削除 Windows Defender Browser Protection (2020年2月月更新済み) - Microsoft サポート詐欺

Windows Defender Browser Protection削除方法

Windows Defender Browser Protectionとは?

Windows Defender Browser Protection は合法的なブラウザ拡張機能の名前を使うテクニカルサポート詐欺

Windows Defender Browser Protection

Windows Defender Browser Protection は、Google Chrome や Mozilla Firefox、Internet Explorer、その他のブラウザでウェブを閲覧中に遭遇する可能性のある偽の通知です。有害なウェブサイトに足を踏み入れると (別のサイトにリダイレクトされた、あるいはアドウェアに感染した場合)、直ちに銀行口座に関する情報が危険にさらされている、あるいは盗まれようとしているものの、侵害が停止されたという知らせを受けます。しかし、Windows Defender Browser Protection の赤い画面には、ユーザーの機密情報がやはり危険にされされていること、またテクニカルサポート +1 (578) 844-2039 ヘルプデスクに連絡するようにと書かれています。

記載されている番号には決して電話を掛けてはいけません。なぜなら、電話口に出る相手はあなたのマシンがマルウェア感染の疑いにより重大な危険に陥っていると信じ込ませようとするからです。実際には、Windows Defender Browser Protection ポップアップは単なるオンライン詐欺で、ユーザーを騙して詐欺師のために偽のテクニカルサポート料金を支払わせようとしているのです。そこで、頻繁に通知を受けるという場合は、システムにアドウェアがないかチェックすべきでしょう 。

名前 Windows Defender Browser Protection
タイプ テクニカルサポート詐欺、オンライン詐欺メッセージ
配布 オンライン詐欺はユーザーが別のサイトで怪しい広告をクリックすることによりリダイレクトされる、あるいはこっそりシステムにインストールされるアドウェアによりリダイレクトされるあらゆるタイプのウェブサイトに置かれています
内容 メッセージでは Mozilla Firefox がユーザーのマシン上でマルウェアを検出し、機密情報が危険にさらされているため、すぐに Microsoft の技術者 (偽物)、+1 (578) 844-2039 に電話を掛けてください (メモ: 番号は異なる場合があります)
関連のリスク 金銭的損失、悪意のある相手への機密情報漏洩、マルウェアのインストール、アイデンティティ窃盗
表示されるエラーコード System_Protect_-_PROTECT_ERROR_0xEB4748216
駆除 Windows Defender Browser Protection 詐欺メッセージを見ただけでは、マシンが感染していることにはなりませんが、アラートを表示しているタブは直ちに閉じる必要があります。しかし、アドウェアがいないことを確認する必要はあります – アンチマルウェアでマシンをスキャンするか、当社が用意した下の駆除ガイドをお読みください
システム修正 マシンからアドウェアやマルウェアをチェックして駆除してもシステムクラッシュ、BSoD、その他の問題が発生する場合は、PC 修復ツールの ReimageIntego を使用して修正してください

まず、Windows Defender Browser Protection は、ユーザーが有害なサイトに入ったり怪しいコンテンツに遭遇しないように止めることができるツールとして Microsoft により開発、リリースされた合法的な拡張機能です。拡張機能の原理はシンプルです: Microsoft のデータベースに含まれているすべての URL をブロックするのです。[皮肉にも] 偽の Windows Defender Browser Protection レッドスクリーンアラートをも含めて。

そこで、第一に Windows Defender Browser Protection をウェブブラウザにインストールしていなかった人は、なぜこのアプリからの通知が表示されるのか怪しんだことでしょう。実際は、アラートに組み込まれているものすべてが偽物で、真実ではないということです。まさに、Windows Defender Browser Protection ポップアップには文法やスペルのミスが散りばめられていますし、技術的な面から見ても一貫性の無さが見て取れます。例えば:

  • Windows Defender Browser Protection というのは拡張機能の名前であり、実際にこれをインストールしている人に対して偽のポップアップの信用性を制限するものです
  • 書かれている「ストップコード」とは Mozilla Firefox がマルウェアを検出したことを示すものであり (使用されているブラウザの種類に関わらず)、一方で提示されている偽のサポート電話番号は Microsoft のものです
  • マルウェアの感染が疑われるという内容の記述はどれも不鮮明です: ある時点では Windows Defender Browser Protection のエラーメッセージで推定ウィルスが停止されたと主張しているにも関わらず、わずか数行先の文章では危険はまだ去っていないと書かれているのです。さて、どちらが本当なのでしょうか?

