください!さらに、一部のサイバー脅威はセキュリティソフトのアクセスを妨害することがあるため、以下のガイドがお役に立つでしょう。

オファー
今すぐ!
ダウンロードする
Reimage 満足度
保障
ダウンロードする
Intego 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 Supported versions OS Xに対応 Supported versions
うまくいかない場合は?
Reimage Intego を使用してもウィルスによるダメージを取り除けなかった場合は、弊社のサポートチームに 質問を送信 し、できるだけ詳しい情報をお送りください。
Reimage Intego には無料の限定スキャナがあります。 Reimage Intego の完全版を購入されると、スキャンを通じてその他の機能もご利用いただけます。無料スキャナで問題が検出されたら、手動による無料修復ツールを使用して修復するか、自動的にそれらを修復するために完全版をご購入いただくこともできます。
代替ソフト
それぞれのソフトウェアには各々の目的があります。Reimage では感染したファイルを修復できなかった場合は、SpyHunter 5 をお試しください。
代替ソフト
それぞれのソフトウェアには各々の目的があります。Intego では感染したファイルを修復できなかった場合は、Combo Cleaner をお試しください。

手動 Win32:Malware-gen削除方法:

Safe Mode with Networking を使用して Win32:Malware-gen を削除

セキュリティソフトが実行できない、あるいはインストール出来ない場合は、システムを再起動して Safe Mode with Networking に移動します。

  • 手順 1: Safe Mode with Networking へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Safe Mode with Networking を選択 'Safe Mode with Networking' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Networking を選択します。 'Enable Safe Mode with Networking' を選択
  • 手順 2: 削除 Win32:Malware-gen

    感染しているアカウントへログインし、ブラウザを起動します。Reimage Reimage Cleaner Intego または信頼できるアンチスパイウェアプログラムをダウンロードします。フルスキャンの前にアップデートを行い、感染したランサムウェアに属する悪意のあるファイルを削除し、 Win32:Malware-gen の削除を完了します。

ランサムウェアによってSafe Mode with Networking がブロックされている場合は、さらなる方法を試してください。

System Restore を使用して Win32:Malware-gen を削除

System Restore なら Win32:Malware-gen マルウェアを無効化できます。

  • 手順 1: Safe Mode with Command Prompt へコンピュータを再起動

    Windows 7 / Vista / XP
    1. Start Shutdown Restart OK をクリック.
    2. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Advanced Boot Options ウィンドウが表示されるまで、 F8 を何度か押下します。
    3. リストから Command Prompt を選択 'Safe Mode with Command Prompt' を選択

    Windows 10 / Windows 8
    1. Windows ログイン画面で Power ボタンを押下します。 その後、キーボードの Shift を押し続け、 Restart をクリックします。.
    2. ここで、 Troubleshoot Advanced options Startup Settings を選択し、最後に Restart を押下します。
    3. コンピュータがアクティブ状態になったら、 Startup Settings ウィンドウの Enable Safe Mode with Command Prompt を選択します。 'Enable Safe Mode with Command Prompt' を選択
  • 手順 2: システムファイルと設定の復元
    1. Command Prompt ウィンドウが表示されたら、 cd restore を入力し Enter をクリックします。 引用符なしで 'cd restore' を入力し、 'Enter' を押下します
    2. ここで rstrui.exe を入力し、もう一度 Enter を押下します。. 引用符なしで 'rstrui.exe' を入力し、 'Enter' を押下します
    3. 新しいウィンドウが表示されたら、 Next をクリックし、Win32:Malware-gen が侵入する前の復元ポイントを選択します。選択後、 Next をクリックします。 'System Restore' ウィンドウが表示されたら、 'Next' を選択します 復元ポイントを選択し、 'Next' をクリックします
    4. ここで Yes をクリックし、システムの復元を開始します。 'Yes' をクリックし、システムの復 を開始します
    システムを前の日の日付に復元したら、Reimage Reimage Cleaner Intego をダウンロードして PC をスキャンし、Win32:Malware-gen の除去が正常に行われたことを確認してください。

おまけ: データの復元

上記のガイドは PC から Win32:Malware-gen を除去するために役立つはずです。暗号化されたファイルを復元するには、uirusu.jp のセキュリティ専門家が用意した詳しいガイドを使用されることをお勧めします。

ファイルが暗号化された場合は、サードパーティのツールを使用してファイルを復元することができます。ただし、最善の結果が得られるとは限りません。そこで、バックアップのみが主たる復元オプションとなるでしょう。

ファイルが Win32:Malware-gen によって暗号化された場合、それらを復元する方法はいくつかあります。

Data Recovery Pro – 破損したデータを復元するための専用ツール

このソフトウェアは破損したファイルや偶然削除してしまったファイルを復元することができます。さらに、ランサムウェアの攻撃を受けた場合にも役に立つことがあります。

  • Data Recovery Pro をダウンロード;
  • Data Recovery のセットップの手順に従い、プログラムを PC にインストールします。
  • 起動後、PC をスキャンして Win32:Malware-gen ランサムウェアにより暗号化されたファイルを探します。
  • それらを復元します。

Windows Previous Versions 機能も利用できます

このメソッドでは、個々のファイルの以前保存されたバージョンをコピーすることができます。ただし、Win32:Malware-gen に感染する前に System Restore が有効になっている必要があります。

  • 復元の必要な暗号化されたファイルを見つけたら、その上で右クリックします。
  • “Properties” を選択し、“Previous versions” タブに移動します。
  • ここで、“Folder versions” 内のファイルのうち利用可能なコピーをそれぞれチェックします。復元したいバージョンを選択して、“Restore” をクリックします。

ShadowExplorer を利用する

このソフトウェアは Shadow Volume Copies がマルウェアに除去されていない場合に、そこからデータを復元することができます。

  • Shadow Explorer をダウンロードします (http://shadowexplorer.com/)。
  • Shadow Explorer セットアップ・ウィザードに従い、PC にこのアプリケーションをインストールします。
  • プログラムを起動し、左上コーナーのドロップダウン・メニューを開いて、暗号化されたデータのあるディスクを選択します。どのようなフォルダがあるか、チェックしてください。
  • 復元したいフォルダの上で右クリックし、“Export” を選択します。復元先の場所も選択することができます。

最後に、クリプト・ランサムウェアから身を守るよう、常に気をつけてください。Win32:Malware-gen やその他のランサムウェアからコンピュータを守るためには、 Reimage Reimage Cleaner IntegoSpyHunter 5Combo CleanerMalwarebytes などの評価が高いアンチスパイウェアを使用してください

著者について

Olivia Morelli
Olivia Morelli

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

Olivia Morelli に連絡する
Esolutions について

出典:https://www.2-spyware.com/remove-win32malware-gen.html

他言語による除去ガイド


Win32:Malware-genについてのあなたの意見