このような Windows Defender Browser Protection 詐欺の痕跡とは別に、Microsoft (または Mozilla) が連絡先の電話番号を公開していないことにも注意すべきでしょう。そのためにエラーコードが使われているのであり、合法的なテクニカルサポートではユーザーに連絡と取るために別の方法 (Eメールなど) を用いているのですから。

最後に、PC がウィルスに感染しているというメッセージが来てもそれらはすべて偽物であることを覚えておきましょう。なぜなら、端末に遠隔接続が確立されていない限りブラウザ経由でマルウェアを検出することは事実上不可能だからです。それについて話しますと、仮に Windows Defender Browser Protection アラートの詐欺師 に電話を掛けると、相手はきっと TeamViewer や類似のソフトウェアを使用してリモートからあなたの PC に遠隔接続させて欲しいと言ってくるでしょう。

その後、詐欺師はサイバー犯罪者によって作られたと思われる様々なファイルや接続を見せて、相手のテクニカルサポートがその事態に対処してあげますよ、というのです。当然支払が終わってからですが。場合によっては、そのような「サービス」に $1,000 も要求される場合もあります。ですから、このような詐欺師とは一切コンタクトを取らず、レッドスクリーン通知を表示している有害サイトを閉じることで、この Windows Defender Browser Protection ポップアップメッセージを消してしまいましょう。

Windows Defender Browser Protection 詐欺

ただし、今回この偽のアラートに初めて遭遇したという場合であっても、Windows Defender Browser Protection の駆除はまだ終わったわけではありません。システムにアドウェアがいなくなったことをチェックする必要があるのです。リダイレクトや、画面に表示されるバナー、オファー、クーポン、その他の潜在的に有害性のあるコンテンツにはこのソフトウェアが関わっていることがよくあるからです。

Windows Defender Browser Protection 詐欺を表示する危険なサイトに誘導するアドウェアを駆除するには、インストールされているアプリケーションのリストをチェックして怪しいものをすべてアンインストールする必要があります。場合によっては、犯人はブラウザ拡張機能のこともあり、その場合はインストールされているブラウザをリセットする必要もあります。それでもシステムのシャットダウンが起きたりしょっちゅうエラーが表示されるという場合は、ReimageIntego のような修復ツールで修正すべき技術的な問題がある可能性も考えられます。

ソーシャルエンジニアリングは詐欺師が毎年多額のお金を稼ぐのに役立つツールとなっている – 被害者になってはならない

オンライン詐欺は信じられないほど蔓延しています。法的執行機関がユーザーに詐欺を働く専門のインドベースの新たなコールセンターを何とか停止に追い込んだという話はオンラインでもいくつも上がっています。しかし、実際にはこのような詐欺は決して止まることがなく、オンライン詐欺は続くでしょう – 何らかの理由でインターネットが世界規模でシャットダウンでもされない限り。そしてこれはまず起きないことでしょうから。

そこで、オンライン詐欺から身を守る最善の手立ては、できる限り相手について知っておくことと言えるでしょう。前述のように、脅威のアクターはしばしば Microsoft や Google などよく知られた名前を使い、ユーザーにそのメッセージの正当性を信じ込ませようとします。また、偽のアラートにはしばしばウィルス感染に関する偽の主張が書かれ、文面にはミスがいくつも見つかるものです。

さらに、詐欺の検出に役立ちそうなことの 1 つに、そのアラートが表示される元のドメイン名を見るというのがあります。これらはだいたいにおいて Microsoft や Apple、その他の有名企業とは関係がありません。とはいえ、詐欺師たちはこういった名前を偽の URL に混ぜ込んでいることがあるので注意が必要です。例えば Apple.com-clean-os.live などがあります。

詐欺について知っておくことが重要な一方で、まずはそのようなものに遭遇しないようにすることが回避するための最善策です。そのためには、サードパーティからアプリをインストールする際には注意しながら潜在的に迷惑なプログラムをすべて回避し (予めチェックされているボックスのマークを外す、説明書きを読む、誘導的なオファーに注意する、必ず「推奨」ではなく「拡張」インストール設定にチェックを入れる)、さらに PC やブラウザの保護に役立つセキュリティツールやアンチマルウェア、ファイアウォール、アドブロッカーなどをインストールしておきましょう。

Windows Defender Browser Protection レッドスクリーン

Windows Defender Browser Protection の根本原因 – アドウェアを駆除する

Windows Defender Browser Protection ウィルス (つまり、アドウェア) に確実に感染していると判断する基準はないものの、気を付ける必要があります。なぜなら、PUP はしばしばソフトウェアバンドルに紛れてやってくるからです 。これによりユーザーは自動的にインストールされる前にそれらを止める手立てを削がれるのです。上述のように、サードパーティのフリーウェアのインストールは決して急いで行うべきではありません。

そこで、Windows Defender Browser Protection 関連のアドウェアを駆除するには、インストール済みのプログラムのリストをチェックして怪しいものをすべてアンインストールするか、アンチマルウェアソフトウェアを使うことになります。どのセキュリティソフトウェアでも潜在的に迷惑なプログラムを検知できるわけではないことを踏まえると、PUP 対策の機能があるもの、あるいはそれに特化したものを採用するとよいでしょう。

システムが実際にアドウェアに感染している場合は、Windows Defender Browser Protection を駆除したあとにインストール済みのブラウザをすべてリセットしなければなりません。その方法については以下のガイドをお読みください。

最後に、サイバー犯罪者に電話をかけて相手に何らかの機密情報を渡している場合は、自衛のために予防措置を講じることを考えねばなりません。銀行に連絡してオンライン詐欺にあったことを説明し、パスワードを変更して、詐欺を管轄する自治体の当局に遭遇について報告しましょう。

ウィルスによる破損は ReimageIntego を利用して取り除くことができます。 潜在的に迷惑なプログラムおよびウィルスと、関連の全てのファイルおよびレジストリエントリの検出には SpyHunter 5Combo Cleaner および Malwarebytes をお勧めします。

オファー
今すぐ!
ダウンロードする
Reimage 満足度
保障
ダウンロードする
Intego 満足度
保障
Microsoft Windowsに対応 macOSに対応
うまくいかない場合は?
Reimage Intego を使用してもウィルスによるダメージを取り除けなかった場合は、弊社のサポートチームに 質問を送信 し、できるだけ詳しい情報をお送りください。
Reimage Intego には無料の限定スキャナがあります。 Reimage Intego の完全版を購入されると、スキャンを通じてその他の機能もご利用いただけます。無料スキャナで問題が検出されたら、手動による無料修復ツールを使用して修復するか、自動的にそれらを修復するために完全版をご購入いただくこともできます。
代替ソフト
それぞれのソフトウェアには各々の目的があります。Reimage では感染したファイルを修復できなかった場合は、SpyHunter 5 をお試しください。
代替ソフト
それぞれのソフトウェアには各々の目的があります。Intego では感染したファイルを修復できなかった場合は、Combo Cleaner をお試しください。

手動 Windows Defender Browser Protection削除方法

Uninstall from Windows

Windows Defender Browser Protection 詐欺サイトに誘導したアドウェアを駆除するには、以下の手順に従ってください:

Windows 10/8 のマシンから Windows Defender Browser Protection を除去するには、以下のステップに従ってください:

  1. Windows 検索ボックスにコントロールパネルと入力して Enter を押すか、検索結果をクリックします。
  2. プログラムの下のプログラムのアンインストールを選択します。 Uninstall from Windows
  3. リストから Windows Defender Browser Protection に関連するエントリ (または最近インストールされた怪しいプログラムすべて) を探します。
  4. アプリケーションの上で右クリックし、アンインストールを選択します。
  5. ユーザーアカウント制御が表示されたら、はいをクリックします。
  6. アンインストールプロセスが完了したら OK をクリックします。 Uninstall from Windows

Windows 7/XP ユーザーの場合は、以下のガイドに従ってください:

  1. Windows スタート > 右ペインにあるコントロールパネル の順にクリックします (Windows XP ユーザーの場合は、プログラムの追加/削除をクリックします)。
  2. コントロールパネルで、プログラム > プログラムのアンインストールの順に選択します。 Uninstall from Windows
  3. 不要なアプリケーションの上で 1 回クリックして選択します。
  4. その上でアンインストール/変更をクリックします。
  5. 確認プロンプトではいを選択します。
  6. OK を 1 回クリックして除去プロセスを終了します。

削除するWindows Defender Browser Protection からMac OS X system

macOS ユーザーは次の手順でアドウェアを駆除してください:

  1. OS Xを使用している場合は、画面左上のGoボタンをクリックしApplicationsを選択 'Go'をクリックし'Applications'を 択
  2. Applicationsフォルダが表示されたらWindows Defender Browser Protectionもしくは他の不審なプログラムを探し、それぞれ右クリックしMove to Trashを選択する。 悪質なエントリー全て をクリックし'Move to Trash'を選択

MS Edge/Chromium Edge のリセット

MS Edge から不要な拡張機能を削除する:

  1. メニュー (ブラウザウィンドウの右上にある横に並んだ 3 つのドット) を選択して拡張機能を選びます。
  2. リストから Windows Defender Browser Protection 関連の拡張機能を選択して歯車アイコンをクリックします。
  3. 下にあるアンインストールをクリックします。 MS Edge/Chromium Edge のリセット

クッキーや他のブラウザデータを消去する:

  1. メニュ- (ブラウザウィンドウの右上にある横に並んだ 3 つのドット) をクリックしてプライバシーとセキュリティを選択します。
  2. 閲覧データのクリアで、クリアするデータの選択を選びます。
  3. すべてを選び (パスワードは外しますが、適切な場合はメディアライセンスも含めておくと良いでしょう)、クリアをクリックします。 MS Edge/Chromium Edge のリセット

新しいタブとホームページの設定を復元する:

  1. メニューアイコンをクリックして設定を選択します。
  2. 次に起動時セクションに移動します。
  3. 何か怪しいドメインがある場合は削除をクリックします。

上述の方法でうまくいかなかった場合の MS Edge のリセット方法:

  1. Ctrl + Shift + Esc を押してタスクマネージャーを開きます。
  2. ウィンドウの下にある詳細矢印をクリックします。
  3. 詳細タブを選択します。
  4. スクロールダウンして名前に Microsoft Edge が入っている各エントリに移動します。それぞれの上で右クリックしてタスクの終了を選択すれば MS Edge が停止します。 MS Edge/Chromium Edge のリセット

このソリューションでもうまくいかない場合は、さらに高度な方法で Edge をリセットすることになります。先に進む前にデータのバックアップを取る必要があることに留意してください。

  1. PC で次のフォルダを見つけてください: C:\\Users\\%username%\\AppData\\Local\\Packages\\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe.
  2. キーボードで Ctrl + A を押してすべてのフォルダを選択します。
  3. その上で右クリックし、削除を選択します。 MS Edge/Chromium Edge のリセット
  4. 次にスタートボタンの上で右クリックし、Windows PowerShell (管理者) を選択します。
  5. 新しいウィンドウが開いたら、次のコマンドをコピー&ペーストして Enter を押します:

    Get-AppXPackage -AllUsers -Name Microsoft.MicrosoftEdge | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register “$($_.InstallLocation)\\AppXManifest.xml” -Verbose MS Edge/Chromium Edge のリセット

Chromium ベース Edge のガイド

MS Edge (Chromium) から拡張機能を削除する:

  1. Edge を開き、設定 > 拡張機能の順にクリックして選択します。
  2. 削除をクリックして不要な拡張機能を削除します。 MS Edge/Chromium Edge のリセット

キャッシュとサイトデータを消去する:

  1. メニューをクリックして設定に移動します。
  2. プライバシーとサービスを選択します。
  3. 閲覧データのクリアクリアするデータの選択を選びます。
  4. 時間範囲すべての期間を選びます。
  5. 今すぐクリアを選択します。 MS Edge/Chromium Edge のリセット

Chromium ベースの MS Edge をリセットする:

  1. メニューをクリックして設定を選びます。
  2. 左側で、設定のリセットを選びます。
  3. 設定を復元して既定値に戻しますを選択します。
  4. リセットを押して確定します。 MS Edge/Chromium Edge のリセット

Mozilla Firefox のリセット

PC から PUP を駆除したら、すぐに Firefox をリセットしてください:

危険な拡張機能を削除する:

  1. Mozilla Firefox ブラウザを開いて メニュー (ウィンドウの右上コーナーにある 3 本線) をクリックします。
  2. アドオン を選択します。
  3. ここで Windows Defender Browser Protection に関連のあるプラグインを選択し、削除をクリックします。 Mozilla Firefox のリセット

ホームページをリセットする:

  1. 右上コーナーにある 3 本線をクリックしてメニューを開きます。
  2. オプションを選択します。
  3. ホームオプションで、Mozilla Firefox を起動するたびに新しく開きたいサイトを入力します。

Cookie とサイトデータを消去する:

  1. メニューをクリックしてオプションを選択します。
  2. プライバシーとセキュリティセクションに移動します。
  3. スクロールダウンして Cookie とサイトデータの位置に移動します。
  4. データを消去…をクリックします。
  5. クッキーとサイトデータと一緒にウェブコンテンツのキャッシュも選択して消去を押します。 Mozilla Firefox のリセット

Mozilla Firefox のリセット

上述のガイドに従っても Windows Defender Browser Protection が削除されなかった場合は、Mozilla Firefox をリセットしてください:

  1. Mozilla Firefox ブラウザを開いてメニューをクリックします。
  2. ヘルプに移動し、トラブルシューティング情報を選択します。 Mozilla Firefox のリセット
  3. Firefox の性能改善セクションで、Firefox をリフレッシュ…をクリックします。
  4. ポップアップが開いたら、Firefox をリフレッシュを押して確定します – これで Windows Defender Browser Protection の削除が完了します。 Mozilla Firefox のリセット

Google Chrome のリセット

Google Chrome から有害な拡張機能を削除する:

  1. Google Chrome を開いてメニュー (右上コーナーにある縦に並んだ 3 つのドット) をクリックし、その他のツール > 拡張機能の順に選択します。
  2. 新しく開いたウィンドウにはインストール済みの拡張機能がすべて表示されます。削除をクリックして、Windows Defender Browser Protection に関連のありそうな怪しいプラグインをすべてアンインストールしてください。 Google Chrome のリセット

Chrome のキャッシュおよびウェブデータを削除する:

  1. メニューをクリックして設定を選択します。
  2. プライバシーとセキュリティ閲覧履歴データの削除を選択します。
  3. 閲覧履歴Cookie と他のサイトデータキャッシュされた画像とファイルも選びます。
  4. データを削除をクリックします。 Google Chrome のリセット

ホームページを変更する:

  1. メニューをクリックして設定を選択します。
  2. 起動時セクションに Windows Defender Browser Protection などの怪しいサイトがないか調べます。
  3. 特定のページまたはページセットを開くをクリックし、3 点ボタンをクリックすると削除オプションがあります。

Google Chrome をリセットする:

上述の方法でうまくいかなかい場合は、Google Chrome をリセットして Windows Defender Browser Protection 関連のコンポーネントをすべて駆除します:

  1. メニューをクリックして設定を選択します。
  2. 設定で、スクロールダウンして詳細設定をクリックします。
  3. スクロールダウンしてリセットとクリーンアップセクションに移動します。
  4. 設定を元の既定値に戻すをクリックします。
  5. 設定のリセットで確定すれば Windows Defender Browser Protection の駆除は完了です。 Google Chrome のリセット

Safari のリセット

Safari から迷惑な拡張機能を削除する:

  1. Safari > 環境設定… の順にクリックします。
  2. 新しいウィンドウで、拡張機能を選択します。
  3. Windows Defender Browser Protection に関連する迷惑な拡張機能を選んでアンインストールを選択します。 Safari のリセット

Safari からクッキーや Web サイトのデータを消去する:

  1. Safari > 履歴を消去… をクリックします。
  2. 消去の対象のドロップダウンメニューですべての履歴を選択します。
  3. 履歴を消去で確定します。 Safari のリセット

上述の方法がうまくいかない場合の Safari のリセット方法:

  1. Safari > 環境設定…の順にクリックします。
  2. 詳細タブに移動します。
  3. メニューバーに“開発”メニューを表示にチェックを入れます。
  4. メニューバーで開発をクリックし、キャッシュを空にするを選択します。 Safari のリセット

After uninstalling this potentially unwanted program (PUP) and fixing each of your web browsers, we recommend you to scan your PC system with a reputable anti-spyware. This will help you to get rid of Windows Defender Browser Protection registry traces and will also identify related parasites or possible malware infections on your computer. For that you can use our top-rated malware remover: ReimageIntego, SpyHunter 5Combo Cleaner or Malwarebytes.

あなたにおすすめ

政府のスパイ行為を許してはいけません

政府は利用者のデータの追跡あるいは市民へのスパイ行為に関しては多くの問題を抱えています。そこで、このことを考慮に入れて、怪しい情報収集の行いについて学びましょう。インターネット上では完全匿名にすることにより、迷惑な政府系の追跡行為を避けましょう。

オンラインにアクセスするために違うロケーションを選択し、特定のコンテンツ制限もなく、オンラインに接続して欲しいものにアクセスする時、別の場所を選択することができます。 Private Internet Access VPN を使用すると、ハッキングされるリスクがなく、簡単にインターネット接続をお楽しみいただけます。

政府の他の迷惑な当事者によりアクセス可能な情報をコントロールし、スパイ行為を受けずにオンラインサーフィンをお楽しみください。不法行為に関与しておらず、また自分のサービス、プラットフォームのセレクションを信頼していたとしても、自分自身の安全性を常に疑い、 VPN サービスを使用して予防的措置を講じておきましょう。

マルウェアの攻撃に遭った場合に備えて、バックアップファイルを作りましょう

コンピュータを使用していると、サイバー感染や自分のうっかりミスによりいろいろなものを失くして困ることがあります。マルウェアによって生じるソフトウェアの問題や暗号化による直接的なデータの損失から端末の問題や恒久的なダメージに繋がる恐れがあります。そんな時に適切な 最新のバックアップ があれば、そのような場面に遭遇しても簡単に元通りに回復して仕事に戻れます。

端末に何か変更を加えたらバックアップを取っておけば、マルウェアが何かを変更したり端末の問題が原因でデータの破壊やパフォーマンスの低下が発生した時点に戻すことができるため、バックアップの作成は不可欠です。元に戻せる機能を利用して、日常の、あるいは毎週ごとの習慣としてバックアップを取るようにしましょう。

なにか重要なドキュメントやプロジェクトの前のバージョンを取ってあれば、ストレスや障害も防げます。マルウェアが突如として現れた場合に大変便利です。システム復元には Data Recovery Pro をぜひご利用ください。

著者について
Jake Doevan
Jake Doevan - 人生は、ウィルスなんかに費やす場合でないほど短いものです

この無料の除去ガイドがお役に立ち、弊社のサービスにご満足いただけましたら、本サービスが続けられますよう、ご寄付をご検討ください。少額でも喜んでお預かりいたします。

Jake Doevan に連絡する
Esolutions について

他言語による除去ガイド